お金の不安がなくなる未来のためのお金 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 貯められる貯蓄術

お金の不安がなくなる未来のためのお金

この先の人生やお金のこと。考えれば考えるにつれて、何となしに不安になる気持ちを抱く人

この場を借りて原則的なお金の流れを認識して、不安のひとつひとつ攻略。

20代に就職・結婚・出産 保険

一口に保険と言いましても「死亡保険」「医療保険」「がん保険」「傷害保険」など、種類はいろいろある。

人生のひとつの節目で新規加入やプランの見直しをおこなう。

既婚者は「子供はいつ頃、何人欲しいか」など、生活設計を夫婦で意思の疎通をはかって保険を選択する。

独身者は、病気やケガで倒れた状況での入院保険や医療保険が充実していると安心。

30代 子供の教育費

子供が大きくなるにしたがって、学費だけに限らず習い事や塾の費用などがビックリするくらいかさばる事に。

一般には教育費は子供1人につきまして1000万円以上が必要になると公表されている。

学資保険に入るとか、子供が小さい内から下準備する。ちなみに、学資保険は加入時の年齢に上限を設定しているものがほとんどですから注意をはらう。

40代 住宅購入、住宅ローン

住宅ローンは所得だけに限らず、勤続年数も審査の対象にして。

マイホームの購入を考慮している人は、転職のタイミングには注意をはらう。住宅購入後は固定資産税やリフォーム代が掛かってくるというのだって注意。

賃貸派は、終の棲家も考慮。配偶者が死別した場合についても、必要に応じて対策をとって家賃が払えることに気を付けて下準備する。

50代 親の介護

親の病気や介護はいつか向き合う問題。

親と離別して暮らしているケースになると、介護費用に加えてお見舞いや介護のための交通費が支払うことになることも。

そのようなときの費用はどなたが負担するのであろうかなど、兄弟や家族みんなで前もって取り交わしをする。

会社勤めしている人は介護休業や公的サービスを活用するなどし、仕事は状況が許す限り継続する方向で。

60代 定年退職、年金支給開始

個的年金には、基礎年金と呼ばれる日本に住む20歳~60歳の人全員が加入する「国民年金」だけじゃなく、事業所に勤務している人が対象の「厚生年金」、公務員や私学教職員が対象の「共済年金」が存在する。

自分はいくら受けることができるかをシュミレーションを行なう。

年金受給の年齢(65歳)となる前に定年退職する場合には、受給するまでの生活費を貯める。

出産

妊婦検診、出産費用など、妊婦・出産に掛かる費用には健康保険が使うことができません。

しかし、費用の一部を自治体が助成してもらえます「妊婦検診補助券」や、子供1人に付き42万円が得られる「出産育児一時金」があることから、出産そのものにはそれほどお金がかからない。

出産後はミルク代やおむつ代が必要になってくる。子供の洋服はできる範囲でお下がりなどの手段で、出費を抑えつける。

学資保険に加入するならば早目がおすすめ。

結婚

結納・挙式はするつもりか。どういったやり方での規模にするべきか。

新婚旅行や新居はどうするのであろうかなど、結婚がまとまると二人の価値観を大切にしながらも、間もなく始まる2人の生活に無理が生じないよう努力する。

また、結婚するに当たって、お金に関しての価値観や奨学金の返済、借り入れの有無というものをよく確認しておくことだって大事。

子供の教育費

保育園や幼稚園から始まり、高校~大学卒業まで、子供の教育費が掛かる期間は、15~20年ほど。

また、教育費だけに限らず塾代や習い事の月謝、クラブ活動費など、子供が大きくなるほど出費も増大していく。

私立の小・中学校へ進学を考えているとすればは、その費用の備えをする。

公立の小・中学校は考えているほどお金が掛からないことから、多少無理してでも貯蓄に回すなどできるだけ早く準備を始め、計画を立てて蓄えておくことが望ましい。

住宅購入

住宅ローンは基本的に長期間払い続けるもの。

物件を見てからローンを見積もるのとは違って、無理がある返済できるローンの額をハッキリさせてから、その限度内で物件を探す。

住宅ローンを借り入れた後に金利が低下した場合は「金利の安いローンに『借り換え』をする」「規則どおりの返済額とは別々に先取りで返済する『繰り上げ返済』を利用する」など、計画的に住宅ローンを完済する。

年金

年に一度、誕生日に郵送で「ねんきん定期便」が届く。

それに記されている「年金加入期間」や「加入実績に応じた年金額」を確認して自分の年金支給額を把握し、老後に必要な生活費(=住居費+生活費-年金額)と比較してみる。

未払いの国民年金の保険料がある場合、過去5年分にさかのぼって支払うことができる「後納制度」がある(2018年9月まで)。

どちらがお得、投資と貯蓄のメリット&デメリット

汗水たらしてお金を貯めたならば、多少なりとも殖やしたいもの。

「株を始めるのは怖いけれども、だけど貯金していたところでお金は殖えないし」とお悩みの方。

投資と貯蓄のひとつひとつのメリット&デメリットを知って、お金と上手に向き合う。

[check]貯蓄
殖やすことより貯めることがメイン。受け取る利息は預金の種類によって変わる。

○メリット
・リスクが少なく手軽に始められる
・元本1000万円+利息は保護される
預け入れと引き出しがいつでも可能な「普通預金」は金利が低く、一定期間引き出しが自由に出来ない「定期預金」は金利が高くなる。
ネットバンクは店舗型の銀行に比べて金利が高めで、日常のお金は普通の預金で管理し、貯蓄は定期預金やネットバンクで、など使い分けると良い。
また、万が一銀行が破綻しても、普通預金や定期預金などは元本1000万円とその利息は保護される。

●デメリット
・超低金利で利息は期待できない
・現金価値が変わると貯蓄も目減りする
今は普通預金の金利はメガバンクで0.001%と超低金利。1000万円貯金していたとしても、1年で約80円の利息(税引き後)。
これではATMで時間外手数料を取られるたび、貯蓄が減っていくことになる。また、円安やインフレなどで物価が上昇すると、現金価値が下がるので、銀行からお金を引き出していなくてもお金の価値は目減りしていることになる。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。