間食を食べたほうが良い人とは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食を食べたほうが良い人とは

間食を上手にとるということは、栄養バランスを手間なく整えて体をこれまで以上に健やかにしてくれるのです

それでもって太るはずがありません。

・夕食が、夜8時を過ぎてしまうのが結構多い
・昼食後、眠くなるとか頭の中がボーッとしたりしてしまう
・コンビニエンスストアで繰り返し、飲み物やお菓子を購入する
・食べるというのがお好み、間食もお好み
・肥満傾向で、ダイエットに関心がある
・医者で「血糖値のコントロールが必要な」と言われている
・意図的に無いけれども、痩せてしまいました

どれか1つでもぴったりのこのような人は「間食を食べたほうが合理的」です。

いつもどおりにコンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入することができる物をしっかり召し上がって、それでもって健康に良い。間食の食べ方が存在します。

食と栄養に関しての常識は、科学の進歩にしたがって大きく変わっていきます。

フルーツに含まれる糖分は、血糖値を急上昇しない状態で、召し上がっても太りにくい性質であるのが、発見されました。

現在までフルーツの欠点となっていた「糖分の多さ」の意味がことごとく変わってきたのです。

「糖尿病の人はフルーツはいけません」というような、栄養学では非常識となっていることを信じ込んでいる方も少なくないのです。

間食のすすめ

間食に手を出すと、太る。そういうわけで「おやつ」はできる範囲で辛抱すると、間違いなくほとんどの方がこんな風に思っていることは間違いありません。

実はそうであるとも言い切れません。それよりも間食をとることによって、肥満を防止し、健康になるということも、痩せるということも夢ではなく。

昼食と夕食の間隔が8時間程度空いてしまった場合は、夕食前にお腹はペコペコになると思います。

こういったお腹がペコペコが問題ということなのです。

お腹がペコペコというのは、この次の食事はたくさん食べてみたくなる、このことは単に気分だけという問題ではなく、脳からこの次の食事はたくさん食べなさいといった信号が発生しているから、食欲が理性に勝ち抜いて、夕食を食べ過ぎやすいようになると思われます。

夕食を食べ過ぎる食生活がいつになっても続くと、いっぱいの病気が引き起こされる肥満につながり、老化を加速させてしまったりと、悪影響が体には起こってくるのです。

夕食の食べ過ぎは、体については悪影響を与える結果に。

昼食と夕食の長い間隔が空きやすいように、上手に間食をとることにより病気や不調、肥満や老化に影響を及ぼしている「夕食の食べすぎ」をストップさせることが実現できます。

このことが、間食を一押しする一番の理由というわけです。

食生活の質は血糖値で決定されるのでしょうか

間食を賢く取ることも鍵となっているのが「血糖値」です。

血糖値は「糖尿病の人が気にすべきもの」と考えている人も少なくないと考えますが、今、糖尿病でない人も、血糖値に関しての正しい知識を持つというのはとても大切だと言えます。

病気を前もって防ぐというのができ、ダイエットや仕事の効率アップなどなどたくさんの効果を与えられます。

血糖値とは、血液中のブドウ糖の量を表す数値です。

ブドウ糖は活動するために必要な重要なエネルギー源ですけれども、血液中に多くありすぎても少な過ぎても体は秘める能力を発揮できないのです。

健康な人であっても、血糖値が上がりすぎると、疲れやすくなったりとか、だるくなったりとかしていきます。

一方で、下がりすぎれば、心配になったり思考力や集中力が低下したり、眠気を催してしまいます。

特に睡眠不足ということもないにもかかわらず、昼食後に眠気が見られるという状況なら、それに関しても血糖値の増減が深く関っていると考えられます。

太るか否かは1日の総摂取カロリーによるもの

1日で食べたもののカロリーがあなたの1日分の消費カロリーをオーバーしていたのなら太ります。

摂取カロリーが消費カロリーより少ないと痩せます。摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしないようにするという意識が、体重維持やダイエットの秘策です。

1日分の適切な摂取カロリーは、世代間や性別、体格などによって個人差がありますが、一般的な大人に一致して、朝・昼・晩と空腹に依存して食べたいものを腹いっぱいになるまでも食べれば、例外なしにカロリーオーバーということです。

その食生活を続けえていたのなら、太っていくと言われるのは目に見えています。

それから、昼食と夕食の間隔が長いと、食べ過ぎにプラスして、もうひとつリスクが追加されます。

「より太りやすいものを口に入れたくなる」ことを意味します。

お腹がペコペコの状態とは、「血糖値が下がっている状態」。体がエネルギー不足を察知している状態で、どうにかこうにか食事になった体は、血糖値をグングンと上昇させる食べ物、短い時間でエネルギーに変わる食べ物を欲しがります。

ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)です。

血糖値を急激に上げる糖質は、時間をかけずにエネルギーが発生するのとは反対に、体脂肪にも変わりやすいといった性質を持ち合わせています。

それに加えて、血糖値が急激に上がれば、下がるのも急激になり得る、という人体の生理に基づいて、食事から少し時間が経っただけのことで、また一瞬のうちに空腹を感じて糖質を求めるという出口の見えない状態にはまってしまうわけです。

夕食前のお腹ペコペコは、肥満につながりに抵抗がない食べ物(糖質)をたくさん食べてみたくなるという、怖ろしい欲求をかき立てます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。