首が動かせないのファクターは何と言ってもこのこと – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 骨格バランスが崩れる原因

首が動かせないのファクターは何と言ってもこのこと

痛みで首が動かせない頸椎ヘルニアと変形性頸椎症

首のこりが慢性化すると、頸椎に挟まれた椎間板や頸椎の一部が損傷するリスクにつながります。

頸椎ヘルニアや変形性頸椎症まで進行すると、痛みで首が動かせない状態になります。

首が動かなくなる主な症状

[check]頸椎ヘルニアと変形性頸椎症
首への負荷が積み重なると、椎間板が損傷して頸椎ヘルニア。また、椎間板が薄くなると、上下の頸椎同士がぶつかり変形性頸椎症へと進行する。

[check]正常な椎間板
線維軟骨組織の椎間板が、頚椎にかかる衝撃を緩和するクッションの役割りを果たします。

[check]頸椎ヘルニア
椎間板の中心にある髄核が周辺の線維輪から飛び出した(または線維輪を押し出し)、脊髄神経の神経根を圧迫。首が動かせないほどの痛みや腕の痺れが生じる。ヘルニアまでは至らず、椎間板の髄核や線維輪が損傷または、炎症をおこすような状態は、頸椎椎間板症と呼ばれる。

[check]変形性頸椎症
加齢やダメージの蓄積で椎間板が硬くなり、クッション性が低下すると、上下の椎間板同士がぶつかって炎症を起こすようになり、椎骨の軟部組織が肥厚して関節面に骨棘が形成される。一般的に中高年層で多く見られる症状。

頸椎ヘルニアが発症する仕組み

頭部の重さを支える負荷が筋肉にだけでなく、頸椎や椎間板まで及んで発症する。

髄核が線維輪を押し出すタイプのヘルニアは治りにくいが、髄核が線維輪から飛び出すタイプのヘルニアは、数ヵ月程度で自然に治癒するケースも多い。

[check]姿勢の崩れ 慢性的な首周辺のこりやストレートネック
首後面の筋肉が収縮した状態で硬直すると、頸椎が圧迫されてS字カーブが失われていく。

[check]状態の悪化 カーブを失った頚椎の椎間板に圧力がかかる
頸椎の前湾カーブが失われると、椎間板の前部に過度な圧力がかかるようになる。

[check]発症 椎間板の髄核が飛び出して脊髄神経の神経根を圧迫。

椎間板の前部に圧力がかかることで、椎間板の中心にある髄核が後方へ飛び出し、脊髄神経の神経根を圧迫する。

椎間板は加齢と共に水分が減って硬くなるため、30~50代の発症リスクが高くなる。

首が動かせない改善効果があるとされる作り方1

首への負担を減らす 頸椎ヘルニアや頸椎症による首の炎症を鎮める。

頸椎ヘルニアや頸椎症で首が動かせなくなったら、まずは首に負担をかけない姿勢で安静に、そこから炎症を鎮める処理を施す。

[check]仰向けに寝て安静にする
首が動かせないほどの痛みや痺れが出たときは、無理しない。首に負担をかけない姿勢で安静にする。仰向けになり、首がリラックスして脱力できる枕を使用すると良い。

[check]冷湿布をはって痛みを緩和する
痛みを発症する炎症は、身体が血流を促し、損傷した組織を修繕している状態なので、本来なら温湿布で患部を温めるのが効果的。しかし、激しい痛みがある段階では、冷湿布を貼って冷やすことにより、痛みが緩和され炎症の痛みで周囲の筋肉が硬直し、さらに首が動かせなくなるリスクも軽減できる。

[check]首の状態を病院で確認する
頸椎ヘルニアや頸椎症は症状に個人差があり、痛みでなく手術が必要なければ、手術が必要な場合もある。首に数多くの神経が通るデリケートな部位なので、動かせないほどの痛みが出た場合は、病院に行って首の状態を確認。その結果を見て改善策を考える。

首が動かせない改善効果があるとされる作り方2

首周りを温める 症状がかるくなったら首の筋肉を温めて血行を促進。

ヘルニアは自然治癒する人も多いが、変形した頸椎や椎間板はもとに戻らない。

首に負荷をかけないことが最良の処置となる。

[check]首を楽にして両手で温める
痛みが治まってきたら、首を楽な状態にして、両手で温める。さらに軽く揉んで首周りの筋肉の硬直をほぐし、血流を促すのも効果的。ただし、揉むと痛い場合は温めるだけに留める。温湿布を貼って温めるもよし。

[check]入浴で首を温める
毎日の入浴でしっかり首を温めるのも首周りの血行を促進に効果大。首の筋肉のこりをほぐし、頸椎や椎間板への負担を減らすことで、頸椎ヘルニアや頸椎症の症状緩和や再発予防につながる。

[check]正しい姿勢で生活する
頸椎ヘルニアや頸椎症の処置でもっとも重要となるのは、日常的に首への負担を減らすこと。まずは正しい姿勢を維持することが大切。

寝違え

不自然な睡眠姿勢による筋肉の炎症と頸椎捻挫。

朝起きたら首が痛くて動かせない状態となっている"寝違え"。

首の動きに関与する筋肉の炎症や頸椎捻挫(頸椎に付着する靱帯や関節包など関節組織の炎症)が主な原因となっています。

寝違えの主な原因

首周りの筋肉に疲労が蓄積する。

寝違えは、首に負担のかかる姿勢で寝たことによって発症するが、突発的に起こるケースよりも、首に蓄積した疲労や緊張が発症の根本原因となっている場合が多い傾向にある。

仕事でパソコン作業を長時間しているような人も、頭部を支える頸部伸展筋群が緊張しやすい。

日常的に下を向く姿勢が多い場合は、首後面の伸展筋群に疲労が溜まり、緊張した状態になりやすい。

[check]首に負担がかかる姿勢で睡眠
上体と頭部が逆方向に向いた体勢で寝ていると、緊張で硬くなっている首の筋肉群が長時間過度に伸びたり、捻られたりして炎症を起こす。うつ伏せで寝た場合も、首を捻った状態で頭部がロックされるたね、首の筋群が過度に伸ばされやすいので注意。

寝違えの仕組み

硬くなった首周りの筋肉が、不自然な体勢で寝たことにより、炎症を起こす。

炎症部分の筋肉は硬直するため、首の動きが制限される。筋肉の炎症も頸椎捻挫も、首周りの筋肉や関節組織が硬くなることが根本的な原因。

[check]姿勢の崩れ 頭部の重さを支え続ける頸部伸展筋群が緊張
頭部を下げたり、前方へ突き出す姿勢などで、首後面の頸部伸展筋群に過度な負荷がかかる。

[check]状態の進行 首後面の頸部伸展筋群が疲労の蓄積で硬くなる
首後面の筋肉が緊張や疲労で硬くなると、睡眠中に筋肉が炎症を起こすリスクは高くなる。

[check]炎症 硬くなった首後面の筋肉が就寝中に無理に伸ばされる
硬くなった首後面の筋肉が無理に伸ばされるような体勢で寝てしまうと、伸ばされた筋肉が炎症を起こす。頸部伸展筋群の中でも首を回す働きを併せ持つ頭板状筋が炎症を起こすと、痛みで首を回せなくなる。筋肉が硬くなることで関節組織にストレスがかかり、頸椎捻挫を発症する寝違えもある。

寝違え改善効果があるとされる作り方1

首の硬直ほぐしマッサージ 首の動きを妨げている硬直した筋肉をほぐす。

寝違えで首が動かせなくなるのは、炎症で筋肉が硬直するため。マッサージボールを使って筋肉の硬直をほぐし、血行を促進する。

[check]硬直した筋肉をマッサージ棒でほぐす
硬直した筋肉をほぐすには、アーチ型マッサージ棒も有効。もっとも硬直している部分に棒の先を引っ掛け、棒を引いて筋肉に食い込ませる。寝違えに限らす、首のこりや肩こりをほぐすアイテムとしても効果的。
アーチ型のマッサージ棒は数多くの種類が販売されており、棒の先の形状もさまざま。通販でも手軽に購入することが出来ます。

寝違え改善効果があるとされる作り方2

首の硬直ほぐしマッサージ2。

首を動かない方向に動かし、硬直した筋肉をさらに硬く緊張させた状態でマッサージする。

首の可動域回復に効果的な方法。

1.筋肉が硬直した部分にマッサージ棒を当てる
仰向けになり、筋肉がもっとも硬くなっている部分にマッサージ棒を当てる。首の力を抜き、マッサージ棒がしっかり硬い筋肉へ食い込むようぬ知る。

2.首を動かせない方向へ動かす
首を動かせない方向へ可能な範囲で動かし、硬直した筋肉をさらに緊張させる。この状態で筋肉をほぐすと、首をある程度動かせるようになる。
首を動かしても、マッサージ棒は筋肉がもっとも硬直している部分に当てる。

[check]首後面のこり、ストレートネック、頸椎ヘルニア、頸椎症、寝違えの日常対策
・対策1上を向く
ストレートネックになると首を反らせる動きが辛くなるので、日ごろから上を向く動きを定期的に行うと、頸椎の前湾カーブの維持につながります。

・対策2首を回す
頭部をゆっくり360度回すことで、首周りの筋肉を全体的に伸ばしましょう。
左回り、右回りを両方行ってください。1日に数回実践するだけでも首の疲労や緊張を予防する効果があります。

・対策3枕を低くする
高い枕で眠ると首後面の伸展筋群が緊張しやすくなるので注意。低い枕で寝るほうが首への負担を減らすことができます。

・対策4目線を上げる
携帯電話を見ているとき、読書している時は、目線が下がって首後面の伸展筋群に負荷がかかるので、5分に1日ぐらいは、10秒ほぐし目線を上げたり、上を向く習慣を心がけましょう。

・対策5あごを引く
パソコン作業に集中すると、自然とあごが前方に突き出して首に負荷がかかるので、5~10分に1回ぐらいは、あごを引いたり、上を向いたりする様に意識しましょう。

・対策6上を向いて入浴する
首周りの血行促進に効果的なのは、入浴で首の筋肉を温める。ただし、上を見いて入浴しないと、首の筋肉全体がしっかり湯につからないので注意してください。

あなたが常に首が動かせないの為に困惑しているなら、その元凶と解消法を把握することから一歩踏み出すことをお勧めします。そうすれば、首が動かせないが元凶となっている不安を解消することに繋がっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。