間食の気になるベストタイミング – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 美味くてたのしい間食生活

間食の気になるベストタイミング

間食は昼食の4時間後、夕食の4時間前が体に効果的

間食しない方が望ましい人は、昼食から6時間以内に、夕食を食べる人になります。

体は何かしらを口に入れると血糖値が上がり、食後3~4時間費やして、食事前の血糖値に近づくにつれ、お腹が空いたな、頭がぼけっとして、よく働かないな、なんていうように感じることもあって。

というわけで、空腹を感じたとしても、そうしたら1~2時間ぐらいで次の食事をとれるくらいでしたら、手間ひまかけて間食に手をだすことは必要ありません。

間食のせいで3食をしっかりととれなくなるというのは、よくないからなのです。

食事を味わいながら、少し空腹を辛抱した方が、次の食事をより美味しい状態で食べることをできるようにするでしょう。

一方で、ちょっと前の食事から次にやってくる食事まで7時間も8時間も空いてしまうとすると、その日は間食をとった方が、頭も体も調子が良い、ということを意味します。

血糖値のことを考えれば、夕方に間食するといった場合、「昼食-間食-夕食の間隔」は、ひとつずつ4時間ほど空くのが望ましいと言えます。

たとえば、12時に昼食をとり、夕飯が20時くらいになってしまいそうなら、16時くらいにちょっとお腹に入れる、というような具合です。

反対に、もしも18時くらいに夕食がとれそうなら、16時頃にお腹が空いても、何ひとつ食べずにやり過ごした方が良いと思います。

こういったふうに前後の食事の間隔を考えることを通して、太らず健康になる間食の秘訣になります。

夜中の間食は我慢することが必要か、食べることが望ましいか

ちょっと前の食事に次にやってくる食事の間隔を考える、と言いましても前の晩から次の日の朝食までは言うまでも無く例外です。

たとえば、20時頃に夕食をとったとすると、翌日の朝食が7時頃であるとしても、寝てしまうことでアッという間です。

夜中は、胃腸も休むタイミングです。

夕食後の間食(夜食)は、できるだけとらないほうが、胃腸にも負担がもたらされません。

ただし、たまに「お腹が空き過ぎて目が冴えてしまう」という日があると考えられます。

そのような状況では、間食をむやみやたらと我慢するのじゃなく、ちょこっとお腹に入れていただきたいです。

食べるものの選び方だと、ここまで紹介したルールと共通に違いありませんが、その後直ぐに寝てしまうことを考えればきちんとしたものを食べることは必要ありません。

また、量に関しましてもほんの少しに済ませるのに越したことはないといえるでしょう。フルーツやヨーグルトというものをちょこっと食べて、速やかに寝てしまうこと。

反対に、なんといっても夜中に起きて仕事をしないといけないときなどには、乳製品かフルーツを100キロカロリー以内でとることを心がけるといいと思います。

ふさわしい間食は血糖値を上げてもらえるので、夜遅くでも頭は冴え、眠気を飛ばしてくれるでしょう。

食事は目を覚ませ、活性化を促進するスイッチと考えられる、軽い間食であるとしてもそれは同様です。

1日の中で上手に「オン」「オフ」を切り替えるという意識が、毎日を快適に過ごす秘訣になります。

8時に朝食をとり、昼食は15時頃などという場合は、朝食と昼食の間が7時間ほど空きますが、午前中から午後にわたっては仕事が集中し、間食をとる暇などあるはずがありませんよね。

というよりも、空腹を覚える暇さえないと言って間違いないでしょう。

昼食前の空腹は何をしたら良いか、朝食が早すぎて昼食の前に小腹が減る、といった場合に触れておこうと思います。

朝食と昼食の間でも、間隔が空きすぐるようでしたら、午前中に間食をとりましょう。

ただ、夕方の間食と変わらない、1日の総摂取カロリーが、増えてしまうことがないように、知っておくべきです。

朝食と昼食の間隔が大きいので、午前中に間食をし、そのうえ夕食が遅くなってしまいそうであるのなら、と夕方にも間食をすることにより、その割合に応じてほぼ1食分のカロリーに変わってしまいます。

午前中の間食は、どう考えてもお腹が空いてどうしようもないときに限り、きわめて軽く、カロリーからいったら100キロカロリー以内に置き換えることを意識しましょう。

午前中にこだわった間食をとるよりは、栄養バランスが理想的な昼食をしっかり食べるようにオススメします。

間食の時間は間食以外のことは中断する

限定された量の間食で満足感を得ることを考える時、ひとつだけ注意することがあります。

それは、「ダラダラ食べ」「ちょこちょこ食べ」はやらないこと。

何気なく口さみしくて、パソコンに向かい続けながら、スナック菓子をポリポリ食べる。

これが真の意味で「間食に手をだすと太る」と言われている最大の理由です。

こういった食べ方の場合は、無意識のうちにカロリーオーバーになってしまいがちです。

間食を食べているときは、間食を食べる以外のことは中断する、このことは非常に大事なルールです。

ダラダラ口に入れてしまうのは、食べても食べても満足感が得られないからなのです。

なぜ、満足感が得られないのでしょうか、ひとつには、アッという間に空腹になるようなもの、糖質の多いものばっかり食べるので、それにもうひとつには、食べ物にしっかりと向き合わないからだといえます。

無意識のうちに食べていると考えられます。「食べること」にしっかりと集中しましょう。

何かを行いながら無意識に食べるのじゃなく、目の前にある食べ物に集中するほど、食べた満足感を得やすくなるのです。

間食に手を出すときには、5分でも10分でも他の事をする手を止めて、「食べること」に集中したいものです。

そうすることで、いつの間にか食べるもの、食べる量を「見る」ようになって、視覚からも満足感を得ることができます。

さらには、ゆっくり噛んで、味を感じながら食べることにもつながるでしょう。

驚いてしまいますが、昼食をパーソナルコンピューターやスマートフォン画面を見つめながら食べる人が多いと聞いています。

食と健康の目的のためにも、このような「ながら食べ」ほど健康に良くない食べ方はないということなので、忙しさを言い訳にすることなく、何かを食べるときには「食べていることそのもの」に集中してもらいたいのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。