間食でしたらいち早くとれる5つの栄養 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食でしたらいち早くとれる5つの栄養

間食で栄養補給というような発想が健康のカギ

すぐ疲れる、いきなり体調が悪化する、スタミナを欠く、ストレスだと感じる傾向が強い、肌荒れや冷えが見られる、というような状態の人にも、間食は効果的です。

日常的な食事では不足することが多い栄養素を間食でとるというような発想を持つことこそが、毎日の生活、健康状態を改善してくれるでしょう。

いつでも食べている、ご飯やパン、麺類はとてもたくさん食べているというのに、野菜はあんまり食べてなかったり、肉ばっかり食べて魚が足りていな、食習慣において海藻やナッツ類や乳製品がほとんど含まれていないことなどありませんか。

この食習慣だったら、体に絶対必要な栄養素をバランスよくとれているとはいえません。

食べるものには苦労しなくなってしまった現代、ビックリすると思いますが「お腹いっぱい食べていたとしても栄養失調」といった、食い違う現代の側面もあるのです。

それを克服する意味を含めても、間食は効果的です。

栄養面のみで判断すれば、今、間食をまるっきりとっていないとしても、「間食をとったほうが健康に良い」といえるぐらい、この「栄養バランスの偏り」はゆゆしき問題です。

ほとんどの場合、間食は三度の食事とは違ったものを食べると言えるのではないでしょうか。

まさにそれが、十分でない栄養素をカバーするチャンスでもあります。間食が理想的な栄養バランスというものは。

間食で何よりも摂りたい栄養素

[check]ビタミンC 食事で生の野菜やフルーツを摂らないと不足しがち
ビタミンCは、老化防止に効果が見られる抗酸化物質。肌や骨に弾力を持たせるコラーゲンの生成に必要不可欠な。また、ストレスに備えるためのコルチゾールというホルモンの材料にもなるため、ストレスが溜まる人ほど欠かせないビタミン。間食でフルーツをとったら、ごく自然に補うことが叶う。

[check]カルシウム 乳製品や小魚をちゃんととる
カルシウムは、骨や歯の材料となるほか、筋肉や血管の機能向上、神経伝達物質の分泌、体内に入ってしまった有害物質の排泄などに対しても効果を見せてくれます。また、カルシウムはストレスを感じると消失するミネラルですので、ストレスが多い人ほど意識してとることが重要である。ヨーグルトやチーズというような乳製品なら、コンビにだって購入できる。

[check]鉄 疲れることが多い、女性は何よりも意識してとる
鉄というと、なんといっても血液というイメージが強いと思われます。それは、鉄が赤血球中のヘモグロビンを作り上げるから、ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ作用を行なっている。その材料とされる鉄が不足すれば、体が酸欠状態が発生して疲れることが多い。頭がボーッとしちゃうなど、つまりは貧血の症状を発生させます。プレーンやレーズンだったら間食で手間をかけずに食べれますし、鉄分をパワーアップさせたヨーグルトなんかも今の時代いろんなところで手に入れることができます。

[check]マグネシウム・亜鉛 ナッツ類をとらなければ不足ぎみに
マグネシウムは、ビタミンB群の働きを助けるとか、体内の多岐にわたる代謝や神経伝達物質の生成をバックアップします。そういう理由で、エネルギーの産生、ホルモン分泌から脂質代謝、動脈硬化抑制まで、一番大事な生命維持機能に必要不可欠。そして亜鉛は、さまざまな代謝を担う酸素の働きに欠かせなくて、亜鉛が不足していては細胞が作れない、と言われるくらい大切なミネラル。欠乏すれば味覚障害に限らず、免疫力低下、皮膚炎、うつ症状などを発生させます。マグネシウムや亜鉛は、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれている。

体は食べ物がベースになって作られています。体にちょっと不調が見られるときにも、食べるもの(とる栄養)を創意を加えることを通して、改善できる症状がございます。

[check]むくみ
カリウム(フルーツ、豆類、ナッツ類、海藻)、サポニン(きゅうり、すいか)

[check]便秘・下痢
食物繊維(海藻、緑黄色野菜、いも類、フルーツ)、乳酸菌

[check]胃の不調
ムチン(やまいも、オクラ、うなぎなど粘り気の強い食品)、ビタミンU(キャベツ、レタス)

[check]疲れ
たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB、クエン酸(柑橘類系のフルーツ、梅干し)、パントテン酸(レバー、納豆、はちみつ)

[check]抜け毛
亜鉛(牛肉、豚肉、えび・イカ類)、鉄、マンガン(しょうが、日本茶、しそ、しじみ)、ビタミンB

[check]肌荒れ
ビタミンC、ビタミンA(うなぎ、卵、緑黄色野菜)、ビタミンE(ナッツ類)、ヨウ素(海藻)

[check]爪が割れる
ビタミンA、カルシウム、ビタミンB(豚肉、レバー、大豆製品)、葉酸(緑黄色野菜。のり)

[check]目がかすむ
ビタミンA、アントシアニン(ぶどう、ブルーベリー)

[check]冷え
ビタミンE、鉄分(レバー、青魚、納豆、海藻)、カルシウム、マグネシウム

間食でアンチエイジング・長生き

特に中年をオーバーしたら間食は頑張ってとることが重要になります。

若いころからの食習慣の積み重ねが体の不調が現れて、発症しやすくなってしまうからです。

そして、ちょっとした不調が病気に関わりやすいので、厚生労働省発表では、高齢者で介護が必要になった方が見られる原因の約10%が「骨折転倒」です。

若い間は骨にもしなやかさがあることから、カルシウムがある程度まで少ない場合でも、骨折迄は至っていないでしょうが、高齢になったら変わります。

何よりも女性は閉経を迎え入れる50歳前後から骨量が信じられないくらい減っていくし、60歳代でしたら2人に1人、70歳以上に差し掛かったら10人に7人が骨粗鬆症になるというのが一般的です。

これになると女性ホルモンの作用も少なからずあると考えます。しかし、軽く転んだだけのことで骨が折れてしまうのでは、やっぱり「カルシウム不足」です。

また、ビタミンDと必須アミノ酸、特にロイシンを間食がベースになって補うことができれば、筋力アップへとつながります。

骨を支える筋肉を鍛えることを通して、骨折やそうした後始まる「寝たきり」をストップさせることが間違いなくできるのです。

もしくは、現在のところ、とんでもなく人口が拡大している「認知症」の予防にしても、食事の食べ方、間食の食べ方が影響を与えているのです。

将来の50歳過ぎの方は、特に前向きに「今、自分にとってどうしても必要な栄養素」を対象として、食べるもの、食べ方を選択する視点を、何としてでも持っていただきたいということなのです。

健康や栄養に向かっての知識を深めるにつれて、まさしく間食こそ、より一層の健康増進のチャンスだということを、一層感じられるに相違ありません。

食欲減退によって、意図せざる体重減少がもたらされる方にだって、間食はぜひともおすすめです。

このことは高齢者に特徴となります。年を重ねると食べる量が減ると申します。本来は食べ過ぎていたとすれば適量にマシになり、健康的に痩せるのならば何の問題もありません。

しかしながら必要最低限の量を食べられなくて、栄養バランスが悪くなって、痩せこけてきちゃう方も少なくなりません。

そこで取り入れたいことが、満腹感は生じないのだけれど、栄養価が高くなりエネルギーになりやすい間食です。

食べる量が減ってしまった人からすれば、この間食はうってつけです。

高齢者の食欲減退に取りましても、間食はかなり有効性の高い栄養補給法です。

高齢ともなれば、やがて筋肉量が減っていきます。男性に照らし合わせて女性のほうが深刻な事態につながりやすいというのは、元々の筋肉量が少ないことであります。

ちょっとした食欲減退などによって、体はいきなりたんぱく質不足、筋肉量不足が生じていきます。

筋肉は、全身の骨を支えているわけです。筋肉量が減るとバランスが悪くなって転びやすくなって、骨折もしやすくなっていくのです。

転倒して大腿骨も骨折してしまうと、それを契機として寝たきりに転じて、ベッドの上で余生を過ごす恐れもあるでしょう。

寝たきりを防ぐことを願うなら、高齢者は頑張ってでも間食をとるという意識が、体のため長生きを望むなら良いでしょう。

間食がピンピンコロリを現実にします。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。