間食は我慢づよさから進みだす肥満の悪循環 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食は我慢づよさから進みだす肥満の悪循環

間食で夕食の空腹を上手にカバーすること

こういうのって、肥満に関わりやすいものについての食欲を抑えることが起こります。

そして、1日の総摂取カロリーも適量で充実感のあるものなんです。

すでに、間食(おやつ)を食べないことから辛抱することだって、間食をとってしまった状況にプレッシャーを感じることだって、少しも必要ではありません。

間食で健やかに痩せる知識

それに、目下のところ、ダイエット中の人(1日の総摂取カロリーを習慣的に減らしたい、健やかに痩せたいという人)にだって、間食をご提案いたします。

昼食と夕食の中において「間食」をちょっと召し上がると、夕食より前の「お腹ペコペコ」を抑止することが実現できます。

お腹が空き過ぎていないとすれば、夕食より前に考えて食べる「心のゆとり」が発生するのです。

こういうゆとりが、食欲に関しての防御に違いありません。

何気なく高カロリーのものばっかし手が出てしまうというのだって克服できます。

また、食べ過ぎないことに注意したいという気持ちを助ける。

お腹が空き過ぎていないとすれば、1日の摂取カロリーをご自身でコントロールするというのはさほど困難ではありません。

また、間食で「何かしら栄養素」を積極的にとるということが、その結果体脂肪を落とす事態にも。

これまでの食事からでは不足することが多い栄養を間食でとる意識を持てば、栄養バランスの改善、健康増進、老化対策、それから美容効果も望めるでしょう。

そうするために特別なものを購入したり、通常よりお金を費やす必要もありません。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入することができるものばっかりです。これ食べたいなって意識することなく思うようなものだけを使って、ダイエット食品や健康食品じゃありません。

美味しくてたのしい間食と考えて、「カロリーコントロール」と「栄養補給」をやってみましょう。

このような内容の考え方で、肥満になりにくい、エネルギッシュな体を作るということなのです。

ご飯やパン、麺類(炭水化物)はダイエットの目の敵であるのか

エネルギーに変化しやすいものとすると、「ご飯やパン、麺類などの炭水化物(糖質)」を挙げております。

炭水化物は、体内でエネルギーに変化される3大栄養素とされるもの、生きていく場合に欠かせないものになります。

糖質と食物繊維を合わせたものを念頭において、ご飯やパン、麺類のその他にも、粉もの料理、いも類にいっぱい含まれてます。

この数年で、糖質は健康のことを望むなら体型維持の事を考えても、とり過ぎには用心が必要なものということで、知られています。

肉や魚なんかに含まれている「脂質」をとり過ぎると、脂肪が付くと思いがちだと思われますが、人間の体はそれほど簡単な作りじゃないはずです。

確かに、糖質それこそがひときわ体に「脂肪」を付けがちに、特に糖質ばっかりをとり過ぎるということが「糖尿病」の原因となるといえます。

上手な間食の鍵は、糖質とどうやって付き合っていくだろうか。これから先バッチリと、糖質との上手な付き合い方を自分のものにしていくことが大切なのです。

間食不足のサイン イライラ・ヒステリックを生じやすい

[check]間食の効能とは
仕事や勉強の効率がアップ。間食の効能は、太る食行動(夕食を食いすぎる、糖質をとり過ぎる)にブレーキをかけるだけとは違います。
間食を始めることによって、集中力アップ、このような効果も期待できるものなのです。
お腹が空き過ぎた場合、「何というか頭が働かない・・・」と感じることはないですか。ボーッとしてしまうなど、頭がしびれるといった感じだったり。
これって、血糖値が下がっているときのよく見られる症状です。もうすでに少し触れたことからもわかるように、血糖値が下がると、体はエネルギー不足を感じてしまいます。

特別脳は、糖質を大切なエネルギー源という「大食らい」の臓器なので

空腹になったら、てきめんに働きが鈍くなってしまうものなのです。

何にもまして、健康な人が朝・昼とバランスの取れた食事をしていらっしゃったら、昼食後かなりの時間で、これ以上ないほど血糖値が下がってしまうことはまずあり得ません。

12時に昼食をとり、18時や19時に夕食をとるのだとすれば、間食するまでも無く、自分にピッタリの食事サイクルとなるはずです。

昼食と夕食の間隔が大きく空くともなれば、話は別です。

時間が過ぎるのと同様に血糖値は下がり、脳の働きは鈍くなっていくというわけです。そのようなとき、パッと何かを食べて血糖値が下がり過ぎることを防ぐことが可能であれば、集中力を保ち続けることを可能にするはずです。

何が食べたいなは、辛抱するだけ無駄になります

スルーすることが出来ないというのが、「喉の渇き」と「空腹というストレス」です。

お腹がどうあっても空いてしまった場合は、つまらないことにもイライラしてしまうなど、普段であったら何でもないことが気になってしまうなど。

空腹はそれ自体が人間だったらストレスということで、仕事や勉強を妨げる要因でもあります。

間食=我慢するべきといった発想でいますと、間食をしないで辛抱したときは空腹でストレスが溜まり、間食をしたらしたで食べてしまった状況にストレスを感じると、食べても食べなくてもストレスが発生してしまいます。

ストレスを感じると体は、ストレスホルモンの分泌などといった過剰な働きを加わります。

そういうわけで、ビタミンCなどの栄養素も利用されます。仕事ははかどらず、イライラはつのり、体内の栄養素は浪費され、思っている以上に良いことが見られない。

そういうわけで「間食=体にいい物」と切り替えて、昼食と夕食の中ごろ、夕方の時間帯にふさわしい間食をしたなら、そういうことの問題があれもこれも解決してしまうことになるのです。

上手な間食で「集中力の維持」が期待できるように。

脳は大食らいの臓器

人体の生命も活動も、脳によってコントロールされているのです。

そして、その脳を働かせる栄養素が「糖質」です。その他の臓器は、たんぱく質や脂質を通してもエネルギーを得ているのですが、脳に限っては糖質から生み出されるブドウ糖が主なエネルギー源です。

個人差は見られますが、脳の消費カロリーは全身の消費カロリーの約18%を占めると言われます。

脳は、ブドウ糖ばっかり食べる「偏食家」であると合わせて小さいながら大半を欲する「大食らい」の臓器の側面もあるのです。

脳を間違いなく働かせることを考えれば、何がしかの糖質を摂取する必要があるのです。

脳がブドウ糖を取り込みづらくなッた状態が、「アルツハイマー型認知症」です。

そうするために、ブドウ糖に代わる脳のエネルギー源として脂質から作り出されるケトン体が注目を集めているのですが、それはどちらにしても代替物。

まず、ピッタリな量のブドウ糖を脳に供給することを果たす為に、栄養バランスを考えること。

上手な間食は、「アルツハイマー型認知症」予防にだってつながるといえるのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。