バランスボールっていうのは何だと思いますか?腰掛けるのみで効果的なミラクルなボール – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: バランスボール・ダイエット

バランスボールっていうのは何だと思いますか?腰掛けるのみで効果的なミラクルなボール

歪みを矯正し体の芯からズームするバランスボール・ダイエット

遊び気分で楽々にクビレ美人に。バランスボールで歪みを矯正し、クオリティーライフ。

体の歪みが原因の体調不良。

この歪みを改善していくためにバランスボールは最適だ。バランスボールは、大人気のダイエットグッズだとは言い切れません。

運動生理学のきちんとした理論から発明された、エクササイズ器機。

知らず知らずのうちに姿勢が悪くなり、体が歪んでしまうことになっている。

いきなり転びやすくといった、けがをしてしまう。そういった状態でダイエットを取り組んでみたって、どうしても効果は望めません。

バランスボールはこれまでの運動生理学になかった、これまでなかった理論から発明された優れもの。

ダイエットの4大原則

ダイエットで成果をあげるために欠かすことができない4つの原則が存在している。

[check]有酸素運動
[check]筋トレ
[check]ストレッチング
[check]食事

食事は1日1600カロリーを超過しなければそれほどまでに問題は起きないでしょう。

そんなことよりの覚えておいてほしいのは、残るは3つです。

「有酸素運動」とは、エネルギーを発生させるのに酸素が関係している運動になります。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳。脂肪燃焼は、有酸素運動だけしか行なえません。

その次は「筋トレ」、筋肉量を増加させることにより基礎代謝を上げることが可能で、有酸素運動の持久力も向上します。

それから「ストレッチング」は、筋トレで張り詰めた筋肉をほぐすようにすれば、疲労物質が除去が行われやすくなって、有酸素運動が長く出来るようなってくるのです。

バランスボールの二つのトレーニング効果

一つは「体の歪みを改善する」、もう一つは「バランスのしっかりした筋肉の状態を元に戻す」こととなります。

バランスボールで鍛えられる筋肉は、筋トレで鍛えられるアウターマッスル(大胸筋、腹筋、大殿筋といった大きな筋肉)よりも中に位置する、インナーマッスルという小さな筋肉です。

バランスボール短時間でダイエットとは行くはずがない。ではどういう理由で、バランスボールでダイエットができるようになるのか、不思議と感じませんか。

インナーマッスルは体のバランスを司っているので、ここのインナーマッスルがしっかりしていないと、体の歪みが出てきて、どれほど腹筋を始めても、それほどに脂肪は付いていないのに、お腹が出ているならば、体の歪みを考えるべきです。

それに、ここに至るまでの筋トレの場合は、ひとつひとつの大きな筋肉を分けて鍛えていることもあって、違っている筋肉と連動して働くということは滞ってしまいます。

こういった理由からどんだけ筋肉を付けても、どうしても効果が実感しない原因は、筋肉の連動性に問題ありです。

一方で、バランスボールは1つのエクササイズによって、一度にさまざまな筋肉に連動して使うというプロセスが望めるように。

このことで判断して、有酸素運動の効果もアップし、体の歪みが改善し、血液の巡りがスムーズになり、その結果疲労物質が除去され、疲労感がとれ、日ごと活動的に行動叶えられるように。

活動的になるとといったら、消費カロリーがアップし、基礎代謝量もさらにアップする結果に。

バランスボールで脂肪がつきにくい、脂肪が落ちやすい体質にできますのでダイエットも成功しやすくなるはずです。

バランスボールの選びから

ボールの上に座り込んで、脚が床にきちんと着くかどうであるのか、ひざの角度を目にして、ひざが90度ぐらいになるというのが、自分にピッタリのバランスボールの大きさです。

ひざが90度以上になればなる程、エクササイズの難度が低くなるので、初心者や高齢者向きというものです。

原則的には脚がきちんと床に着いているということが条件です。

かりにひざが90度以上でも床に脚が着かないぐらい大きなバランスボールであると、不安定でバランスを取るというのがとんでもなくしんどいです。

ひざが90度以下になってくるのは、ボールが小さすぎ、膝関節や股関節の障害を起こしやすくなるに違いありません。

[check]ボールが大きすぎて脚が浮きそう。ひざも90度以上になってくるのはバランスボールが大きすぎ
[check]床に脚を着けて、ひざが90度以下になってくるのは小さすぎ
[check]床に脚を着けて、ひざが90度くらいになるので、最適な大きさ

空気の入れ方

バランスボールは弾力性が見られるので、大きいのなら空気を抜く、小さいのなら空気を入れることによって、ある程度まで大きさを調節することが行なえます。

空気を少なめにしたなら、ボールと床の接地面が大きくなっていきボールが安定することで、難易度が下がります。

このことは、バランスボールに経験不足な初心者向き。

ボールがパンパンとなるぐらい空気を入れると、接地面が小さくなり、難易度がアップします。

これって以前から運動をされている人、バランスボールに適応してきた人向き。

肥満になる原因この部分に、体が歪んでいませんか、なにより生活習慣からチェック

①いつでも同じ方にバッグを掛けたり、荷物を持ったり行っている
②反対側の肩にバッグを掛けると、ずり落ちてしまいがちです
③電車に乗ると、知らず知らずに壁に寄りかかってしまいがちです
④正座よりの横座りをやっている
⑤胡坐をかくとき、いつでも同じ脚を前にしています
⑥靴の裏が片側だけ減るのが早い
⑦スニーカーを履くと、片方のタン(靴紐の下にあるベロのようなところ)のみが外側を向く
⑧ジーンズを履いたときやベルトをしたとき、腰骨の左右どっちかがいつも当って痛いと思う
⑨椅子に座って脚を組むのはたえず同じ脚(反対は組みにくい)
⑩歩行している時に、スカートが回ってしまいがちです(スリットの位置がズレル)

考えられることが1つでもありますと、歪んでいるか、歪む可能性大。

アドバイスに目を通して、早いところバランスボールで歪みを矯正しましょう。

[check]①③にチェックを付けた
まだ大丈夫だけど心配。電車をはじめとする不安定な乗り物に乗ったとき、倒れないようように立とうとすることで、体のバランスを取る筋肉を鍛えることになる。
壁に寄りかかっていると、体のバランスを取る筋肉がどんどん衰えて、歪みの原因に。歪み予防のためにエクササイズしましょう。

[check]④⑤⑨にチェックを付けた
歪み始めているかも。誰でも利き腕、利き脚がありますから、多少の歪みはありますが、生活習慣はそれ以上に体を歪ませてしまうクセばかり。
このままだと体が歪むのは避けられない。今すぐそのクセを改善。エクササイズをしながら、左右均等になるようにしましょう。

[check]②⑥⑦⑧⑩にチェックを付けた
もう歪んでいるはず。体が歪んで、肩こり、腰痛などの不調があったり、疲れやすいなどの症状がある。
体が歪んでいると、姿勢も悪くなり、血行も悪くなります。ダイエットがうまくいかないのも、体の歪みが原因に。
さっそく歪みを直すエクササイズを始めましょう。時間がかかっても、正しいエクササイズを続けることで、必ず歪みは治ります。

バランスボールのあるライフスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。