サラダと具だくさんスープで野菜をたっぷりと食べるアイデア – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

サラダと具だくさんスープで野菜をたっぷりと食べるアイデア

外食ならば薄味の具だくさんスープとサラダを食べてみる対応

野菜のほとんどの場合はダイエットに効果的である食材がほとんど。

野菜がダイエットに合理的理由は、ビタミン・ミネラル、フラボノイドやカロテノイドといった微量栄養素がたっぷりと含まれているからだといえます。

このような栄養素は、どれか1つとなる成分がダイエットに作用したり、血圧や血糖値を下げる。

身体に良い効果を発揮したりする理由ではないのです。

ひとつひとつ体内における身体に良い役割りを果していることで、好き嫌いはしないでバラエティーに富んだ食材を余すところなく食べることが肝心な。

こういった栄養素の中においては、加熱調理で消失するものがありますから、サラダなど生で召し上がると加熱に壊れやすいビタミンCや微量栄養素を効率的に摂ることをできるようにする。

ただし、サラダだけというのならば量をたくさん取ることができません。また、加熱しないならば食べることができない野菜もあることから、具だくさんスープをつけると良いバランスで摂れ申し分なく。

[check]いち押し具だくさんスープ
・サラダ
レタスやキャベツ、トマト、キュウリなど生で食べることができる野菜はサラダに。
ドレッシングにアマニ油やエゴマ油というものを使いこなせば代謝を引き出すオメガ3系脂肪酸を組み合わせて摂ることを可能にする。
・具だくさんスープ
ごぼう、大根、玉ねぎ、海藻、きのこなどなど、加熱しなかったら食べることができない物はスープに取り入れる。
お味噌汁、コンソメスープ、ミネストローネなど味付けは何でもかんでもすることができそう。薄味にして塩分摂取し過ぎに注意をする。

いもやかぼちゃはご飯と考える主食だけに限らず糖質が多くある食べ物が見られる

糖質制限していたところで痩せるということが出来ないということは、じゃがいもやさつまいも、里芋、かぼちゃなど糖質いっぱいのものを召し上がると場合がある。

ステーキの付け合せに出てくるフライドポテトなどや和食の定食に付いてくるぼちゃの煮物、お袋の味ということで支持されている肉じゃがなんかは、糖質をいっぱい含む食事メニューであるおかずと考え起きないように。

それらのものを食べた際には、そうすることでご飯に引けをとらない糖質を摂っているわけですから、最後のご飯はコントロールするか、食べないことを意識する。

ここのところを思い違いしていることが原因でありそんな簡単には痩せられない。

シチューやカレー、芋煮などじゃがいもやかぼちゃたっぷりのメニューはもちろん、春雨やくずきりなど糖質が多めの食材が入った場合には、ご飯をコントロールするだけのことでダイエットがもたらされる。

[check]気づかれづらい糖質いっぱいの食材
白ご飯、うどん(茹で)、さつまいも、やまと芋、じゃがいも、長いも、里芋、西洋かぼちゃ、れんこん、スイートコーン(缶詰、クリーム)、えんどう豆(茹で)、ごぼう、小豆、そら豆、くずきり(茹で)

お好みの物を臨時的に食べて満喫する

糖質制限とは言うもののまるっきり糖質を摂らないことなどあるはずがない。

外食で糖質を食べても問題ない。それと大好きな物だと、ついつい食べ過ぎてしまうことだって。

けれども、この瞬間に食べる直前にお腹を摘み、脂肪が付いていたとしても構わないから満喫したい、そう思うと一緒くらいの美味しいと考えたときのみ、お替りに手を出す。

召し上がると肉が付くにもかかわらず、それはそれで食べたいと思う際には我慢することなく満喫したほうが、ストレスが堪らない。

もちろん、翌日は節制するようにしておやつは食べないなどという、糖質を控えバランスを考えに入れる。

このようにして、お気に入りの食べ物であっても食べる量を少なくすると以前みたいに「食したい」と、思わなくなってくるわけです。

さらに、時々好きな物を食べて、無理に我慢している訳でないから、続けられるメリット。

「美味しい」と思ったその瞬間、お替りに手を出すとき、食べる直前にお腹の肉を摘み、そうであっても食べたいのであろうかと一呼吸間を取り入れ考えてからお替りに手をだす。

当たり前ですが、翌日は糖質を控えているということで余分に食べた分だけをコントロールする。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。