冬の野菜 ネギは緑の部分と白い部分によって保持している効果は大きく変化する – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 野菜の新しい常識的な食べ方

冬の野菜 ネギは緑の部分と白い部分によって保持している効果は大きく変化する

ネギの栄養素は白い部分と緑の部分でまるっきり効果は違ってくるのです

体をお腹の中から温めたいときには「白い部分を熱を加えて取り入れる」。

食生活に必要不可欠な野菜のひとつに、ネギがございます。

煮物い良し、焼き上げても良し、味噌汁に入れたとしても良し、生のままで刻んで薬味でさえも良し、とってもバリエーションが多くある野菜です。

ネギの白い部分は「体を温かくし、血液サラサラ効果があって」。緑の部分は「美白効果ビタミンA・C、カリウム」。

そんなわけですから、ネギの栄養素をうまく使い分けたいというときは、それに見合う色に注目を。

さしあたって、ネギの白い部分。この部分には血液をサラサラにしてもらえる上、体を温かくするという"薬効"がございます。

基本的にこの血液サラサラ効果というものに関しては、にんにくなんかよりも効果抜群といわれてるのです。

また、ネギには脳を刺激する成分が中にあって、記憶力をレベルアップしてくれる作用も果たします。

まず、白い生ネギの中には殺菌成分がたっぷり含まれています。

そういうわけで、ありのままに召し上がると殺菌効果を持っていて、食中毒というものを防いでいただけます。

生の白ネギには辛味成分が強力に、この辛さを取り除くことから水にさらしてしまうことで玉ねぎと同じく、ネギの薬効成分が減ることから、切った後は水じゃなくって空気に15~30分くらいさらすのがおすすめの。

辛味成分がまろやかな味わいが発生する上、薬効成分を減らさないでいいと思います。

また、ネギの白い部分は加熱処理すると、体を温かくする薬効成分がグンと跳ね上がるので、「ちょっとだけ血の巡りが芳しくない」「体を温かくしたい」というときなら、鍋や炒めた物にやってみてみも役に立つでしょう。

味も辛味がトロリと甘くなってくる。一方、緑の部分はビタミンA・C、カルシウムがたくさん、栄養価が高いことで知られていまして、美肌などに関しても効果を見せてくれます。

生で薬味にして良いし、加熱処理して鍋物や炒め物に入れたとしてもOKです。

それほど料理法はこだわらなくても何の問題もありません。

[check]ネギの白い部分は生のまま召し上がると殺菌効果を手に入れられる
[check]ネギの白い部分で体を温かくして冷え性を改善
[check]ネギの緑の部分には美肌効果が認められる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。