例外なしに楽に痩せることができるダイエット – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

例外なしに楽に痩せることができるダイエット

朝起きた時は太陽の光を浴びる

ダイエットの重要な点は「体内時計」、朝は決められた時間に起きた方がいいでしょう。

ダイエットと別にどうでもいいように考えられるが、起床する時間は非常に重要なんです。

状況が許す限り同じような時間に起きたいものです。

体の中には、日中の間は活発に動き回り、夜は心穏やかに休養をとる(眠る)といったサイクル(生体リズム)がセットされている。

このリズムを司ると考えることが「体内時計」。

このリズムにふさわしい生活を送っていくと、エネルギー代謝がレベルアップし、筋肉の合成を活発化させるたんぱく質が体内に増えるということなのです。

わかりやすく言うと、体内時計のリズムがしっかり進めていると太りづらくなると考えられます。

実質上の時計と体内時計についてはズレがありますので、こういった"ズレ"を解消することもあって、一日毎に体内時計をリセットすることが大切であり、このリセットが効率的にできない限り体内時計のリズムがメチャクチャになってしまうのです。

朝の光で体内時計をリセットする

朝、起きたタイミングに太陽の光を浴びればオーケーなのです。

体の中には、太陽の光を浴びせられるだけのことで、ズレがリセットされるメカニズムが装備されているわけです。

さらには、大事になってくるのは「朝食を食べる方が肥満になりにくい」。朝食を食べることを通して内臓の体内時計がリセットされます。

朝ごはんを口にしない人は、朝ごはんを口にする人と比較すると脂肪がつきやすいといったアメリカの研究報告があるわけです。

「朝ごはんを抜いたら肥満になる」と言われますのは、体内時計のリセットが実行していないと言えるのではないでしょうか。

また、朝食を抜いたら、午前中の作業効率がダウンする危険性があるということも考えられます。お昼ごはんの大量食いを招くことにもなってしまって、ダイエットに役立つのは、野菜ジュースやヨーグルトで良いのです。

健康の目的のためにも、体内時計のリセットは肝心な部分。

朝、同じような時間に目覚めて太陽の光を浴び、モーニングをしっかり食べることを通して痩せ生活を手に入れてください。

トイレを済ませた後に体重を測る

朝、トイレを済ませた後に体重を測る。体重の変化チェックの理由から、朝の体重がありのままの体重。

夜間の体重はその日のうち食べた食事に影響されやすいように、上がり下がりが大きいことになりますが、朝一番の体重は昨日の影響をそれほどまで受けていないのです。

朝と晩(風呂上り)、2回体重を測定するとほんとに把握できます。

外食でアルコールをいっぱい飲むとか、塩分いっぱいのものを食べたり続けていると、夜間の体重がちょっぴり増えることになる。

このことは、体内の水分が多くなってしまって、少しの間だけ体重が増えているだけに過ぎません。このようなケースでは、次の日の朝起きてトイレが済んだら、測るとほとんどのケースで元の体重に戻ります。

朝一番の体重をありのままの体重、朝一番の体重が増加していると脂肪がついているサインだと考える。

体重を毎日測っているうちに、そうした変化に気が付きづらく、あれよあれよという間に数kg太っていた、なんていったこともあげられます。

毎日体重を測る習慣をつけた方がいいでしょう。

朝一番の体重で今日の食事を考えに入れる

朝一番の体重が変化していないとすると「ナイスだった」と安心し、万が一にも増えているのなら「ちょっぴり食べ過ぎたかもしれない」と反省いたします。

こういった反省が大事になるのです。

そのようなときには、当日の食事の量を少し少なくしたり、運動でエネルギーを消費したりして、増加傾向にある体重を減らすよう何をするべきかを考える。

朝一番の体重で当日の食事内容を改善します。

体重が増加している場合は食事の量を減らします。あるいは運動して消費エネルギーをアップすることをおすすめします。

「食事メニューのコントロール」です。常に食べていらっしゃるモーニングのヨーグルトや果物をストップしたり、「本日のおやつは控えよう」なんて感じに、食事で摂取するエネルギーを少なくする。

朝一番の体重で当日の食事内容をコントロールするというわけです。

増えていたのなら食事の量を少なくする、減っているのならおやつを満喫したり、日ごろから少し多めに味わったりと、いつだって我慢するばっかりでは継続しません。

だからといって、「ほんの少し」ということで食べ続けていると、ダイエットの失敗に直結します。

毎日、変わるところなく食べることはせず、当日の体重などによって食事内容をコントロールするという意識が、ダイエットをやり続けるコツというわけです。

食事を効率的に調節することを考えれば体重を目安にすると良いでしょう。

一緒の条件で年間を通して測ると体重の変化が分かりやすくなるのです。条件を一緒にすることを考えて、朝と晩の2回。一緒のタイミングで測りるべきです。

水分代謝が体重に影響を及ぼす

むくみ解消でスッキリ体重が減る。

水分の摂り過ぎで太ることはありませんが、水分代謝がスムーズにいかないで、体重がしばらくの間増えることはあるものです。

体重がしばらくの間増えることはあるはずです。

体重が急に増加したり減ったりする間には、体内の水分量による可能性が高い。

体内の水分量が多いということを"むくんでいる"というものの、むくみの原因はいくつか予想できます。

良くあることが塩分の過剰摂取。

塩分を過剰摂取すると血液中のナトリウム濃度を下げ、体が水分を欲しがります。

そのせいで水をいっぱい飲み、体内の水分量が増えてしまうのです。その他にも、運動不足や冷えで血液の循環が悪くなって、細胞の水分代謝がきちんと機能しなくてむくんでしまうことだって。

また、女性は女性ホルモンが影響を及ぼして、生理の前後にむくみやすくなると考えられます。

そんな意味から、生理の頃は体重が減りづらかったり、体重が増えてしまうことだって、生理の前後にむくみやすい事実を理解していたら、体重が減らない状況にイライラしなくなるではないでしょうか。

むくみは入浴で汗をかいたり、運動して全身の血の巡りを活性化させることで、良い状態にできます。

汗を流す、血の循環を活性化させるなどすることで、水分代謝を促したいものです。

それからは、濃い味のものを食べるとなんといってもむくみすくなってしまうため、薄味を忘れないようにすることも重要に。

塩分の過剰摂取は高血圧にだって繋がることから、薄味は高血圧予防としても安心できると思います。

ナトリウム(塩分)の排泄を促進するカリウムを多く含む、食べ物をきちんと摂るというのもむくみ予防となっています。

カリウムは野菜や果物全てに多く含まれています。

いち早く改善するむくみは不安や心配はいりませんが、その中には病気の原因のタイプも存在する。

[check]1日中むくんでいらっしゃる
[check]何日間もむくみが変わらない
[check]一変して体重が増加して減ることがない
[check]顔やまぶたがむくむ
[check]尿の出が芳しくない
[check]坂道や階段を昇る時に息が切れる
[check]疲れることが多い

というような症状があるケースでは、医療機関を受診してむくみができる原因を調べることが望ましい。

17時前後や夜間にむくんで体重が増加するけれども、次の日の朝には解消しているのであれば不安や心配はいりません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。