はっきりしない微生物の働きを活用する、発酵食品は知れば知るほど優れている – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 発酵食品

はっきりしない微生物の働きを活用する、発酵食品は知れば知るほど優れている

このような発酵食品を活用しましょう。

塩麹といった発酵食品は有用微生物の発酵食品などによって食品は発酵食品になって、長期保存が発生する。

原料と比べて栄養価がどんどん増える。原料嗜好性が高まります。

もちろん、ミルクよりチーズだったら長期保存ができるようになって、乳酸菌発酵させたヨーグルトのほうがより機能性が充実した結果に。

蒸した米から加工する「清酒」は発酵後には、香り・味がもたらされ嗜好性が2倍にもプラス。

発酵食品は、栄養価や保健的機能性、嗜好性、お酢は血行促進作用、赤ワインの抗酸化機能にともなう心臓病といった危険性を軽減などが科学的にだって挙げることができる。

発酵食品は、味噌、だしをとる鰹節も発酵食品。

漬け物、納豆、醤油、パン、ヨーグルト、チーズと発酵食品が無数に挙げることができるようにもうすでに発酵食品の魅力をきちんと認識しています。

塩麹、ナタ・デ・ココ、日本酒、ワイン、ビールも発酵食品です。

[check]洋食のメニュー
パン、ヨーグルト、チーズ、発酵バターと軽い気持ちで食べていらっしゃる洋風のモーニングにもいろいろな発酵食品が含まれている。

[check]和食のメニュー
納豆、漬け物、味噌、だしの使う鰹節、良い香りが食欲を添える和朝食の定番アイテムには発酵食品がいっぱい。

発酵食品は、和食・洋食を問わないでいまどきの食生活に深く深く身近になっていて、日本は発酵王国とされる発酵食品がたくさんある。

発酵食品は手に入れることができやすく、安く買うことによってストレスもなしに食生活に取り入れられる。

幸せで、効果を発揮する「発酵食品生活」を目標にしていただきたいです。

納豆が好きになれないのは、臭いが腐敗した豆といったイメージなので食べることができないといった人がいらっしゃる。

しかしながら、発酵した豆=納豆は美味しいままで、食べても言うまでもなくお腹を壊したり行わない。

であれば、発酵と腐敗が違うところとは

煮た豆の目の前に2本の道を頭に思い浮かべていだだきます。

いずれの道の途中に微生物が待ちかまえています。

[check]1本目の道にある微生物は
人間、わたしどもから見れば素晴らしい効き目が期待できる、善玉菌=発酵菌で、微生物は食材に含まれる、デンプン質、タンパク質を分解して、うま味成分=アミノ酸や糖分を生成する。
善玉菌がくっ付くと煮豆なら納豆へとこれまで以上に良い一番合っている状態を保つ。
美味しいままで栄養もさまざまある。牛乳も発酵したならヨーグルトやチーズへとパワーアップする。

[check]一方で、2本目の道で待ち受ける微生物は、
人間、私どもの体に害が発生する働きをする悪玉菌。
食物を腐らせる腐敗菌や病気を引き起こす病原菌。
悪玉菌がくっ付いた煮豆は腐敗し、これが食中毒の発端になります。
どちらにしても微生物の活動などによって発生する、性質や状態などに違いが生じる。
それらの順序も同じものだが、微生物の種類や分解する性質などによって、生まれるものの性質が異なります。
私たちが美味しいもの、役立つものになると考えられるのが「発酵」といい、使い物にならないものが「腐敗」と考えている。

こういったふうに発酵食品が作られるには、煮た大豆、米、麦、魚、肉という食品の原料に「菌」や「カビ」というような微生物が付着し、原料の中で微生物が増加して、異なる菌を追い出し、悪い菌が入り込むことを阻止する。

微生物が活動することによって栄養成分や免疫力が発生します。

こういった、微生物の活動などによって、うま味成分や栄養成分が増やすことで、美味しく栄養豊富な発酵食品が作り上げられる。

発酵食品を作り上げる微生物、発酵に精を出す発酵に関る微生物は、カビ、細菌、酵母菌の3種類。

カビや菌は、汚いものではない

細菌の環境を得ることができればすさまじいスピード感で繁殖する生命力の塊り。

カビには、麹菌、アオカビなど多数の種類が存在する。発酵を行なうのは、人間の役立つものでいっぱい。

味噌や醤油作りに必要不可欠の麹菌なのですが、植物の種子に相当する胞子がエサのあるエリアに落ちると、発芽して菌糸を伸ばし、次に菌糸から枝が生え、枝の先端が膨らみ、それからに胞子が発生する。お子さんを生むみたいなもの。

新しい胞子は再び、エサが充実したエリアに落ち、発芽する・・・こういったふうに菌は整った環境で、凄まじいスピードで増加し続ける。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。