体を温めたい時豚キムチ豆腐 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 発酵食品

体を温めたい時豚キムチ豆腐

すっかり日本の食卓に定着したキムチ

唐辛子、しょうが、にんにくは食欲を増進させるだけでなく、血行を促進し、末梢神経を刺激して体を温める。

血行が良くなることで、肩こりや冷え性も改善。コレステロール値を下げる、脂肪を燃焼するにも役立つ。

豚肉は、ほかの食肉と比較してビタミンB群も多く含み、疲労回復、夏バテ防止に効果的。

キムチ豚肉はエネルギーアップの最強コンビ。キムチの辛さは体トラブルに最適。

木綿豆腐1丁は半分の厚さに切り、さらにたて半分に切って4等分にし、水分を取る。

長ネギ半分を斜めに切り、豚バラスライス(100g)は3cm幅に、キムチ(100g)は2cm幅に切る。

フライパンにごま油を熱し、豆腐を両面こんがりと焼き、器に盛り付けておく。

同じフライパンに長ネギ、豚バラスライスを炒め、最後にキムチを加え、しょう油で味を整え、白ごまを加え、器に盛り付けかいわれ大根を添える。

豆腐の水切りはしっかりと、キムチは発酵が進んだものを使うとよりコクが出る。

調味料の役割りを果たしているため、キムチの汁ごと使う。

胃腸を休めたい時、キャベツと豆腐のリゾット

疲れた体に代わって塩麹が消化をサポート。

胃腸を休めたい時は、低脂肪、低刺激で水分の多いメニューがオススメ。

野菜入りのリゾットは理想的な一品。塩麹には、たんぱく質、脂質、炭水化物を分解する働きがある。

消化や代謝を行う体内酵素は、加齢と共に減少する、塩麹に消化活動をサポートしてもらうことで、体への負担が軽くなる。

キャベツに含まれるキャベジン(ビタミンU)には、胃の粘膜の修復を助ける働きがあり、芯の部分に多く含まれている。

豆腐や豆乳で良質のたんぱく質を十分に摂って、体力を回復させるにんにく1かけみじん切り、キャベツ(100g)はざく切り、豆腐(半丁)は2cmの角切り、フライパンにオリーブオイルとにんにくえを入れ、香りが出るまで炒める。

米(2分の1カップ)を加えて半透明になるまで炒める。

水(400ml)と塩麹(大さじ1と2分の1)を加えて、蓋をし米が柔らかくなるまで煮る。

キャベツを加え、しんなりしたら豆腐と豆乳(100ml)を加えて煮る。

器に盛り付け、かつお節をトッピング。

便秘を解消したい時

プレーンとヨーグルト白玉のはちみつ。レモンシロップヨーグルトの新しい楽しみ方。

便秘は、肥満、肩こりや腹痛の原因にもなる。

腸内環境を整え、ストレスフリーの快便体質を目指す。

ヨーグルトは腸内の善玉菌の働きを助ける。善玉菌が増えれば腸の働きが活発になり、便通も良くなる。

プレーンも食物繊維を豊富に含み、腸の働きを活性化させる作用がある。

トッピングの果物は美肌作りをサポート。体の内側からピカピカ。

いちご(4個)は4等分に、キウイ(1個)は皮を剥いてくし形に切り半分に、プレーンは半分に切る。

白玉粉(60g)にプレーンヨーグルト無糖(60g)を加えて、練り合わせ一口大に丸め真ん中を凹ませる。

沸騰した湯で茹で、浮いてきたらすくい上げ、冷水にとって冷ます。

水(100ml)、はちみつ(大さじ2)、レモンスライス(4枚)を合わせてシロップを作る。

器に白玉とフルーツを盛り付け、シロップをかける。

ドライフルーツは食物繊維などの栄養素が豊富、噛みごたえもあり満腹感が得られる。アンズ、マンゴー、イチジクを使っても良い。

メタボが気になる白菜と豚肉の塩麹重ねる

お腹周りが気になる、というときは脂肪分や炭水化物を控えたメニューに。

ローカロリーの白菜やきのこ類はおすすめ。

たんぱくな味わいで満足感が得にくい食材も、豚バラや塩麹で旨味を加えると、美味しく食べられる。

肉はダイエットの敵と思い勝ち。豚肉や塩麹に含まれるビタミンB群には、代謝を促進させる働きがある。

トマトの酸味、白菜の甘み、塩麹の旨味が調和し、満足度の高い一品。

[check]塩麹の旨味で野菜をもっといっぱい、もっと美味しく
豚バラスライス(150g)の半量を白菜(4分の1株)の間に挟み込む。
残りの豚バラで小房に分けたしめじ(2分の1パック)とえのき茸(2分の1パック)、プチトマト(6個)をそれぞれ巻く。
白菜を5cm幅に切り、鍋に立てて入れる。白菜の間や中心に肉巻ききのこと、トマトを入れる。
水(100ml)と塩麹(大さじ2)を合わせたものを回しかけ、蓋をして10分煮る。
豚肉に火が通ったら、ブラックペッパーを加える。

むくみが気になるとき

甘酒のホットケーキフルーツのバターソテー添え

体のむくみが気になるときは、塩分を控え、体内の水分調整を行うカリウムを含む食材、バナナや豆乳を摂る。

ホットケーキは、甘酒を加えると、ふんわりモチモチの食感に。

甘酒はデザートの材料や料理の味付けに使えば、自然な甘さに仕上がる。

発酵食品にこだわるなら、発酵バターを使う。発酵バターには独特の風味とコクがあり、ワンランク上の高級な美味しさが楽しめる。

ホットケーキミックス(150g)、卵(1個)、無調整豆乳(100ml)、甘酒(150g)をボウルに入れ混ぜ合わせる。

バナナ(1本)は大きめに、りんご(半分)は皮付きのまま薄めのくし形に切る。

フライパンにサラダ油を薄くのばし、生地を焼く。器に盛り付ける。

フライパンに発酵バター(10g)を加えて、バナナ、りんごをソテーし、シナモンパウダーとはちみつ(大さじ2)をからませる。ホットケーキに乗せる。

フルーツはバター(普通のバターでもよい)でソテーを、火を通すことで甘みが増し、生よりもたくさん食べられる。

はちみつとバターがからんで至福の美味しさ。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。