腰・背中の痛み・不調5 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 骨格バランスが崩れる原因

腰・背中の痛み・不調5

腰が反らない 圧迫された腰椎が疲労骨折する腰椎分離症

反り腰で椎間関節が圧迫された上体が続くとダメージの蓄積で腰椎の椎弓という部分が疲労骨折し、腰椎分離症を発症します。

10代はスポーツの負荷で発症する例も多くあります。

腰が反らない主な原因 腰椎が過度に反った姿勢

反り腰や反り腰気味の人は、立位や座位、腹ばいの姿勢などでも腰が過度に反りやすくなり、椎間関節が圧迫される。

ほとんどの腰椎分離症は、圧迫された腰椎にひびが入り、ひびが次第に大きくなって分離骨折に至る。

反り腰や反り気味の人が、ハイヒールを履くと、つま先重心となって腰椎が過度に反ってしまう傾向にある。

反り腰の人は、立位でも骨盤が前傾しているため、腰椎が過度に反ってしまう。

[check]変形性腰椎症
腰椎分離症の他にも、加齢やダメージの蓄積で椎間板が潰れ、上下の腰椎同士がぶつかって、骨棘が形成される変形性腰椎症を発症すると、腰が反らせなくなる。これは中高年に多い。

腰椎分離症が発症する仕組み

腰椎が過度に反ると椎骨にダメージが蓄積し、疲労骨折を起こす。

分離した骨が神経根を圧迫すると痛みや痺れがでて腰を反らせなくなるが、痛みが出ない人もいる。

発症後は筋肉や関節組織が分離した骨を引き付けて症状が治まるケースが多い。

[check]姿勢の崩れ 反り腰の状態となり腰椎が過度に反る
腰椎が過度に反ることで、腰の筋肉が収縮したまま緊張するため、反り腰の状態が続く。腰椎が過度に反る。

[check]状態の進行 椎間関節が圧迫され続けダメージが蓄積する
上下の腰椎を連結する椎間関節が圧迫された上体が続き、腰椎へのダメージが蓄積する。椎間板の方が強く圧迫されると、腰椎ヘルニアを発症する。

[check]発症 腰椎の椎弓が骨折して分離
椎間関節が圧迫されると、関節部分に近い椎弓という部分にダメージが蓄積。腰を反らせる動作をきっかけに完全に骨折を起こして骨が分離する。
腰椎分離症はほとんどの場合、第5腰椎で発症する。

腰椎の異常①

分離すべり症 分離した腰椎がすべって前方にズレる
腰椎分離症で分離した骨がズレると、分離すべり症に信仰する危険がある。分離すべり症まで進行してしまうと、症状が治まりにくくなる。

[check]腰椎分離症の進行状態である分離すべり症。

1.正常な腰椎
頸椎から腰椎まで椎孔が上下に重なって細長い脊柱管を形成し、脊髄の神経を通している。

2.腰椎分離症
椎間関節が圧迫されて腰椎にダメージが蓄積し、椎弓が骨折して分離する。

3.分離すべり症
骨が分離した部分を残し、椎骨が前方へすべるようにズレて突出する。
腰椎とともに椎孔も前方へズレるため、その部分の脊柱管が狭くなって神経根が圧迫される。
腰に痛みや痺れが出たり、腰を反らせることが出来なくなったりするなど、腰椎分離症とほぼ同じ症状となるが、分離症より症状が治まりにくい傾向にある。
また分離症と同様に痛みが出ない人もいる。

腰椎の異常 変性すべり症・脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなることで神経が圧迫される。

すべり症には、骨が分離しない状態で発症する変性すべり症という症状もある。

椎骨が前方にズレる変性すべり症は脊柱管狭窄症をともなうリスクもある。

変性すべり症が発症する仕組み

加齢で椎間板が潰れたり、椎間関節やじん帯が緩んだりすることで発症する。

第4腰椎が前方にズレて発症すやすい、主に中高年層が発症する。

椎骨が前方にすべる変性すべり症

[check]正常 腰椎の椎孔が規則的に連なり脊柱管が形成されている
腰椎の椎孔が上下に連なることで、脊柱管のトンネルが形成され、ここを脊髄神経が通る。

[check]発症 変性すべり症を発症し脊柱管が狭くなる
ひとつの腰椎が前方にズレる。その影響で椎孔が上下に連なる脊柱管の一部が狭くなり、神経根や馬尾神経が圧迫される。

脊柱管狭窄症が発症する仕組み

主に腰椎の椎間板が潰れて上下の椎骨がぶつかり、軟部組織が肥厚して発症する。変性すべり症で脊柱管が狭くなる狭窄症もある。

[check]脊柱管狭窄症
椎骨が変形し、椎孔が小さくなることで脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経根や馬尾神経が圧迫される。

腰椎分離症改善効果があるとされる作り方1

椎間関節の除圧ストレッチ 背中を丸めて椎間関節にかかる圧力を取り除く。

腰椎分離症の症状が軽くなったら、脊柱を丸める動きを行い、椎間関節にかかる圧力を取り除く。反り腰の改善にもつながる。

1.頭部を前方に倒す
上体を脱力し、頭部をゆっくり前方に倒して頸椎を丸める。

2.頭部から背中を丸める
上体を脱力したまま、東部からゆっくり背中を丸めていく。
たらすように腕を下げるイメージで前屈する。

3.腰が伸びるまで前屈する
上体を脱力したまま東部から背中全体を丸めて、腰が伸びるまでゆっくり前屈する。

腰椎が伸びて椎間関節にかかるアッ力が軽くなる。頭から丸めることで腰への負担を減らして前屈できる。
上半身の重みで骨盤も前傾する。

腰椎分離症改善効果があるとされる作り方2

体丸めトレーニング 腰に負担をかけない前屈を身に付ける筋トレ。

脊柱を丸める動きに働く腹直筋と、硬くなると骨盤の後傾を妨げる腸腰筋をまとめて鍛える。分離症や反り腰の予防に効果的。

1.座位で上体を後ろに倒し両脚を伸ばして浮かす
座って上体を少し後ろへ倒し、両脚を伸ばして床から浮かす。
上体の後傾はできるだけ小さくする。脚は高く上げない。

2.上体を丸めながら膝を手前に引き寄せる
頭から上体を丸めながら、両脚を曲げて膝が頭と着くぐらいまで引き寄せる。
そこから腹筋に力を入れたまま【1】に戻る。背中を丸めて腹筋を縮める。

両脚を高く上げない、水平に伸ばして床から浮かすことで、腹直筋や腸腰筋に強い負荷をかけられる。

反り腰・腰椎分離症の日常対策

[check]対策1 骨盤を後傾させる
反り腰や腰椎分離症のほとんどは骨盤の前傾が根本原因。日ごろから骨盤を後傾させて腰を伸ばす動きを行うと、一部の椎間関節に圧力が集中することを防ぐことができる。

[check]対策2 前屈する
1日に数回、前屈のストレッチを行うだけで腰椎の椎間関節にかかる圧力を軽減することが出来ます。
腰を伸ばして血行を促進し、腰部の緊張をほぐす効果もあります。

[check]対策3 入浴で腰の血行を促進
入浴は反り腰の予防にも効果的。毎日お湯に浸かって温まれば、反り腰の姿勢で過度に収縮した腰部の筋肉もしっかりほぐれて、血行が促進します。

[check]対策4 正しい姿勢で座る
椅子に座ると骨盤に体重がかかって反り腰が助長されやすい。椅子に座るときは骨盤が前傾しないように。
骨盤が前傾しやすい人は、【対策1】の骨盤を後傾させる動きを日常的に行いましょう。

[check]対策5 敷き布団を硬めにする
敷き布団が柔らかいと、寝ている間にお尻が沈んで反り腰が助長されてしまいます。腰が反りやすい人は、ほど良い硬さの敷き布団で寝ることをおすすめします。

[check]対策6 脚を高く上げて寝る
起床時に腰が反った状態の腰や疲労を感じる人は、膝の下に丸めた座布団やクッションを入れると、膝の位置が高くなって骨盤が後傾するため、就寝中に反り腰になることを防ぐことができます。

[check]対策7 腹ばいで本や携帯を見ない
腹ばいで上体を起こす姿勢は腰椎が過度に反るため止めること。腹ばいで本や携帯電話を見るのは避けましょう。また、腹ばい姿勢では、お腹の下にクッションを入れると、反り腰の予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。