体温が上がりすぎると脂肪燃焼の妨げ

投稿日: カテゴリー: 活気ある体をしっかり作る

体温が上がりすぎると脂肪燃焼の妨げ

汗をかく=脂肪が落ちるは勘違いボクサーの減量とダイエットはまったく別物

汗をかいた分だけ「脂肪が燃焼する」「お腹が凹む」と思っていないか。

だが、かいた汗の量と脂肪燃焼量と比例関係はありません。

大量に汗をかいたからといって脂肪がたくさん燃焼するわけではなく、逆に汗をほとんどかかなかったからといって。脂肪が燃焼していなわけでもないのです。

脂肪を燃焼したいから、「厚着してランニングする」「サウナで汗をたっぷり出す」ということは効率的ではありません。

もちろん汗をかくことは気持ちが良いことですし、ストレス解消にもなるでしょう。

脂肪燃焼効率を考えると、必ずしも汗を搾り出す必要はないのです。

「ボクサーの減量=汗を出す」のと、運動をしていない人がお腹を凹ませる、ダイエットはそもそも似て非なるもの。

計量を目前に控えているボクサーは、日々の節制やトレーニングですでに体脂肪が落ちた状態からさらに減量を目指すため、水分を抜いて一時的に体重を減らします。

サウナスーツは脂肪を燃焼させるのではなく、汗を流して体内の水分を抜くのが目的です。

一般人が水分を体内から出して一時的に体重が減少してもまったく意味がないのです。

人間の体の中には「リパーゼ」という脂肪を燃焼させる酵素があります。

リパーゼの働きは体温が通常の状態よりも1度~2度高いときにもっとも活性化するといわれます。

たくさん着こんで運動をすると体温が上がりすぎて、リパーゼの働きが悪くなって脂肪燃焼に適さない状態になります。

サウナに入っていると同じで、脂肪燃焼の効率だけを考えると効果的ではありません。

運動中は、速乾性・通気性にすぐれたウエスを着て体温をコントロールし、暑くなったら上着を脱ぐ、といったことが重要です。

また、運動時に水分をしっかりと補給することもポイント。

脱水状態になってしまうと、脂肪の代謝効率は極端に低下してしまう。

注意することは、「喉が渇いた」と感じたときにはすでに脱水症状が起きています。喉の渇きを感じる前に水分を補給することが大切で、運動前、運動中、運動後としっかり水分をとるように。

冷たい飲み物はオーバーヒート状態にある体をクールダウンする効果もあります。暑い時期は特に重要なことです。

補給する水分は水道水やミネラルウォーターで問題ありませんが、かなりの量の汗をかいた場合は、水分だけを大量に摂取すると、血中の電解質のバランスが悪化します。

電解質のバランスが崩れると、体が痙攣を起こしやすくなったり、ひどくなると意識がもうろうとします。

スポーツドリンクなら汗と一緒に体外に排泄したミネラル分も俸給でき、血中の電解質のバランスを整えます。

1日に何リットルも飲むわけではないので、大量に汗を出したらスポーツドリンクのカロリーを心配するほどではありません。

一般的のスポーツドリンクの糖度は8~12%程度なのですが、これは水分の吸収率がもっとも良いとされている数値。

ある程度糖質が入っていないと、体内に水分が吸収されにくい。逆に糖度が高すぎても吸収率は下がります。

糖度が20~30%程度あるジュース類は糖度が高すぎて、水分補給には向きません。

普段の飲み過ぎは良くないのですが、手軽に調達でき、バランスよくミネラルが入っている、スポーツドリンクは便利です。

もう一度、一般の人が水分補給には、向きません。

運動後のビールは危険

夏のシーズンに運動後のビールが特に美味しい季節。

ランニング後、トレーニング後のビールを楽しみにしている。運動直後に、ビールをゴクゴク飲みたい気持ちは分かりますが、それは危険な行為です。
汗をかくと、当然のことながら血中の水分量が減少します。血中の水分量が減ると、血栓ができやすい状態になります。

アルコールを飲むと血行が良くなるが、この血栓は良くないのですが、この血栓が出来やすい状態で血行が良くなると、出来た血栓が固まる危険性が高まります。

ビールを飲むと喉の渇きが解消された気持ちになりますが、血中の水分量を上げるには役立ちません。

どうしても、運動の後にビールを楽しみたいなら、ビールを飲む前コップ1杯でも水やスポーツドリンクを飲んでください。

久し振りの運動でアキレス腱伸ばし、前屈は禁止

誤ったタイミングや方法で行うストレッチは効果がないだけでなく、ケガに繋がる場合があります。

まず、肩がこったときやってしまいがちな間違ったストレッチが2つあります。

一つは、片方の腕を胸の前に持ってきて、反対側の手でその腕の肘辺りを押すようにすること。

もう一つは、片方の腕を頭の後ろに持ってきて、反対側の手でその腕の肘辺りを持って逆側に倒すようにすること。

デスクワーク中に肩の凝りを感じたときに、何気なくこの2つの動作をいずれかをやっていることって多いのではないでしょうか。

伸びている感覚があるので、気持ちいいとは思いますが、肩こりを解消するという意味では、効果的ではありません。

肩こりを解消するには、肩とその周辺の血行を良くする必要があります。

"静的ストレッチ"でも血行が促進されないということはありませんが、効果的ではありません。

それよりも肩を回して筋肉を動かし、血液の循環を高めることです。

肩を回す動作は、"動的ストレッチ"で、血行を良くするためには、動的ストレッチをすることが必要。

肩こりを感じた場合は、腕や肘を伸ばすのではなく、肩を回す必要がある。いきなり大きく回すと遠心力で負荷がかかってしまうので、肩に手を置いた状態で前後に回す動作を行う。

開脚、前屈よりも効果的なストレッチとは

また、運動不足解消のためストレッチとして、いきなり開脚や前屈などを行うことは、柔軟性を高めることは大切なことなのですが、運動不足の解消には動的ストレッチが重要です。

ストレッチとして開脚や前屈よりも優先するのが、股関節周りを動かすストレッチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。