糖質を理解して暴飲暴食に気をつけて – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

糖質を理解して暴飲暴食に気をつけて

糖質を制限するということは糖質を多く含んでいる食事内容だけ

シンプルなみたいだけど、気がつかない状態で糖質を口にしている。

たとえば、ダイエット中はそばや玄米、全粒粉パスタとかが良いと言われている。これらについては白米や一般的なパスタとは違ってビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれていますが、糖質の量となればそれほどまで変化しないのです。

糖質が多くなるというのって血糖値も高くなります。

果物も当てはまります。美容と健康に価値のあるビタミンやミネラル、ポリフェノールが含まれていますけども、その中には糖質が多く含むものが在るので、それらを理解しないでたくさん食べているうちに太ってしまうわけです。

果物だけに限らず糖質が多く含まれているものがあるわけです。

じゃがいも、さつまいもなどいも類、かごちゃやそら豆、れんこんなど糖質の多い野菜も存在します。

それから見落し傾向にあるのが調味料なのです。

はちみつ、とんかつソース、カレー粉なども糖質が多めですので、摂り過ぎ起こらないように。

ダイエット目的は、血糖値を高める糖質がどれだけ含まれているかを気にかけて、どのぐらい糖質を摂っているのかを、いつだって気をつけることが肝心。

ダイエットとしては糖質制限が効果が期待できるに違いないと考えます。

考えている以上に糖質を制限しすぎるというのは、健康的に痩せるといった考え方からやめた方が賢明です。

非常識に糖質を制限するケースでは、食事から摂りいれるエネルギーを脂質から摂取することになるからなのです。

糖質を制限するダイエット方法は、糖質に取り換えられ脂質でエネルギーを摂りいれる必要があるためです。

体脂肪を減らすことを考えて糖質と脂質のどっちに制限すれば一番いい選択なのか、今の段階でどっちが良いというはっきりしている結論は出ていないです。

それじゃあ、糖質に代わって肉や油など脂質をいっぱい摂取すると良いのかと申しますと、そんなのちょっぴり違うと考えていいでしょう。

脂質の中においては、体が必要としているものも存在しますが、必要以上に摂り入れると動脈硬化を促進し脳卒中や心筋梗塞などのような危険性を高めてしまうものがあります。

赤身肉や加工肉はがんの危険性を高くし、たんぱく質や油を必要以上に摂取するのは考えること。

脂質制限や糖質制限でしばしば見られるのは、いずれかを非常識に制限する行い。

何かしらを非常識に制限すると栄養バランスが崩れるのです。健康的にダイエットするためには、糖質も脂質もバランスよく減少する。

運動でメリハリボディに引き締まった健康的な身体づくりは運動で

ダイエットは食事内容が9割なんですけど、運動も肝心。

糖質を制限すると体重は減少しますが、食事制限するダイエットというのは、一定レベルまで体重が減りづらくなっていきます。

このポイントからさらに体重を減らしたい、メリハリのきいた引き締まったボディが欲しいならば、運動を欠かすことが出来ません。

体重が軽くなるのが緩やかになりだしてきたと感じた場合、日常生活において意識して運動をするようにしっかりと記憶する。

一定レベル以上、体重が減ってから運動をスタートさせるには意味を持っています。

太ると体が重く、疲れることが多いため、サッパリ歩かなくというような。

とりあえず、食生活を再チェック、体重が減ったケースで体を動かす。わずかながらでも痩せるとその分だけ体が軽くなるので動きやすくなるので、次第次第に運動をする状況に抵抗がなくなって、運動がそんなにも苦ではなくなってしまうのです。

また、運動をすると筋肉量が増加して、エネルギーを消費しやすくなるので、肥満になりにくい体となってきます。

サルコペニア肥満の正反対で痩せやすいように、リバウンドすることが難しい体に変わってしまうと言われている。

食事内容を変更して体重が減ったところ、運動して筋肉いっぱいの体を目標にする。

このようにやれば、体は脂肪で満たされた霜降り肉から筋肉がバッチリ付いた赤身肉へと変貌を遂げていく、運動で筋肉を付けると、脂肪が燃焼しやすく、代謝レベルアップして肥満になりにくい体ができる。

運動を行なうと、消費するエネルギーが増加するからと食事の量がアップしたり、お酒を満喫したり失敗してしまう危険性がありますが、これだってダイエットで見舞われやすい落とし穴です。

なぜかというと、運動で消費可能であるエネルギーはそれほどまで多くはないから、食事をしてきた分を運動で消費するということはとても難しいです。

2ヵ月以上継続しよう

糖質制限をやり通せば、体重は驚くほどに落ちていくというわけです。

一定レベル以上、体重が減っていらした頃に運動を組み入れると、筋肉が付いてグングン痩せやすいようになっていくのです。

こうなりますと、日々の生活は肥満になりにくいライフスタイルへとチェンジされて、一生涯太らない体を手に入れることが出来ます。

それはそれはシンプルなことになるのですが、糖質制限を行なっているにもかかわらず痩せないといったこともあります。

その原因は2つ言えるのではないでしょうか。
①我慢が習慣となるまで続けることができない
②糖質制限を思い違いしている

こういったものがほとんどを占めていらっしゃる。

我慢を習慣にするなら、2ヵ月以上続けていくことで乗り越えられます。

糖質制限で失敗することが多い落とし穴はいくつかありますが、ちょっとだけ気をつければ避けることが出来ることが大半。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。