ダイエットを目指し夕飯は品数を増やし満足度アップご飯をメインに考えない – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

ダイエットを目指し夕飯は品数を増やし満足度アップご飯をメインに考えない

外食は糖質がほとんどで多少無理してでも自宅で食べてみる

夕食で肝に銘じるとされるのは、食事のとり方で、食事メニューはご飯メインに考えない対応。

日本の食事メニューは、食事の中心(ご飯、パン、麺類)に的を絞って、主菜(メインのおかず)や副菜(野菜のおかずやお味噌汁)です。

日本においては食事内容の献立は主となる食べ物ありき、おかずはご飯を美味しい状態で食べるために必要なものと、位置づけている。

とりあえずは、ダイエットのためにと思ってこういった意識を切り換える対応。

ご飯は一番最後に食べるおかずということで考えるのです。メインのおかずは、肉、魚介類、卵、大豆製品などといったたんぱく質を多く含む品。

野菜のおかずは、野菜、きのこ、海藻というものを活かしたおかずを2~3品準備する。

ご飯は一番最後に食べてみる。もうちょびっと口に入れたいという感じの腹七分目の量に変える。

[check]ご飯を最後として食べてみる
サラダやスープで野菜をモリモリ食べてから、肉や魚介類といったおかずを味わって、一番最後にご飯を食べる。

野菜をちょっと前に食べることによって血糖値の上昇をゆっくりします。こんなふうに、食べてみる順番を変えるだけのことで、血糖値が急上昇することはありません。

肥満ホルモン、インスリンの分泌が減らすことができダイエットとなる。

それからは、しっかり噛んでゆったり食べてみる。

これもまた食べ終わってしまうより前に満腹感を覚えることを考えて、食べ過ぎ予防によい影響を及ぼす。

[check]品数をプラスして満足度アップ
品数を増やしていくことを通して、物足りなく感じられるストレスを誤魔化せる。

サラダやほうれん草のソテーなど、メインのおかずがステーキなら付け合せにきのこのソテーや温野菜を付けて野菜の量を増やす。

品数が増加すると、1食で召し上がる食材の種類がたくさんになって栄養バランスが摂りやすくなって、味覚や味付けの取り扱い品目数を増やすことにより食事の満足度が高める。

おかずに的を絞って召し上がるときには薄味におこなった方が美味しく感じることができる。

食べる順番を変えるだけのことでダイエットになると

ご飯とおかずとお味噌汁を順番に食べる「三角食べ」がよいと考えられているが、ダイエットは「野菜だけ」「おかずだけ」をちょっと前口に入れて、一番最後にご飯を食べる「順番食べ」がオススメ。

肥満の背景にあるのは血糖値の急上昇が影響を及ぼしています。

食後の血糖値の急上昇を避けることを考えてオススメということが、食物繊維が多いものから少し前に口に入れて、ご飯など糖質を多く含む食事メニューを最後に食べることに注意して、「食べる順番」を変える。

野菜やきのこ類、海藻類など食物繊維がたくさんある物を先に召し上がると、インスリンの分泌がコントロールされて、ダイエットに役立ってます。

その他にも食物繊維は腸管で脂質の吸収を穏やかにし、便秘の改善にも効果が認められる。

食物繊維を多く含むものは噛み応えがあって、いつの間にかしっかり噛んで食べることを意識すると満腹感を得やすくなり得る。

野菜を口にすると、肉や魚介類や卵などメインのおかずを食べ、一番最後にご飯やパン、麺類といった糖質を多く含むものを食べることを意識するだけのことで、ダイエットとなる。

ご飯茶碗は小さい分量ご飯量をハッキリさせてお替りしない

ご飯をおかずということで考えれば小さめの器で食べる対応。

ご飯、パン、麺類、甘いスイーツが好きであったら、何気なく緊張が途切れると食べ過ぎてしまうことになります。

そんなことが起きないようにするため、ご飯はお替りはしない。

ダイエットに役に立つご飯茶碗を小ぶりな物を準備する。

大きな茶碗にちょっとだけご飯をよそうことをするより、小さめの器にたっぷり入っていた方が、見た感じで満足感があることもあって、小さめの器に変えるのがオススメの。

ダイエットをスタートするの前に、小さめのご飯茶碗を準備する。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。