運動不足 入門~上級|あなたの疑問点すぐ丸々解消! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 骨格バランスが崩れる原因

運動不足 入門~上級|あなたの疑問点すぐ丸々解消!

運動不足で筋肉を使用しないことが原因で姿勢や血流に悪影響が及ぶ

筋肉と血流は密接な関連性を持っています。

「運動不足」で筋肉の活動が悪くなって、正常に動かなくなると、静脈の血流が円滑化しないので、筋肉中に老廃物や疲労物質が溜まっていくと考えます。

疲労物質が溜まった筋肉は疲労状態となってしまうので、痛みが引き起こされるだけに限らず、緊張状態になって血流をもっと悪くするわけです。

また、運動不足ともなれば筋肉が衰えて筋力が悪くなって、姿勢の崩れになってしまう危険性もあるわけです。

特に女性はもとから筋力が強くないこともあって、運動不足で筋力の悪くなると骨格のバランスが悪化しやすい傾向が見られます。

女性の首痛や肩こりに悩まされる人が多いということも、運動不足や筋力不足と無関係では決してありません。

そのほか、運動不足で筋肉が使われなくなりますと、関節可動域が狭くなるので、柔軟性が失われて体は凝り固まります。柔軟性の低下も姿勢の崩れにつながるからこそ、日常的に運動習慣を忘れないようにすることが大切になります。

運動不足を補うとされるのは、筋トレだけに限定することはできません。

背筋をピンと伸ばしたり、左右の肩甲骨を寄せる運動を始めるだけであっても、筋肉を刺激することになるのです。

運動不足が原因の危険性

1.血流が悪くなる
2.筋力が衰える
3.筋肉が硬くなる

運動不足と姿勢の関係

脊柱起立筋の筋力が弱々しいと猫背を発症しやすい。猫背になったら、脊柱起立筋が引っ張られて緊張し、ほかにも背筋が丸まった状態になるというような悪循環に襲われる結果に。

[check]脊柱起立筋
脊柱を反らせる動き(体幹伸展)には働く筋肉群です。背筋を伸ばした正しい姿勢の維持の役に立っています。

運動不足による血行不良

運動不足で筋肉が使われなくなりますと、筋肉が繰り返し収縮して血管を圧迫する筋ポンプ作用が働かなくなる。

筋ポンプ作用がきちんと働かないと、血流の弱い静脈は、血管内の弁が開きにくくなったりして血流が悪くなって、血管内に老廃物や疲労物質が溜まっていく結果に。

静脈の血流が滞ると、筋肉中の老廃物や疲労回復が回収進まなくて、細胞内に溜まっていくこともあって、筋肉は以前にも増して疲労した状態になってこりや痛みを引き起こします。

疲労

同じ様な姿勢で血管が圧迫され続けると筋肉に疲労が溜まってこりが起こる。

骨格のバランスが悪くなる「疲労」には、筋肉が働き続けることによって生じる疲労と筋肉が正常でなくなることで生じる疲労を挙げられます。

この二つの疲労が負の連鎖で折り重なり、体に痛みや不調が引き起こされると思います。同じ様な姿勢を続けていると、その姿勢の維持に働く限られた筋肉が収縮を休むことなく血管を圧迫することから、血行不良が発生して筋肉は緊張感でいっぱいです。

これこそが筋肉が働きつ続けていくことで生じてくる疲労です。

筋肉が緊張で凝り固まると、静脈の血流も低下することもあって、筋肉中の疲労物質や老廃物質が回収されることなく蓄積し、筋肉はより一層疲労します。

これが筋肉が正常に動かなくなることで発生する疲労です。

筋肉疲労の負のスパイラル

・筋肉が働き続ける(収縮を続ける)。
・筋肉が緊張する(一次的筋肉疲労)。
・筋肉中に老廃物や疲労物質が溜まる。
・筋肉がますます疲労(二次的筋肉疲労)。

同じ様な姿勢を続けていると、限られた筋肉が収縮を続けて血管を圧迫するため、血流が悪くなって、筋肉が酸欠で緊張します。

さらに、筋肉中の老廃物質や疲労物質も回収されることなくに溜まっていくこともあって、筋肉はますます疲労した状態へと陥ってしまうことに。

首・頭部の痛み・不調

首痛やストレートネック・頭痛(筋緊張性頭痛)が発生するメカニズムと改善レシピ。

改善レシピのマッサージとストレッチは2日に1度の実施を目標にして。することが可能な人は毎日やってみましょう。

筋トレは2日または3日に1度の調子でしてみましょう。どちらにしても痛みが強い状況では頑張りすぎずに、ある程度まで症状が治まってから改善レシピを開始してください。

頭部の重さが首の不調の原因になります

頭部は、約5kgもの重さがあって、主に首後面の筋肉などによって支えられているわけです。

それに見合う分だけ、首後面の筋肉には緊張しがちな側面があって、緊張で硬くなった筋肉が正常に動かなくなると、ストレートネックへとエスカレートします。

さらに、頸椎のカーブがなくなれば、椎間板に過剰な圧力が加わり、その次は頸椎ヘルニアや変形性頸椎症を発症する危険が高くなります。

また、首の筋肉が緊張すると、寝違えの誘因となっているリスクも高くなります。首後面のこりは、首に出てくる1番先の不調でありますので、その後はありとあらゆる症状へとなるに違いありません。

首後面のこり

頭部の重さを支える首後面の伸展筋群が緊張する。

首の後面にある頸部伸展筋群が頸椎を反らせる動きで約5kgの頭部を支えているわけです。

頭部を前方に倒して下に目をやった姿勢をやっていると、頸部伸展筋群に行き過ぎの負荷がかかります。

[check]主な症状
・頭部を倒して姿勢での作業
携帯電話の普及で下を向く時間が増えたため、首後面のこりが引き起こされる人が急増しています。頭部を30度前方に倒すと、首だと約18kgもの負荷が強いられてしまいます。

バランスの良い姿勢とは、下を向かずに携帯電話を見ることを心掛けると、首には負荷がもたらされません。

下を向いた姿勢だったら、頭部が前方に垂れた状態となってしまうため、頭部の重さが首の付け根にかかることになってしまいます。

高い枕での睡眠

枕が高すぎると伸ばされた首後面の伸展筋群が適正な長さ戻そうと眠っている間に収縮をぶっ続けて緊張した状態になっていくのです。

柔らかい敷布団も、体の重い腰部が沈み首後面がますます引っ張られることから、熟睡を得ることを考えて寝具の再チェックも求められます。

首後面のこりが発生するメカニズム

下を向いていた姿勢は、前方に垂らした頭部の重さを、首を付け根から反らせる(伸展させる)動きで支え続ける状態となってしまうため、僧帽筋の上部だけに限らず頸部伸展筋群が緊張します。

正常:頭部がカーブした脊柱にバランスよくのっている
脊柱のS字カーブが頭部の重さを分散して受け止めているため、首の状態を安定します。

姿勢の崩れ:頭部が前方に倒れて頸椎が付け根から屈曲している
頭部を前方へ倒すと、頸椎が付け根から屈曲する。首を反らせる動きで頭部を支える状態に。

発症:首を付け根から反らせる僧帽筋(上部)でこりが発症します
頸部伸展筋群の中でも首を付け根から反らせて、頭部を一定の位置に保つ働きがある僧帽筋の上部が緊張状態となり、こりを発症しやすくなります。ここから首にかかる負担を減らそうと猫背になる危険にも。

運動不足に関したことを検索中なら、初心者から本格派方向けに理解しやすく書かれている、こちらのホームページをご覧いただきたいです。運動不足に関して、あなたが知りたいと思った点もバッチリとスッキリできるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。