ロコモティブ・シンドローム – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康になる大人の意識改革

ロコモティブ・シンドローム

今、始めないと手遅れになる歩けなくなり寝たきりになる

これからの人生を笑顔で謳歌したい、定年退職してチャレンジしたいことがある。

そんな将来像を打ち砕くのが、「ロコモ」である。

[check]あなたは大丈夫ロコモチェック
1つでもあればアウト
□片足で靴下が履けない
□家の中でつまづいたり滑ったりする
□階段を上るのに手すりが必要だ
□横断信号を青信号で渡り切れない
□15分以上続けて歩けない
□2kg以上の買い物をして持ち帰るのが困難だ
□家の中のやや重い仕事、掃除機の使用、布団の上げ下ろしなどが困難だ

上記のうち1つでも当てはまれば「ロコモ」の疑いに。
不安なら整形外科医のチェックを受けよう。

要介護で人生とお金を消費するロコモ

10年後、20年後、あなたはどんな老後を送りたいですか。

今から備えて置かなければいけないのは、医療費の問題だけではありません。

「ロコモティブ・シンドローム(ロコモ)」を知っていますか。

2007年に日本整形外科学会が提唱した概念です。

ロコモは、筋肉・骨・関節の衰えによって「立つ」「歩く」「座る」といった機能が低下している状態のこと。

この状態だと、普段何気なく行っている動作に支障をきたすだけでなく、要介護や寝たきりのリスクにもつながる。

そのため、おのずと医療費アップにも直結していく。ロコモは、骨や筋肉の衰え、運動不足が原因に。

20代をピークにまず、人は下半身の筋肉から衰え始める。脚の筋肉の低下、関節の柔軟性がなくなることで、歩幅が狭くなり、つまづきやすくなって骨折の危険性も増す。

介護までいたらずとも、骨格の変形から来る関節が一生付きまとうことも少なくない。

出来るだけ良い状態の体を長き維持するのがベスト。

ロコモ予防のカギとなるのは、筋力、バランス感覚、柔軟性の維持。

そのための運動習慣はマストで身に付けたいところ。休日返上でデスクワークにいそしむ方は注意する。

仕事を頑張りすぎて体のケアを怠っていないか。トレーニングが出来る今だからこそ、ロコモ対策のスタートを。

健康寿命とロコモ

長寿大国日本、日本人の老後は長い。

しかし近年、世界保健機関が「健康寿命」を提唱したように、老後の健康が重要視されている。

健康寿命とは、健康で日常生活を送ることが出来る期間を指している。

現在、日本人男性の平均寿命は80.21歳。健康寿命は71.19歳。平均寿命と健康寿命では約9年間、差がある。

要介護や寝たきりは、健康の敵になるが要介護になる原因の1位はロコモ。

ロコモを改善することが、幸せな老後を送る秘訣と言っても過言ではない。

[check]ウォーキングでは改善しない「筋肉枯れ」
総務省統計局の調査(平成28年3月)によると、50代以上の中高年の人口は約5810万人。年々中高年は増え続けている。

十分な運動をしているのは、そのうちの26.5%だけ、日本の中高年の73.5%が、筋肉の足りない「筋力枯れ」の状態に。

約半分がウォーキングを行っているが、ウォーキングは肥満改善には効果があるものの、筋肉の低下を防ぐには不十分。

鍛える努力をしなければ、80歳では20代の半分以下の筋肉しかなくなってしまうと言われている。

ロコモを改善&予防

内臓脂肪たっぷりのメタボ。実はメタボとロコモは、相互に密接な関わりがあります。

肥満だとひざなどの関節に負担を与え、痛みが出ることがある。

メタボで膝痛が発症すると、移動が困難となりロコモとなってしまう。そうすると、運動不足が加速して、メタボとロコモの両方が悪化すると言った恐怖のスパイラルに陥る。

悪循環を断ち切るのに、トレーニングによる筋肉作り、ロコモ改善と共に、肥満解消にも効果がある。

低糖質食事法でメタボ腹を改善し、移動と運動をスムーズにする。

メタボ&ロコモの悪循環を断ち切る

肥満による足腰への負担増加、加齢や運動不足による筋肉・関節・バランス感覚の衰え。

そうなると、移動や運動が億劫に。

メタボ&ロコモが加速すると、ますます動かない。

何にもしないと、数十年後には、要支援・要介護、寝たきりに。しかし、メタボ&ロコモが加速しない対策をすると。

数十年後には、快活に年齢を重ね、「健康寿命」が長くなる。

筋肉・骨・関節の機能低下と、メタボリック・シンドローム、運動不足は密接に関わっている。

何にもしないと、メタボ&ロコモの悪循環にはまり、要介護のリスクがアップする。

健康対策いつまでも元気で暮らすために

取り組むのが早ければ早いほど効果抜群に。

おなたの筋力、幾つになっても鍛えればどんどん成長する。運動経験がなくても、ステキな見た目と健康を目指す。

[check]筋肉は中年からでもみるみる付く
鏡に映る自分や階段の上り下り。ふとした瞬間に、老化の予兆を感じる。

でも、諦めないで、筋肉は幾つになっても鍛えることが出来る。

男性は55~59歳を境にして上体起しの平均回数が5回近く減ってくる。

40代になって筋力がガクッと低下して体を鍛えなおす際に一層の時間と労力を要す。

筋力は何歳からでもアップさせることが出来るが、少しでも早くから筋肉を鍛え始めた方が、目標を達成するまでの時間とエネルギーを節約できて効率が良い。

トレーニングを早くから始めることが大切だ。

若いころから運動が苦手だったのに今さら一から筋トレなんて、と考える人もいるかもしれないが、メタボとロコモは待ってくれない。

足や関節に痛みや疾患のある人は多く、改善には運動が必要だが、体が悪い中で、ひとりで運動するのはやはり大変。

肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、変形性関節症をトレーニングで解決する

何とかしたい、辛い肩こりと腰痛。

20代からデスクワーク中心の生活を続けると、40代を過ぎたころに腰痛を発症しやすくなる。

若いころは何ともないが、年齢を重ねると運動不足のつけが一気にくる。また、運動不足だと肩こりや膝の痛みにつながる。

筋肉を鍛えると、筋肉の衰えによる腰痛、肩こりの解消や予防になる。

変形性脊椎症や椎間板ヘルニアでも、痛みが落ち着いている時に、今後の発症を抑えるために筋トレが有効。

正しいトレーニングは、筋肉と関節の衰え防止にも高い効果が期待できる。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。