ダイエット中食べたら動くことで高くなった血糖値を手早く低くする – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

ダイエット中食べたら動くことで高くなった血糖値を手早く低くする

食事をして30分くらい済んだら体を動かす

食後の運動は、ご飯を食べることで高くなった血糖値を下げる目的に効果的。

ご飯やパンを制限しているとしても野菜や果物などにおいても糖質は含まれている。

ご飯を食べると、血糖値はしばらくの間高くなる。このとき、血液中に使い切れない血糖(ブドウ糖)が余っていると、それこそがインスリンの作用で中性脂肪となって溜め込む結果に。

体を動かしてエネルギーを消費した場合、血液中のブドウ糖が使われて、中性脂肪に蓄積することが避けることができる。

できるなら10分以上歩いたら脂肪が効率的に燃焼されるが、多少なりとも動けば、動いた分だけエネルギーを消費することができる。

このことは、毎日積み重ねるだけによりダイエットになってくる。

おやつは午後2時肥満になりにくい時間帯を楽しいものにする

午後2時~4時が1日の範囲内で肥満になりにくい時間帯。

太りやすさに影響している物質があって、脂肪の合成を促す働きがあって、1日の中で時間帯などによってその働きが強くなったりとか弱々しくなったりするためです。

こちらの物質は夕方6時頃から少しずつ弱まっていって午後2時~4時頃が何にもまして働きが弱くなり肥満になりにくい。

[check]太りづらくても暴飲暴食しないこと
どんなに太りづらい時間帯ながらも、なんといっても暴飲暴食は肥満の元。

お菓子の買いだめに手を出さない。ほんの少し買って置く感じに、暴飲暴食しないことに注意して気をつけるというのがダイエットだともっとも大切な部分。

おやつを楽しむことを考えて、お昼ごはんの糖質を制限する。糖質をむやみに必要以上に取らない。

1日の範囲内でバランスを取ってセーブする。ちょっとだけにして、暴飲暴食しないことも必要に。

小腹が減ったら温かいスープなどが満足感が高い

お腹が減って、何か口に入れたいと思うことだってあります。

そのような状況では、甘いお菓子より、温かいスープを。お腹が減ったタイミングにそれをグイッと我慢するというのって、よっぽどの忍耐力が大切に。

こういった痩せ我慢は続かない、そういうことなら食欲を満たした方が望ましいと思います。

ただ、そのタイミングで甘いお菓子を食べるつもりか、血糖値が上昇しづらいスープを選ぶかで、太りやすさがたいへん変わってくる。

温かいスープの良いところは、「温かい物は口にするのに時間が取られる」「体が温まる」「インスタントなどで手間なしで食べられる」「味覚を満たしてくれる香辛料入りの」など、いっぱいの理由がある。

食べた後、体がポッカポカに温まり、満足感を手に入れられる。

具がたくさんの味噌汁、インスタント商品、野菜がたっぷりと入ったスープ、春雨スープ。

お湯を注ぐばかりのインスタント製品から具とスープが別々とパッケージしてレンジでチンして食べる本格的なスープまで、バラエティーに富んだスープがあるので、あれやこれや試しながらも楽しめるのだってスープを一押しする理由になります。

しょうがや唐辛子など代謝を引き上げたり、脂肪の燃焼を促したり、食欲を満たしてくれるのに役に立つし、薬味を入ったものをチョイスすると、ダイエット効果もますますアップ。

スープを選ぶタイミングでは、春雨やワンタン、いも類など糖質いっぱいの具が入っていない物を選ぶこと。

豆腐やネギ入りの味噌汁、野菜がたっぷりと入ったスープ。

チゲスープやサンラータン、タンタンスープなど辛味や酸味が充実したスープ。

その上、市販の野菜ジュースをレンジで温めて飲む"ホット野菜ジュース"。少し酸味を持っていて、野菜のポタージュスープといった風な味わいに、トマトジュースも。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。