お腹をスッキリさせて痩せる快便生活を – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

お腹をスッキリさせて痩せる快便生活を

頑固な便秘に悩まされ続けている

2~3日に1回しか排便が見られなかったり、一週間に1、2回だけしか出ないとしたらかなりひどい便秘。

便秘続けているというというのは、便が腸に溜まっている状況に。

溜まっていらっしゃる便の分だけ体重が落ちないし、腸内環境がバランスが悪くなっていく。

痩せ体質を手に入れるために、快便生活を目指したいものです。

[check]便秘が起こる原因と対処法
①食物繊維不足が原因の便秘
食物繊維の中には「水分を吸収して便のカサを増加させる」「大腸の蠕動運動を活発化させる」「腸内の老廃物の排泄を促進する」などといった働きがあって、腸内環境を改善し、排便を促進するというわけです。
食物繊維が不足していると便秘しやすく、野菜やキノコ、海藻というものをしっかり食べてみる。
②運動不足で起こる便秘
常日頃から体を動かしていますと腹筋というものを適度に使うからこそ、それに応じて腸が刺激されて動きが盛んになる。
運動不足で弱くなると腸の働きがスムーズにできなく、便秘を招く結果に。
また、運動すると自律神経のバランスが正常になり、腸の活動がスムーズに。ウォーキングというような適度な運動は自律神経が正常になり、腸の働きが促され、便秘改善に効果的である。
③ストレスから起こる便秘
強いストレスが続いていると、大腸の動きが鈍化して便秘がもたらされる。また、大腸が過敏になってしまって下痢をする恐れがあり、ストレスから起こるケースだと、便秘や下痢を繰り返すことになる。
ストレスは自律神経と密接に関わっているのです。適度な運動や入浴でリラックスして自律神経をスムーズにすること。
④水分不足が原因の便秘
大腸に送られた食事内容の残りかすは、まず第一に水分を多く含んだ液体状だけども、大腸を動かしているうちに水分が吸収されて便秘になってきます。
体内の水分が不足だと、体外に排泄する水分の量を減らすこともあって、腸で吸収される水分の量が多くなるので便の水分が少なくて、硬くなる。
しますと、腸内をスムーズに運べなくなって、便秘がちに変化する。水の取り過ぎで太る事実がないのです。ダイエット中でも小まめに水分補給を。

おやつのせいでご飯をセーブする糖質のすべてご飯と判断する

甘めのおやつの中には糖質が盛りだくさん。

昼ごはんを召し上がって、おやつも楽しんでいましたら、太ってしまうわけです。おやつを口にしたいときは昼食のご飯を少なくする。

ダイエット中は、食後のデザートかのような認識はいけません、どうしても口にしたいお菓子は、ご飯と置き換えて考える行ない。

糖質を余分に摂るのですから、どこかで糖質をカットしコントロールしなければダイエットは続けることができない。

果物をおやつということで楽しんで、ビタミン&ミネラルを摂る行ない

果物に含まれている糖質は「果糖」がほとんど。一部分は小腸で吸収されたところでブドウ糖に分解されることから、血糖値を一定レベルまで上昇させるが、ほぼすべては果糖のまま吸収されることから、血糖値はそれほどに上がらない。

けれども、柿、ぶどう、メロン、スイカなど甘い果糖は血糖値を上げます。

安心のため、甘みが少ない果物を選択すると、ダイエット中でも何一つ心配する必要はない。

果物には代謝に絶対不可欠なビタミンやミネラル、食物繊維それらの他にも身体の中の酸化予防に役に立つポリフェノールが含まれている。

ダイエット中でも適度に食べるというのが、美容と健康に役に立つ。

果物を乾燥させて作るドライフルーツはヘルシーフードとしては人気のあるが、生の果物なんかよりも甘みが増すことから、血糖値が上がりやすく変わってしまい、ダイエット中は避ける方が一安心に。

食べるならば生の果物をそのまま食べる行ない。

腸内細菌が肥満原因、食物繊維で痩せ体質を手に入れられる

腸内の細菌の状態が健康と深く関っているというのが明らかになり、腸内環境に人気が出ている。

痩せたり太ったりなど、体質に関係している。腸内環境の「細菌」が体質や健康に影響を及ぼしている。

腸の中には100兆以上の細菌が棲みつき、食べた物をエサにしながら、独自の生態系を作り上げている。

これまでだと、腸内細菌にとっては善玉菌と悪玉菌があって、善玉菌が多いケースだと腸内環境が良く、悪玉菌が多いケースだと腸内環境が悪いと述べていた。

基本的に、それほどまで単純ではないというのが明白に。ダイエットに関することでは、腸内細菌には、デブ菌が存在して、そのことがたくさんであるほど太りやすいというような新事実。

腸内細菌にはいっぱいの役割りを持っていて、ある細菌が減少すると肥満体質に見舞われてしまうことが明確に。

腸内細菌が作る短鎖脂肪酸は、肥満をコントロールする天然の痩せ薬。

肥満体になるのは、脂肪酸に脂肪を蓄積して肥大化するから。腸内細菌が作り上げる短鎖脂肪酸は、血液と一緒になって全身の脂肪細胞に運ばれ、脂肪細胞に脂肪が過剰に取り込まれるのを抑制し、ストップさせる。

それから、交感神経に働きかけて全身の代謝を活性化させるのです。短鎖脂肪酸は脂肪のストックを抑制し、脂肪の燃焼を促すことによって肥満予防の役に立っていると言われていること。

肥満されていらっしゃる人の腸内では、短鎖脂肪酸を作り上げる能力が落ちています。

短鎖脂肪酸と同じといったような働きがあるお酢を飲んでも悪くはないけど、そんなの一時的な効果しかありません。

やはり、腸内細菌に作り上げていただく方が良いわけです。腸内細菌のエサとなる食物繊維をきちんと摂ることを心がけて。

食物繊維が不足すると、それをエサとしている腸内細菌が減り、合成される短鎖脂肪酸も半分になってしまいます。

結果的に、太りやすくなっちゃう。

これまで、肥満の原因は食べ過ぎと運動不足となってきました。現在ではその上腸内環境が衰えての原因として含まれている。

肥満体質を改善するというような、食物繊維をしっかり摂り込んで腸内環境の改善を目指しましょう。

腸内細菌が食物繊維をエサにしているわけです。食物繊維を多く含む野菜、きのこ、海藻などは低カロリーでダイエットの味方である食材。

そうした物を少し多く食べるように気をつければ、それがすべて肥満体質の改善に変化するでしょう。

[check]腸内細菌が肥満を防止するメカニズム
①腸内細菌が食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸を作る
②腸から吸収された短鎖脂肪酸は血液と一緒になって全身に送られてくる
③脂肪細胞や交感神経のセンサーが短鎖脂肪酸を感じ取る。
 脂肪細胞では脂肪の蓄積が抑制され、交感神経は身体全体の代謝を活発化させる
④肥満の改善・予防ができる

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。