ダイエットをやり続けることを目指したキーポイント – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

ダイエットをやり続けることを目指したキーポイント

脂肪は1日におこなって減るはずがありません

我慢が習慣に変わるまで2ヵ月かかることから、身体の中に溜まった脂肪も1日では減りません。

ダイエット中は体重を日常的に測定しますが、日常的に体重計に乗っても、1日で体重が1~2kgまったく異なるケースがあります。

体重が増えた時には、ガッカリメランコリックになる、体重が減った時には脂肪が減ったと良い気分ですが、1日や3~4日間の体重の変化に影響を受けないようにしなければ、ダイエットは続けられません。

1日や3~4日間で変化する体重は、水分が動いているだけのことで、脂肪が減っていることを意味しているのではないです。

脂肪はいきなり減りません。日常の積み重ねで少しずつ減っていくということをきちんと意識してダイエットに取り組みたいものです。

もちろん、常日頃からむくみがちなというのは、身体の中の余分な水分が抜けてなくなると、そんなことだけでスッキリして見えます。

体重も見る見るうちに減ると考えられます。それはそれで、このことは基本的に余分な水分が抜けただけのことで、脂肪が減っていないことから、ダイエットはそこから体重の減少がゆっくりとなると考えられます。

そうしたら、体重がどうにも減ることがない、停滞期に入ったと思いがちなんですが、そんなことはありません。

脂肪はいきなりに減らないことから、これが自然な体重の減り方になります。

すぐさま体重が落ちないからという理由で諦めない、とりあえずは1ヵ月続けて、体重の移り変わり、表面的の変化を身をもって感じてください。

すぐさま減量できた体重は身体の中の余分な水分が抜けたぐらい、脂肪はすぐさま消化しない。脂肪を減らすためには、ダイエットを続けることが大切に。

ダイエット宣言を行なう勇気が大事に

ダイエットを決意を固めたら、身内やお友だちに「減量する」と勇気を出して宣言した方が良いでしょう。

身の回りにダイエットしているうちに宣言(発表する)ことにより、人の目を気にしてたっぷり食べることができない、食べにくい環境をしっかり作る。

このことは思っている以上に効き目がある。ダイエット宣言をきっかけに、世間の目(他人の目)を気にするようになったら、我慢すること、物が増します。

それを意識してチャレンジすると、習慣となって、太らない生活習慣へと変わっていくというわけです。

痩せたら身につけるお洋服を買う(下準備する)

痩せた体型をイメージできる。痩せたタイミングに身につけるお洋服を準備して、そちらを着たときを思い描く。

タイトばジーンズやずっと前から着たかったのだが着られなかったこともあって諦めていた気に入っているワンピースなどなど、痩せたら間違いなく着たいお洋服を下準備することが大切です。

ウェディングドレスをブライダルだからこそに着たくダイエットを決意し、一点集中して結婚式に間に合わせるストーリーはよく知られているのと同様です。

ダイエットに挫折しそうになった時には、そういった物を身に付けてみる。

開始時よりも入りやすくなったりしていたとしたら、痩せているということが感じ取れ、これまでよりスリムになるとこのウエアを身にまとえると、モチベーションアップに変化するわけです。

1ヶ月に1回身に付けて、ほんとに着られるようであれば大丈夫だろうと確認することなのです。

あえて購入しなくても、お手元に痩せていた時分に着ていたけれども、少し前から着られなくなったお洋服があるのであれば、「痩せてこちらを着る」というような目標につながります。

目標になる体重や体型のイメージをいつもそうですが忘れないやり方。

痩せてお気に入りのお洋服を着たときをイメージして、願望に近づけるからこそ、もう少しの間がんばる本当に着て目にして、実際どんだけやせたか比べてみる。

条件に沿った積み重ねがモチベーションアップやダイエットの成果となります。

ダイエットの実現は食事で完璧になる

肥満っていうのは2つのタイプがあるのです。

[check]男性に多い、内臓脂肪型肥満
お腹周囲に脂肪が付くタイプ。

[check]女性に多い、身体全体に均一に脂肪が付くタイプ
体にくっ付いている脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪が存在します。

[check]皮下脂肪
皮膚の下に付いて、身体を外部よりのショックや寒さから身を守っているわけです。

[check]内臓脂肪
腸の間に付いていたりとか、膵臓に溜まっている脂肪などのこととなります。

皮下脂肪は一度でも付くとそう簡単には落ちません。

けれども、内臓脂肪はへばり付きやすく落としがってのいい脂肪です。

皮下脂肪はそれほどに悪さはしない脂肪ですけれども、内臓脂肪は健康を損なうリスクのある脂肪。

どうして、内臓脂肪がハイリスクなのか。

内臓脂肪が増えすぎると血圧や血糖値が引き上がり、脂質の代謝バランスを崩して動脈硬化が進行して、生活習慣病だけに限らず、脳卒中や心筋梗塞など生命の危機にさらされる病気にリスクを高めることから。

お腹周辺がぽっこり出ている、いっきに体重が増加した時は内臓脂肪が拡大をみせているので、気をつける必要があります。

皮下脂肪は内臓脂肪ほど大きな問題はないが、体重が増加するとひざや腰にダメージを与えるし、がんのリスクも指摘されています。

皮下脂肪であれ内臓脂肪であれ、過剰過ぎると肥満体になる。身体の中に溜め込まれた余分な脂肪を減少させた方が理想的。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。