肥満すれば食欲が止められない見せ掛けの食欲に惑わされないように – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ダイエットの最新のスタイル

肥満すれば食欲が止められない見せ掛けの食欲に惑わされないように

太るとそう簡単には痩せづらい。このことは、脂肪の中であってもお腹周囲に付く内脂肪です

内脂肪からは広い範囲の物質が分泌されています。

食欲をコントロールするレプチンといったホルモンがあって、この我慢が肥満を招くどうしようもない状態を生み出す。

レプチンはあるレベル以上食べたら、脳に「お腹がいっぱい」といったサインを送信する。

変わらなく脂肪の蓄積をセーブしてエネルギー消費に働きかける作用もあって、元々は肥満予防ホルモン。

レプチンが正常に働いているのであれば問題ないけれど、内臓脂肪が増加するとレプチンからのサインを受け取りづらくなってしまって、レプチンが放出しているにもかかわらず満腹感を覚えづらくなってしまっている状態。

実際のところはもう十分お腹がいっぱいになっていたとしても、脳が満腹サインをきちんと受け取るということが出来ないことが原因となりどんどん食べて、どんどん太ってしまいがちです。

それらの繰り返しで、レプチンからの「お腹がいっぱい」サインがますます受け取りづらくなるので、食欲がコントロールならなくなって肥満がもたらされる結果に。

そういうわけで、これから先はダイエットに"もっともっと食べたいと思った"その瞬間、レプチンといった食欲をコントロールするホルモンが正常に働いていない事実を思い浮かべ、果たして食べる必要があるのだろうか、念を入れて、お腹とコミュニケーションを取る対応。

それだけではなく、「あと少し食べたい」と感じているレベルのところで、ストップし"ごちそうさま"を口に出す習慣をつけると効果がある。

内臓脂肪が減少され、レプチンが正常に働いていることになったら、見せ掛けの食欲に脳が惑わされるということはなくなる。

始めたころはハードかも知れないが、始めのころはじっくりと辛抱する。

それをやり続けると、徐々に正常な食欲を取りかえし、食べ過ぎるということが少しずつ無くなっていく。

食欲にはレプチンだけに限らず何種類かのホルモンが影響を及ぼしています。

食欲の抑制に働くというのはセロトニン

セロトニンは精神を安定につなげるホルモンというようなイメージがあるのですが、満腹感を覚えさせ、食欲を抑制につなげる作用もあります。

緊張することが多いと甘いお菓子が食べてみたくなるというのは、セロトニンが欠乏し食欲の抑制が思った通りにできないからと伝えられている。

ストレス解消には、食べることを通して紛らわせるのではなく、お気に入りのBGMを聴いて気持ちのリセットするとか、グッスリ眠ったり、入浴したり、気持ちをくつろがせるわけです。

このようなリフレッシュする時間を持っているために、セロトニンが増加してきて、暴飲暴食予防に関係する。

アルコールはジャンルでなく量、気分に合わせてお好みのものを満喫する

糖質が多くないアルコールを選択する。

ダイエットという目的であったならば"どういった物を"飲むかに関してはそれほどまでに意識しない、アルコールは飲み過ぎない対応。

お料理にふさわしい、気分に合わせて飲みたい物を満喫する。

赤ワインのポリフェノールが健康長生きにOK!だったりさまざまある。少しの量の飲酒は脳梗塞の予防に役に立つとされる研究データが見られるぐらい。

まるっきり飲まないというよりも適度な飲酒であればある程、脳梗塞や心筋梗塞などに影響される突然死予防にいい働きをすると言われています。

だけど「健康のことを考えれば飲酒量は少しのほうがOK!」というわけです。

適度な飲酒は気分をくつろがせる。けれども、飲み過ぎると血管トラブルの危険度が高くなってしまうので、適量を守る。

[check]お酒の1日の適量
日本酒:1合、ビール:中瓶1本、焼酎:1/2合弱、ワイン:グラス2杯程度、ブランデー:ダブル1杯、ウイスキー:ダブル1杯

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。