間食で血糖値コントロール 血糖値がやや高い人でも – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食で血糖値コントロール 血糖値がやや高い人でも

間食を適度にとることによって、栄養バランスが良くなり1日総摂取カロリーをコントロールする

食間の空腹を避けるのであれば、間食をおすすめします。

体質的に肥満になりやすい人、今もうすでに肥満の人も、間食をするようにしましょう。

積極的に間食をとるほうが、太りづらくなるのです。摂取カロリーを抑えるということが間食をとることから可能であります。

もうすでに血糖値がやや高い、それから進んで、糖尿病に見舞われてしまった。食べるものをしっかりと選べば、やっぱり間食をしてもかまいません。

日本糖尿病学会のガイドラインだと、間食は推奨していないようですし、医療現場においても間食は避けるように指導しているに違いありません。

正しい知識がない間食は避けた方が良い、といったことは間違いないです。

けれども、糖尿病学会のガイドラインは、禁止事項が多すぎ、糖尿病が発生する多くは、本当は「食べることが大好き」である人たちになります。

それを糖尿病学会は、「あれもストップ、これだって我慢」と言い過ぎると思ってます。

こんなんでは毎日の楽しみも薄れがちに、何のことを願っての糖尿病治療か、ということになりかねない。

糖尿病で悪影響を及ぼすというのは、「食べること」そのものずばりではなしに、「食べた結果として、血糖値を急激に上げてしまうわけです」。

血糖値を急激に上げず、1日の総摂取カロリーの範囲内で食べられれば、間食をやっても問題はないわけであります。

ここまで、「絶対にダメ」であった間食が、食べるものや食べ方などによって「OK!」としたなら、毎日がこれまでより幸せな気持ちになると感じませんか。

運動でスッキリ痩せるのって難しいのでしょうか

「運動で代謝を上げて、体重や体脂肪を落としたいものです」についてを聞き及びませんか。

そのように言われると、運動をきっかけに筋肉量が増加すれば、代謝量はアップする。代謝が活発に陥ると脂肪が燃えるイメージも、言い過ぎにはなりません。

であっても痩せるほど筋肉を付けて代謝を上げたり、運動などを通して痩せようとするのって、簡単ではない。

はっきり言って、ダイエットに効果があると言われているウォーキングだって、標準体型の大人が30分間歩行しても、消費カロリーは80~150キロカロリー程度、お茶碗1杯(140グラム)のご飯のカロリー(235キロカロリー)にも遠く及びません。

それを考慮に入れるとまったくもう、ダイエットの要は運動ではなくて食事ということです。

どんなものを食べるか、いついくらくらい食べるか、だということなんです。

最近の研究で、同等のものを食べたときにも、食べ合わせのせいで脂肪蓄積の度合いが変わってしまうというのが分かってまいりました。

食べ合わせを創意工夫し、不足することが多い栄養素を間食できちんと補うことによって、体に溜め込んだ脂肪を落としたいものです。

間食生活食べる幸せな気持ち

ビックリするほど魔法だ、時間が掛からない、美味しいままで、楽しくて、健康を取り返すコツ。

間食は今の時代に生きるわたくしたちが、より健康に、より幸せにたっぷり用意されている毎日を過ごして行くチャンスでしょう。

いままで抱いていた「間食を辛抱するイライラする気持ち」も「間食してしまった罪の意識」も、本来まるっきり何の意味もないもの。

間食をするというのが、仕事の効率を上げ、健康を育成し、老化を防止し、それに加えてダイエットにまでつながるからだと言えます。

そんな意味からの間食は「高品質の食べ物」だということは必要ありません。本当のところは食べたくないものを「健康のことを考えて」に食べるのはぶっちゃけて言えば気に食わないですし、そういうことから巨額なお金を掛けるのだって、気乗りしないと思います。

またそんな感じで制限をかけ、ストイックにすればするほど、「間食を食べた」といった満足感にもつながりにくくなっていくというわけです。

大好きな物、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入できる物を気楽な気持ちで摘むことが、「間食の素晴らしさ」なわけですから。

間食の強い味方食品表示の見方

「この食品がたくさん入っているものをとったほうが効果的」「この栄養をとったほうがすばらしい」というのを述べてまいりました。

けれども、一般的な食品の「入っている成分の多い・少ない」を知るためには、どのようにするのでしょうか。そんなのは、パンやおにぎり・お菓子のパッケージの裏面に目をやると一瞬でわかります。

「栄養成分表示」と「原材料名」。

栄養成分表示には、エネルギー、たんぱく質、炭水化物、ナトリウムの量が書かれています。

また「原材料名」は「とてもたくさん使っている材料ほど前に、少しだけしか使っていないものは後ろに書く」というようなルールを挙げられます。

厳密な量は見当が付かないまでもが、どの材料が多目なのだろうか、推測されます。

この表示をじっくり見て、食べるものを選ぶ習慣を作るということが、「間食マスター」になるための近道でもあります。

間食は1日200キロカロリーまで

間食にバッチリ200キロカロリーのもの

りんご1個、ポテトチップス3分の1袋、クッキー4~5枚、板チョコ(ミルク)半分、ゼリー1~2個、ショートケーキ半分、おにぎり1個、総菜パン半分~3分の2、ミックスサンドイッチ2切れ。

間食で健康になろう、きれになろう、長生きをしよう、仕事や勉強の効率を上げよう、と思うと一番気にしなければいけないのは、やはり「量」です。

間食でそれとは逆に太ってしまうことになると元も子もございませんし、間食に影響を受けて三度の食事を辛抱するというものはイヤです。

また、食べ過ぎれば後になって、眠気を誘発してしまうことから、間食の「良い効果」がさっぱり失われてしまうことになります。

間食にピッタリ合う量は、エネルギーに換算して、「1日200キロカロリーまで」。

それよりもっと食べると、いかに間食をとるために夕食の食べ過ぎを防げるとしても、1日の総摂取カロリーが高めになるかも知れません。

近頃では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで市販されている商品の大半に、「カロリー」が表示されているわけです。

表示が不足していても、インターネット検索で一般的なカロリーを知ることができます。それを参考に、200キロカロリーの量を計算しましょう。

ただし、「200キロカロリーをオーバーしているものはNG」と四角四面に考慮する必要はございません。

のこり半分を翌日に回すといったことも可能になります。「カレーパン(1個約330キロカロリー)を食べたい」ときには、具の部分は8割方食べて、パン生地の部分を残すなどしたなら、表示よりも摂取カロリーを減らすこともできるはずです。

ここで必要になってくるのは、食べたいものを200キロカロリー内に収める発想になります。

断念することなく、食べようと考えた分量だけにより間食をストップされる簡単な方法が存在するのですよ。

間食で満腹はNG少しの量でも楽しめる食べ方を選ぶ

200キロカロリーに制限しなくとも、間食で満腹として置けば、夕食の量を減らせるのではないか、もしかすると夜は食べなくても済むかもしれない、何て思う方もいらっしゃるのかもしれません。

ところがどっこい、ほとんどの場合そううまくは行きません。間食から夕食までに4~5時間ほど空けば、またお腹が空いてくるにちがいない。

何一つ飲食せずに夜の時間をやり過ごすというのは、思っている以上に不可能だと思います。

それで、誘惑に敗北して夕食や夜食を食べてしまいますと、「1日4食をバッチリ食べた」くらいの摂取カロリーとなってしまう。

そんな事態は避けなくてはダメなのです。また、かりに夕食を抜くことが可能だとしても、夕食でとれる分の栄養素が完膚なきまでに抜け落ちてしまうのも避けた方が良いでしょう。

3食+200キロカロリーの間食、というようなモデルをちゃんと持つことが、たのしい間食の基本的な法則です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。