スマホ姿勢を改善

投稿日: カテゴリー: 活気ある体をしっかり作る

スマホ姿勢を改善

年をとると猫背は治らない

パソコン、スマートフォンが普及し、ビジネスシーンでも日常生活でも不可欠なものになったことで、現代人の姿勢の悪さが指摘されることが多くなっています。

特にスマホについては、画面を覗き込むために首を曲げて背中を丸めることが多く、"スマホ姿勢"といった言葉があります。

パソコンを使って、デスクワークをする、キーボードを打つために両腕が前に出て、ノートパソコンだと画面を見るためにやや顔が下を向くというのは、自然な動きに。

肩、頭が前に出て少々背中が曲がるのは、パソコン、スマホを使うための正しい姿勢ともいえます。

これを無理に正し、「顔を上げ、肩甲骨を寄せる作業をする」というと、疲れてしまい、仕事の効率も悪化します。

しかし、スマホ姿勢そのものはよくありません。

いけないことは、習慣化して普段のとき、正しい姿勢に戻れなくなることです。

猫背の姿勢が続くと肩こりなどの原因になり、外見から老けて見られたりしてイメージ的にもマイナス要因に。

背筋が伸びているほうがスタイルよく見られます。ファッションも楽しめることでしょう。

それに猫背のまま年齢を重ねていくと、治すことが非常に難しくなり、内臓にも大きな影響を及ぼすことになります。

なぜ、猫背になってしまうのか

40代、50代の猫背は、筋力不足と筋肉の柔軟性不足が原因と考えられています。

これは、筋力トレーニングとストレッチで早いうちに解決することが可能です。

しかし、猫背の状態が続いて骨の形が変わってしまうと元に戻すことは極めて難しいです。

人間の背骨は、椎体と呼ばれる円柱状の骨が積み木のように重なって形成されています。

猫背の姿勢は、この椎体の前部(肢側)に圧が掛かった状態です。猫背が長く続いたまま年齢を重ねて骨粗鬆症になると、この椎体の前部が潰れ、横から見ると四角形だった椎体が三角形に近くなってきてしまいます。

筋力の不足、柔軟性不足だけでなく、骨の変形が猫背の要因になります。

こうなってからでは、いくら筋力トレーニングやストレッチを行っても、パソコンやスマホを使うときに猫背気味になるのはやむを得ませんが、その姿勢が日常的なものにならないことが大事です。

猫背になる主な原因は、体の背面の筋力不足。

パソコン作業の後、肩甲骨を内側に寄せることが出来ないで外側にあるままになってしまうのは、僧帽筋や菱形筋と呼ばれる背中の筋肉が弱いからです。

肩甲骨を寄せた状態を続けると疲れるのも、僧帽筋や菱形筋の筋力が足りないことが原因ともいえます。

普段の生活では僧帽筋や菱形筋の筋力不足を意識することはないと思いますが、腕の筋肉ある人にはたいした重さに感じない2kgのダンベルが、腕の筋肉がない人には重く感じるというのと同じです。

猫背の自覚があるなら、この僧帽筋と菱形筋を鍛えると良いです。もっともベーシックなものが「ダンベルローイング」トレーニング。

ソファやベンチなどに片手・肩膝を着き、背中を床面に対して平行にします。

もう片方の手でダンベル(または水を入れたペットボトル)を持ち、肩甲骨を寄せるようにしながら、肘を引き上げます。

運動不足が骨粗鬆症を招く

猫背のもう1つの原因に、大胸筋の柔軟性不足があります。

加齢と共に硬くなりやすい筋肉ですが、大胸筋が硬くなると肩が前に引っ張られてしまいます。

手を背中の後ろで組んで腕を後ろに向って伸ばすストレッチを定期的にやるようにすると、柔軟性を保つことが出来ます。

椎体が潰れてしまうことを防ぐには、骨粗鬆症の予防も大事になります。

骨粗鬆症の原因は、主にカルシウム不足と運動不足です。カルシウムは筋肉を動かす際にも必要なものです。

これが体内で足りなくなると、体内では骨を溶かして血液の中のカルシウム量を一定に保とうとするのです。

そのため、食事制限する過激なダイエットや極端な偏食によってカルシウムを摂取していないと、骨粗鬆症が進行することに。

運動と骨粗鬆症の関係は、骨に刺激を与える動き(運動)をしないと、骨密度は低下してしまいます。

これは、年齢的に若いほど大事なことです。強い骨を作るためには、運動が大事。

骨に刺激を与えるためには、ある程度インパクトのある刺激を(運動)が必要です。

高齢になっても、背筋がピーンと張って伸びた姿勢いられるように、適度な運動とバランスの良い食生活を。

40代以上が危ない 8割が20年後に要介護になる

「ロコモ」という言葉を聞いたことがありますか。

ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称です。

現在は自立できているが、近い将来、要介護になる危険性が高い症状を持っている状態、すでに要介護になってしまっている状態を表します。

厚生労働省が2003年から国民の健康づくり運動「健康日本21」という施策を行っていますが、その第1次計画(~2013年2月)で目指していた目標の一つがメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の認知向上でした。

スタート時には2割程度だった、認知度は最終的に9割まで上昇しました。

そして、健康日本21の第2次計画で認知度向上を目指しているのが「ロコモ」。

40歳以上の男女の5人に4人がロコモ予備軍だといわれています。現在の40代が今のままの生活を続けると、約20年後、60歳になる頃には、筋肉や骨、関節など体を動かすための運動器が衰え、自立した生活が難しくなると言います。

今の40代には"貯筋"がない

現在60代の人たちと40代の人たちを比べてみると、成人になってから60代になるまでの約40年間の、世の中の便利さがまったく違います。

電車やバスなどの交通機関がかなり充実し、エレベーターやエスカレーターは至るところに設置されています。

車に乗られている方も多いでしょう。都市圏で生活していると、歩くことや階段を上ることを避けようと思えばいくらでも出来てしまいます。

世の中が便利になったことで、現在の40代は60代に比べて、筋肉つまり"貯筋"がない状態なのです。

そして、これからの20年はさらに便利になっていくことが予想されます。

自動運転カーが導入されれば、アクセルすら踏まなくなり、近い将来、パソコンのキーボードだって、叩かなくなるかもしれません。

家事もロボット任せに出来てしまいます。

世の中が便利になるのはよい事ではあるが、頼りすぎるとロコモになる可能性が非常に高くなってしまうのです。

厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命は、男性が80.5歳、女性が86.8歳です。

医療の発達を考慮すると、この数字はまだ延びるでしょう。現在40歳の男性が90歳まで生きるとして60歳で要介護となった場合、そこから30年生きることになります。

さらにロコモによって運動が出来なくなってしまうと、メタボや認知症を併発する可能性も高くなります。

ロコモは深刻な問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。