年金・預金だけでは足りなくなる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康になる大人の意識改革

年金・預金だけでは足りなくなる

運動不足ことから医療費貧乏人に転落

近い将来いくらかかるのだろうか。老後資金を想定した時、残念なことに忘れがちなことが医療費の対応。

運動しなければどれぐらい医療費を払うことになるのか、ご存知ですか。

ただただ運動不足だけではすまされない、何となしに運動しないことがどれほど怖ろしいことを意味するのか。

体が悲痛な叫びを上げるよりも前に意識改革をしないと、メタボのあなたは破産といった必要な状況に立たされることに。

ここ数年は、メディアで「下流老人」「老後破産」となってしまう言葉が載せられている。

現役バリバリの30代~50代男性にとっては、一見すると無縁に感じられるキーワードじゃないだろうか。

日本においては世界的に見回しても充実した健康保健制度が存在するため、医療費に関しては「何とかなるなのではないか」とタカをくくりがち。

現在まで幸いながら病気やケガとは縁がなく過ごすようにしてきた人ほど、医療費がどれぐらい掛かるか無頓着に見舞われやすくす、そこのところが巨大な落とし穴。

万が一にも50代男性だったら、ひときわ身近な健康リスクとなる生活習慣病の医療費が、年間180万円近くに上ることだって考えられる。

安定収入のことを考えて退職後も仕事をし続けるという点も、健康な身体じゃなかったらお話になりません。

老後破産を避けたいつもりなら、あなたの体の健康維持は常識。将来において対策を講じた方が良いでしょう。

お金と肥満の恐怖を覚える関係

多忙なけれども、疾病に理屈は通用するはずがない。

健康のことを考えて何も行っていない理由。「何をどのようにして行ったら良いかさっぱり分からない」、その次は「多忙な状態で時間に追われている」。

やり方を学ぶ場が全くない上に、せわしなく仕事に奮闘する真面目な今の時代の日本人。

気持ちは共感できるが、運動不足を放置しておくと笑って済ませられないことに。

運動不足で大丈夫だろう、肥満男性急激に増加中

運動不足で何をおいても現れはじめる変化が肥満。

今となっては40代~60代男性の約3人に一人が肥満。

運動不足などによって、ぽっちゃりしており愛くるしいお腹になるだけだと問題ないのですが、肥満を放置したままにしていると、コツコツと働いて積み立てたお金を食い尽くすぐらい切羽詰まった事態に見舞われる。

笑えるのって今のうちぐらい、メタボ腹は金食い虫

メタボことメタボリックシンドロームに当てはまる40代~60代男性の場合、医療費は非該当者と比べてみて年間平均10万円ほど高い費用になる。

メタボは、高血圧や糖尿病など、サイレンとキラーとも呼ばれる生活習慣病の元になるもの。

自覚症状がなくても、メタボはあなたをターゲットにしている。

恐怖の生活習慣病、医療費は100万円オーバーも

メタボ放置状態でリスクが高くなり得る脳血管疾患と虚血性疾患。

脳血管疾患の場合は、年間平均180万円ほどの医療費が、年齢を重ねるにつれて筋肉や骨格が衰えて、転倒が理由の骨折の危険性も増加します。

骨折治療は入院費が1日4万円以上とビックリするほど思いがけない出費に。

[check]糖尿病の治療のため15日入院の場合(国民健康保健)
入院診療費413,352円、1日あたりの入院診療費27,557円

[check]骨折の治療のため10日入院した場合(共済組合)
入院診療費466,871円、1日あたりの入院診療費46,687円

[check]脳血管疾患の治療のため18日入院した場合(全国健康保健協会管掌健康保健)
入院診療費734,638円、1日あたりの入院診療費40,813円

「平成24年度医療給付実態調査」数字は医療費の総額(厚生労働省)

疾患の原因は肥満に在って

もとより「肥満が身体に悪影響を及ぼす」のはどうしてなのか。

体への悪影響を重ねて認識するということが、今と将来の健康に結び付くことに。

高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞、変形性関節症、糖尿病、脳出血。

[check]よく知っているようであまり知らない肥満とメタボの違い
・肥満
BMIが25以上。BMI(体格指数)=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

・メタボ
①中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満
②血糖(空腹時)110mg/dl以上またはHbA1c 5.5%以上
③収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mnmHg以上
①~③の2つ以上当てはまりかつウエスト85cm以上(男性)

BMIが25以上になると肥満と判定されますが、肥満=メタボリックシンドロームじゃありません。

メタボは内臓脂肪が溜まった状態と相関関係になっている、ウエストサイズが判定基準。

BMIが正常でも、メタボの人はいます。

[check]肥満が脂質異常症を引き起こす
肥満の人は脂質異常症を引き起こすコレステロールや中性脂肪をたくさん摂るの傾向が高い。

また、脂質異常症に自覚症状はなく、心筋梗塞など切実な病気発症を契機にして発覚することも。

脂っこい料理がお好みの人は注意が必要。

肥満は血圧を上げる

BMIが高くなると高血圧の危険度アップ。

BMI30以上の肥満の人は、BMI22.9未満の肥満でない人に比べ、高血圧の危険度約3.1倍も高くなる。

高血圧の状態を放置していると、動脈硬化が促進することになりかねない。

深刻な状態にならないように、若いうちから対策を講じる。

腰・ひざの痛みは肥満による変形性関節症かも

関節の軟骨が擦り減るなどによって、痛みや腫れが発症するというのが変形性関節症。

肥満が原因の場合は、ひざ、股関節に症状が発症しやすい。ただの一度でも変形してしまうと関節は、元通りにはならないようです。

肥満の状態のままだと老後は関節痛で悩む危険性も。

あなたは大丈夫だろうか、肥満と糖尿病

糖尿病には広い範囲のタイプがありますけれど、肥満や過食などによって糖尿病になる人は珍しくありません。

自覚症状がないことから、潜在的な患者数も数多く、年を取るごとに患者数は激増しているのです。

40代の糖尿病予備軍は約13%。ぽっこり膨れたお腹の男性は、糖尿病である可能性もあります。

しかし、不安に感じることはないです。肥満が原因の糖尿病の場合は、ダイエットなどの方法で改善することができる。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。