間食を過食しないことを願ってのアイデア – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食を過食しないことを願ってのアイデア

間食過食しないを意思のパワーに任せない

1.初めに取り分ける
2.買い置きをストップする
3.適量を見て認識できるようにする

この手法で我慢なく適量で間食を止められます。

間食は200キロカロリーまで、スナックの大袋を開いて、半分で間食を止どまるのは、無理がある。

気がつくと1袋食べてしまっていたなんてことになってしまいがちに。

「どうしたって口さみしくて、ズルズルと口に入れてしまう」というような。

仕事に左右されてぜんぜん、外出するわけではなく、ず~っとデスクにかじりついて仕事していると「食べること」くらいしかうっぷん晴らしのやりようがない。

このような内容のスタイルだったら、せっかく「200キロカロリーまで」と目標を立てても、気がつくとオーバーしているはめになりがちに。

そのために、アドバイスを「1日に食べる量を、なにより取り分けてから間食に手を付ける」。

非常に簡単で当たり前の話ですが、それほど簡単には実行している人は多くありません。

量を前もって決めてしまえば、それをズルズル食べようが、あっという間に食べようが、摂取カロリーは一緒です。

間食は食べて余っている分を翌日に回そう

大袋のまんまスナックを食べているうちに、「これで終わりの1個にしていこう」なんて言ってはいるものの2~3個食べてしまうなど。

どんだけ食べたのかということを認識できず、知らず知らずのうちに食べすぎといったケースにつながりがちとなります。

最後に取っておくというのではなく、最初から取り除けるわけです。

これに関しては、「1ヵ月暮らして観て、余っているお金は貯金に回そう」というような貯金がうまくできないみたいなものです。

途中まで食べて残そう、などというのはよっぽど意思を強く持っていないとやるべきではありません。

条件通りの対策も貯金と変わらない。食べ始める前に、その日の間食で食べる量を取り分けてしまうわけです。

間食に関しましては、意思のパワーに任せないということが何にもまして大切だと考えています。

[check]間食の適量をひと目で量る方法
カロリー表示のあるものに関してですがそれを活用して1日分の間食の量を決まりますが、その中にはカロリーが書かれていないものも存在します。
そういうときのことを考えて、間食用のお皿をはっきりしておくと役立ちます。
「1日の間食はこのお皿に1杯のみ」と決めてしまうわけです。

そのお皿の大きさの目安は「両手の人差し指同士、親指同士を合わせて輪っかをつくった大きさ」です。
この大きさのお皿に肩を並べるくらいだったら、ある程度まで高カロリーのものでも食べ過ぎの恐れはなくなって、食べた量を確認できるため目安にもなるはずです。

間食のNG 絶対条件として買い置きしてはならない

カロリーオーバーにブレーキをかける、簡単なコツとは。

「自分が何となく食べ過ぎるもの」は、買い置きNGです。

「チョコを食べだしたら止められない」「ポテトチップスはいつの間にか1袋口に入れてしまう」
「おかきはどんどん手を伸ばしてしまう」。

例外なしに「やめられない。止まらない」とでもいうべき食べ物があると思われます。

すぐそこに好きなものがいっぱい出ていれば「食べ過ぎて苦しい」となってしまうまで食べてしまいやすいもの。

もし間食用のお皿に「1日分」のみ取り分けたにしても「今日くらい」などという、つい2皿目に突入してみたくなるかも知れないのです。

それを避けるためには、「好きなものであるほど、買い置き止める」というのが効果的なのです。

お買得感もまた、食べ過ぎが引き起こされる一要因になっています。

どんなにスーパーで安価になっていたとしても、お徳用パックだったとしても、シカトしましょう。

間食に食べるものを決める場合には、自分の「好み」について傾向と対策を練っていたなら、より万全ということなのです。

自分じゃ食べ過ぎるものは買わないものの、頂き物が身近にあると、つい手を伸ばしてしまうこのような方もいることと思います。

そのようなときにおすすめすることが、「横流れ対策」です。

失礼じゃない方だったらお客様本人にお出しします、この次の来客にお出しします、オフィスだったら周囲の席の人に分ける。

そんななんてことはないアイデアで食べ過ぎにブレーキをかけることが難しくありません。

いただいたほうもハッピーな、糖質が多い間食を回避することができる私だってハッピーなわけであります。

「自分が食べる量を少なくしたいから」といった下心はほんのちょっとズルいと思うかも知れませんけど、相手が喜んでくれるならば、そのことも結構なことであります。

間食のメニューに決める最大のポイントは

普段の間食では、どういった物を食べる傾向にありますか。

定番品からみれば、クッキーやマドレーヌ、菓子パン、チョコレート、大福やどら焼きやかりんとう、しょっぱいものが好きならおせんべいやポテトチップス、というところでしょうか。

ほとんどの場合多くの方が間食としては、「甘い物」「スナック菓子」と感じているのでは、であっても実はこの「思い込み」が正に、間食で太る一番大きい原因です。

間食でコントロールすることが望ましいは何にもまして「糖質の量」です。

空腹時は何はともあれ体が糖質を欲して、その欲求に応じて糖質をドカーンと食べたら太りやすくなる。

この原則として、間食においても当てはまります。

間食で糖質の高いもの

砂糖や小麦、米、いも類を多く使ったものを食べれば、一気に血糖値が上昇します。

そしてまた一気に血糖値が下降して、空腹感が戻ってきます。

そんな感じで「間食→肥満」という流れが作り出されるわけです。太らず健康にいい間食になると、極力糖質を少なくすることが大切となります。

太らない健康にいい間食の鍵とは

糖質をとり過ぎないこと。

クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子は「小麦粉と砂糖(両方とも糖質)」が主原料です。

菓子パンには、チョコパン、クリームパン、メロンパンとたくさんあるのですが、やっぱり糖質が多めです。

チョコレートも、堅いダークチョコレートじゃなかったら、砂糖がたっぷりと使われているわけです。

また、ポテトチップスは、砂糖こそ使われていないのですが、主原料のじゃがいもは糖質です。

和菓子だったらカロリーが低いからOK、と感じている人もご注意ください。

間違いなく、たくさんの和菓子は洋菓子よりもカロリーが低めに違いないでしょうが、糖質と言う観点からとらえてみると、思いもよらない側面が見れます。

どら焼きの皮は小麦と砂糖、大福の皮は餅米が主原料です。

あんこの原料、小豆は豆類とは言え、たっぷりの砂糖と一緒に炊かれています。かりんとうは小麦と砂糖の生地を油で揚げて砂糖をまぶしたもので、おせんべいはうるち米が主原料です。

しかも、和菓子は洋菓子よりも血糖値を急激に上下させやすい性質があります。

その特徴は、多少カロリーが低いからといって無視できるものではないのです。

太る間食の共通点とは

間食の定番品はすべて、砂糖と穀類、いも類が主原料であり、糖質の高い食べ物といえるでしょう。

脂肪に変わりやすいという点では、どれもあまり変わらず、毎日の間食でとっていれば肥満の原因になります。

ただし、これらの糖質の多いおやつも「食べて欲しくはない」ということにはなりません。

「食べ過ぎなければいい」だけなのです。

体内に入った糖質は、ある栄養素を一緒にとることを通して、よりエネルギーに変わりやすい(脂肪として蓄積されにくい)ということが分かっています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。