蒸し大豆のおすすめの食べ方 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 正しい大豆生活

蒸し大豆のおすすめの食べ方

ハンバーグなどという肉料理の具材としまして

肉に対して半量の蒸し大豆を活用する。大豆はフォークで捻り潰して使えば食感がアップする。

・緑黄色野菜サラダのトッピングに
彩り豊富な6~7種類の野菜とゆで卵を手間なく食べられるサイズに切って盛り、蒸し大豆を散らす。

納豆 発酵パワーで栄養強化

腸内細菌のバランスが整えられる「腸活」の名アシスタント。

大豆と発酵の力が掛け合わさった納豆は、日本伝統のスーパー食品。

「発酵による効果の一部分は、腸内環境を滞りなくする作用」です。腸内環境のバランスが改善されると、エクオールが作られやすいように、お肌も身体の調子も良くなります。

納豆は1日1パック(50g)を習慣として。

骨密度を強めるビタミンK2や3大栄養素の代謝に必要不可欠なビタミンB群など、大豆が発酵することによって増殖する栄養素も数多くある。

大豆を納豆菌で発酵につなげることから、ビタミンK2は水煮の30倍以上の量に大幅にアップ。

納豆は大豆を蒸して使うことから、カリウムや葉酸の栄養成分の流出量もごく少量。

[check]納豆のおすすめの食べ方
・キムチで和えてW発酵パワー
納豆+キムチを器で一緒になって混ぜるのみ。キムチの乳酸菌が納豆菌をエサに増殖して、腸内細菌を整える。

・刻み野菜やジャコなど8色ミックス
納豆にオクラ(野菜)、めかぶ(海藻)、たんぱく質のジャコ、薬味にごまを混ぜ合わせる。何種類もの栄養素をひと鉢で適正なバランスで。

味噌 熟成過程で抗酸化力がアップ

1日1杯の味噌汁がお肌や体調の老化を予防。

味噌も発酵によって大豆成分の一部分は壊れるのですが、新たなる成分が産生されて非常に有効な栄養バランスの食品に変わります。

長い期間の発酵。熟成で産み出される濃い色(メラノイジン)は、ものすごい抗酸化物質。

習慣的に摂るやり方で、アンチエイジング効果を期待できる。

合わせ味噌をノーマルに味噌汁という形で摂る他、赤味噌や白味噌は冷凍保存し準備して、料理の隠し味に使うということも良いこと。

味噌は原料である麹の種類で分類できるが、主力は大豆に米麹を加えた米味噌。メラノジンの色は発酵熟成の時間が長くなればなるほど濃い色になる。

食物繊維、大豆サポニン、大豆たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンE、大豆イソフラボン

[check]味噌のおすすめの食べ方
赤味噌・白味噌を料理の隠し味に。
赤味噌を小さじ1杯加えるだけのことでコクが生じる。甘さを加えたい時は白味噌。料理に合わせて分けて利用して。

・野菜スティックのディップ代わりに 味噌ディップ
野菜と味噌は好相性。野菜のカリウムが味噌の塩分を中和させる。
味噌ににんにくを加えるとそれに加えて美味。

おから 食物繊維がギュッと凝縮

色の濃い野菜と合わせてビタミン・ミネラルの補強を。

大豆から豆乳を作るときの絞りかすであるおからは、食物繊維が100g中11.5gととっても豊富。

同量のごぼうの約2倍も摂れます。たんぱく質やカルシウムも、豆乳に比べて2倍以上おからのほうが上。

低GIで血糖値を上げにくく、ダイエットにだって効果を見せてくれます。一方で、ビタミンやミネラルなど水に溶ける大豆製品は取り除かれてしまっていますので、その分だけはそれ以外の食品で補うことを守って。

おからは大豆製品の中において食物繊維のキング。大豆には不溶性食物繊維が多いことにより、絞りかすのおからにたっぷりと食物繊維が残される。

その量は水で煮込んで、大豆と比べてみて約2倍。食後の血糖値の上昇を抑制し、肥満になりにくい体に。

食物繊維、カリウム、カルシウム、大豆イソフラボン、大豆オリゴ糖

[check]おからのおすすめの食べ方
おからご飯で食物繊維を強化&糖質カット。
白米2合+生おから100gに、米2合分の水量+100mlを入れて炊く。
味への影響はほとんど見られなくて、食物繊維強化と糖質オフがもたらされる。

おからパウダータイプは保存が利いて使いやすい。いろいろある料理に振りかけて利用できる。
丸大豆100%が原料の乾燥おから。食物繊維、たんぱく質、イソフラボンなど大豆の栄養がたっぷり。
おからの食物繊維が水煮大豆の約2倍。

豆腐 良質なたんぱく質がたっぷり摂れる

大豆より消化の理想的なので栄養の吸収率が効果的な。

豆腐は、原料の大豆を粉砕して熱を加え、絞った豆乳をにがりで凝固させたもの。

たんぱく質、マグネシウム、レシチン、サポニンなどは、大豆から豆乳へ多く移行されるのです。

大豆は消化がそれほど良いとは言えない食品に違いありませんが、豆腐に変わってしまうと吸収率がこれまで以上にアップし、92~98%が消化吸収されるのです。

豆腐は水分を除いたら、5割が良質なたんぱく質。けれども、ビタミン類はあんまり含まれていないことから、ダイエットのことを考えてと単品で摂り持続するのはおすすめできません。

豆腐で摂れない食物繊維をきちんと補うということも大事です。

[check]豆腐のおすすめの食べ方
きな粉と黒蜜をかけて"ホット"なデザートに。
絹ごし豆腐をスプーンですくって器に取り込み、ラップをやってレンジで40秒~1分加熱する。
取り出した後、きな粉と黒蜜を好きな量をかけて。
大豆たんぱく質、大豆レシチン、大豆イソフラボン、マグネシウム、大豆サポニン

凍り豆腐(高野豆腐)の栄養価は木綿豆腐や絹豆腐よりはるかに上

塩分カット&カリウム増量。生の豆腐を凍結して熟成、乾燥。

鉄分やカルシウムをたっぷり含んでいる。湯戻しいらずで手間なく調理でき、軟らかな食感。湯葉の栄養も同じくらい。

豆乳 イソフラボンのこまめな補給に

単品の過剰に摂取はNG。足りなくなっている栄養素を補う。

イソフラボンやたんぱく質も摂れる。コレステロールはゼロと、豆乳のメリットはいっぱい用意されています。

だからと言って、これだけを過剰に摂るというのは避けた方が賢明です。同じたんぱく質でも牛乳やヨーグルトで摂れる動物性と豆乳の植物性では、アミノ酸の種類が違い働きも違ってくるのです。

両方をバランスよく摂ることが必要な。豆乳には大豆の食物繊維がほとんど残されていませんから、その他で補うということも必要となります。

大豆に含まれていないビタミンAとCを野菜や果物で摂るとこれまで以上にパーフェクト。

[check]豆乳のおすすめの食べ方
1日200ml以下が基本。食物繊維などその他の栄養素と一緒に摂って。
理想の朝食例。豆乳のミルクティーに、動物性のヨーグルトとビタミンCの果物をプラス。

野菜がたっぷりのスープには茹で大豆をトッピング。
大豆レシチン、大豆たんぱく質、大豆オリゴ糖、鉄、脂質、大豆サポニン、大豆イソフラボン

豆乳の種類などによってイソフラボンの量は違う。
厚生労働省で推奨している大豆イソフラボンの1日の摂取量は70~75mg。
・無調整豆乳 200mlあたり、約60mg
・調整豆乳 200mlあたり、約40mg
・豆乳飲料 200mlあたり、約20~50mg

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。