ダイエットと高血圧や糖尿病、脂質異常症などといった生活習慣病は深刻に関係する – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

ダイエットと高血圧や糖尿病、脂質異常症などといった生活習慣病は深刻に関係する

生活習慣病の多くの場合はダイエットで痩せれば治ります

もしも、肥満などによって進行した血圧や血糖値、コレステロールといった異常に関しては、薬の処方にのっとっているのであれば、ほとんどのケースではダイエットして痩せれば飲む必要がなくなっていくのです。

健康的に体重や体脂肪を燃焼してくれるダイエットは病気を治す、病気が発生しないために必要な特効薬に。

ダイエットに成果をあげると、血圧や血糖値、コレステロールといった数値が以前より良くなる。

疲れることが多い、むくみ、肩こり、腰痛であったりいくつかの不調も治っていく。

ほかにも、体型が変わればファッションもチェンジして若々しくなって、考え方も違ってくるのです。

太っていなかった、若かりし時代に逆戻りして溌剌としてくるはずです。引き締まった体になると健康的に若々しくなったりして歓迎すべき出来事ばかり。

だけども、いったん太ると痩せることはそれはそれは難しい。太ってしまった現実をどこかでもうすでにいいやと思ってしまうとか、「まだまだ自分は問題ないや」と、言い聞かせ太ってしまった現実から眼をそらしてしまう。

体重はドカ~ンと増えるということではなく、徐々に積み上がって太っていく、客観的な目線で見られなくなって、あなたが太っていることに気付いていないことだって。

本当は太ってしまうことは、食事を基本とした毎日の生活習慣が太りやすいこともあって。

痩せるためには、あなたが太っている現実を意識して認識して、あなたの生活習慣自体を見直すことが要求されます。

本当に単純なことではありますが、実はこの点がとても難しいというのが本音です。

現在ではダイエットに関しての情報が無数に紹介されているわけですが、例外的なものとしてとてもとても意味を持たないものだったり、一時的にはスリムになっても健康に悪い方法だったり、理想的ではあるにもかかわらず現実に基づいていなかったり、健康的に痩せられないものや続けることができないものが見られます。

例えるなら、よく知られているココナッツオイルは、糖質制限をしないまま取り入れると体脂肪が減ることもなく失敗してしまうのです。

りんごばかりを食べてみる、バナナ限定で食べるというようなダイエットがテレビタレントがやって人気でしたけど、ず~っと続けられるわけがなくて、元々の食事習慣に戻れば太ってしまいがちです。

また、食べる量を減らせば体重は減少しますが、信じられないくらい痩せると肌がカサカサになって若々しさがなくなったイメージになってしまうことだってあります。

ダイエットで大事になってくるのは続けていくこと

一時的に食事を変えたにしても、やり続けることができず太っていた頃の食事に戻れば、ある程度経過した頃また体重は増えてしまうのです。

リバウンドです。リバウンドさせないためには、ず~っと持続できることが必要不可欠になります。

お知らせしている厳選ダイエット法は、効果を持っていて持続できるものがほとんど。実践していたとしたら、体重は自然と減少していって、健康的に若々しく痩せられます。

「これじゃいかんいかん、痩せたい」と考えたあなたに、ただただ痩せるだけに限らず、健康的に痩せて美しくなることを狙ったキーポイントやアドバイスも。

簡単なダイエット!本気を出して痩せたい

[check]食事
肥満体質の元凶となる糖質(ご飯、パン、麺など)をいつもの2分の1に少なくする。
野菜、たんぱく質(肉、魚介類、卵、乳製品、大豆製品)は、不足することがないようにしっかり摂取するべきです。

[check]行動
ダイエットを心に決めても"満喫したい"という欲求に恐怖に感じることはありません。
そのようなときには、お腹の肉を摘まむ、体重を測るなどすることで、「痩せたい」といったモチベーションを確かなものにする工夫をしてください。
小腹が空いたら軽い気持ちで運動して気持ちの切り替えを。

[check]運動
過激な運動をする必要はございません。歩く距離を増加する、お掃除するなど日常生活の動作を積み重ねることからスタートしてください。
スクワットや腹筋といった運動をプラスアルファすることでこれまで以上に効果アップとなる。

[check]入浴
毎日の入浴は脂肪を燃焼させる絶好の機会。入浴タイムをダイエットに役立てましょう。
浴槽に浸かる時間に追われている場合、シャワーでOK。

ダイエットじゃここのところがキーポイント

ダイエットは食事や運動を一時的に切り換えることとは違って、太りにくい食事習慣や生活習慣を身に付けることが大切となります。

自然体で続けるには、あなた自身が実現することが可能ことから取り掛かって、徐々にそういったことを増加させていくことが重要なのです。

ダイエットに取り組んでいると、体重が一時的に増減するのもある一方で、減りづらい時期も見受けられるのです。数字に振り回されることをせずに、1週間、1ヶ月などというような長期的に考えて減るかどうであるのかをグラフにした方が良いでしょう。

1ヵ月継続しても体重に動きが見られない場合、ダイエットの記録をチェックして、糖質の制限をほんのちょびっと厳しくしてほしい、おやつはカットする、運動量を増やすとかすることをおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。