お顔を洗顔したら直ぐにお腹を摘む – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

お顔を洗顔したら直ぐにお腹を摘む

お腹に一体いくら脂肪が付いているのだろうか、摘んでひしひしと感じてみましょう

お腹も肉を摘んでやる気2倍アップになる。

太ってきたならなにより肉が付くというのがお腹周りになります。お腹に一体いくら肉が付いているのだろうか、鏡を見つめつつ摘んでお確かめ。

毎日摘んでいるうちに変化を知ることができます。

体重と一緒のようなもので大喜びしたり、「きのうは暴飲暴食した」と反省する基準となる。

面倒くさいと感じられるかも知れませんが、こういった繰り返しが大事になってくるわけです。

毎日摘むと、その都度肉が付いている事実を肌で感じる。太った状況を保つということが嫌なら、「確実に痩せるぞ」「痩せなければ」と思うことから、ダイエットを励もうとやる気2倍アップが引き起こされるもんで。

摘んでいる肉が減少してきてら、ダイエットの効果を感じ取ることができるというのだって、なおさらやる気が起きてくるでしょう。

ダイエットしている時に食べたくなってきたら、お腹の肉を摘んで確認する。

食事より前に体を動かず、動いて体を覚醒へいざなう

朝起きてから朝食を口に入れるまでの間に、何でも良いので体を動かしましょう。

目覚めてすぐの体は、依然として半分くらい眠っている状態。

いい感じで体を覚醒させる目的のためにも、起床して身体を動かすことを心がける。気軽な運動であっても、目覚めてすぐの体をリセットにするためには体を動かして体を目覚めさせること。

モーニングはビタミン&ミネラルがたっぷりのフレッシュジュース

搾り立てのフレッシュジュースをグラス1杯。

ジュースの材料とされるりんごやにんじんにおいては糖質が含まれていることから、エネルギー不足が発生する心配は起きないでしょう。

それから、ジュースの素晴らしい所は糖質のに加えて、ビタミンやミネラル、水溶性食物繊維だったり不足傾向がある栄養素が摂れること。

フレッシュジュースのモーニングはダイエットとしても健康にも良い文句のつけようがないメニューということです。

自然に朝ごはんを召し上がっていた頃、太っているのなら、だいたい食べ過ぎていたのですが、栄養のバランスを崩していたと言って間違いないでしょう。

間違いなく、モーニングがジュースじゃないといけないと言うことを意味しているのではなく、生活習慣にちょうど良い"糖質制限"を始めようとしたら、さぞかし正しい食習慣を見つけることができるでしょう。

ダイエットに価値のある油を摂りいれる

美容と健康に効き目があるオメガ3系脂肪酸。

糖質は体内で分解されるブドウ糖となって、エネルギー源となって利用されます。

その代謝や働きは非常にシンプルで理解しやすいものの、脂質につきましてはちょっぴり複雑。

肥満の要因として悪者扱いされることが多い脂質なのですが、摂り過ぎが問題なので、脂質自体が悪い訳ではないです。

それに対して、細胞膜といった成分の脂肪酸は構造や働きでいろんな種類に分かれます。

[check]ダイエットと関連するオメガ3系脂肪酸につきまして
どんな目的で美容と健康に効き目があるのでしょうか。

オメガ3系脂肪酸は、魚やアマニ油に多く含まれる脂質です。細胞膜を構成するために必要な脂肪酸の数は確定されています。

脂肪酸が座れる椅子の数は定められていて、そこの所にどの脂肪酸が座るかで、細胞それ自体の働きに違いがあります。

オメガ3系脂肪酸の椅子の少ないといった場合、それとは逆に増えるというのがオメガ6系脂肪酸です。

オメガ6系脂肪酸は豚肉や鶏肉、卵など動物性食品に限らず、サラダ油やコーン油、大豆油などに多く含まれていて、私たちは過剰に摂取していまして問題があるとされています。

・オメガ6系脂肪酸(AA)
大豆油、コーン油、ごま油、紅花油など。
過剰に摂取すると、動脈硬化、花粉症、アレルギーなど炎症を促す。

・オメガ3系脂肪酸(EPA)
アマニ油、しそ油、魚油など。
摂取を心がければ、動脈硬化、花粉症、アレルギーなど炎症を抑制する。

[check]EPAとAAのバランスを取るために、オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取する
①炎症を抑えるオメガ3系脂肪酸(EPA)
・摂取する細胞膜の炎症を抑える
動脈硬化やアレルギーの予防に役立つ。
・EPAは魚に多く含まれている
アマニ油やえごま油などに含まれるαリノレン酸も、一部が体内でEPAに合成される。
②炎症を促すオメガ6系脂肪酸(AA)
・過剰に摂取すると細胞膜の炎症を招き、動脈硬化やアレルギーを引き起こす。
・体内でアラキドン酸(AA)を合成される。
・豚肉や鶏肉、卵など動物性食品の他、サラダ油やコーン油、大豆油などに多く含まれている。
 スナック菓子やレトルト食品、揚げ油などによく利用される。

細胞膜のEPAとAAのバランスが違う部分でなにが起こるのでしょうか。

EPAが座っている椅子の数が多いケースだと炎症が抑えられて血管が若さのキープ、それとは逆に減少すると過剰な炎症が起こって、動脈硬化が進行しやすく変わっている。

それからアトピー性皮膚炎は、皮膚の細胞に炎症膜のEPAの割合を少なくしたために過剰になって引き起こされる。

美肌や老いを感じさせない血管を手に入れるために、意識してEPAを摂ること。

EPAはダイエットによい影響を及ぼす。オメガ3系脂肪酸には、中性脂肪の合成を抑制し、脂肪の分解を促す酵素を活発化させて、脂肪燃焼を促す働きがあって、脂肪燃焼の着火剤になる。

オメガ3系脂肪酸を摂取することによって脂肪が効率よく燃焼されるのであれば、このことを利用しない理由はないことを意味します。

魚をきちんと食べるという考え方が理想的。

通勤でばっちり歩く

一歩の幅を広く取りお腹を凹ませて歩行する。

朝食を済ませ、通勤で移動しているタイムゾーンは運動をするグッドタイミングだと思うこと。

運動と言いますと、ジョギングやロードワーク、泳ぎ、テニスというようなスポーツを想像すると思うのですが、通勤電車で座らないで、立っているだけであっても、消費エネルギーが変化する。

1回はほんの少しの違いだと思いますが、1ヶ月間、2ヶ月間と日常的に続けなければかなり消費エネルギーが違ってくるのです。

それに加え、立てたり座ったりした場合に、お腹に力を注いで背筋を伸ばす感じに意識するだけのことで、インナーマッスルが鍛えられます。

こういうのってドローインというトレーニングです。

どんなときもこのドローインを意識して、お腹を凹ませよう。ついでに、歩行する時にこれまでの一歩の幅に比べて5cm前に足を出した方が良いでしょう。

インナーマッスルがこれまで以上に鍛えられます。

これらの歩き方を意識するだけによりいつの間にか早足で歩けるようになるでしょう。インナーマッスルが付くとからだの状態がスッとして、立ち姿がカッコ良くなって外見上も若返ります。

お腹と背中をくっ付けるという感じのイメージ。ドローインを意識した状態で、普段より早足で幅広く。

お腹に力を注いで引っ込ませる。立つときや歩いている時はその姿勢をどんなときも意識する。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。