キャベツの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

キャベツのの栄養素を強めるレシピ

キャベツの数種類のビタミン群が骨や内臓を健康に保つ

旬 冬キャベツ 1~3月、春キャベツ 3~5月。

キャベツの選び方

[check]茎の切り口が瑞々しくて変色が無く、割れていないもの
[check]葉はハリがあり、しっかりと巻かれているもの

カットしたものは、身が引き締まって、芯の高さが2/3以下の状態を選ぶ。
同じ大きさなら、重いものを選ぶ。

キャベツ注目成分

ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、βカロテン、カリウム

ビタミンCXの吸収は生食が一番、摂取量を増やすならサッと蒸す

ビタミンC。ビタミンK、カルシウムが主な栄養素。ビタミンCは、粘膜や血管、骨の健康を維持する。コラーゲンの生成を助けます。

加熱すればたくさんの量を食べられますが、ビタミンCは熱に弱いため、摂取量はダウンしてしまいます。

加熱する場合は、サッと蒸す程度に留めましょう。ビタミンKは、脂溶性なのでマリネにするのもおすすめ。

生食の場合は、油分のあるドレッシングがベストパートナーです。

ビタミンの連携で粘膜や血管、骨の健康をサポート

1年中出回っているキャベツは、ビタミン類が豊富で使い勝手が良い野菜。

ビタミンCは、粘膜や血管、骨の健康を維持するコラーゲンの生成を多肢蹴る働きがあります。

また、ビタミンKは、骨の再石灰化を促し、同様に含まれるカルシウムを骨に沈着させるサポートをします。

さらに、ビタミンUは胃腸を丈夫にする働きがあります。

キャベツの豊富なビタミン類を効率的に吸収するには、加熱する場合はサッと蒸す程度にするのがおすすめです。

ビタミンKの吸収率を高めるには、油分を一緒に摂ること。βカロテンも油分の相性が良いです。

キャベツとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]キャベツ+パルメザンチーズ 蒸しキャベツのシーザーソースがけ
キャベツのビタミンKとチーズのカルシウムは骨の形成に働き、骨粗鬆症予防に有効です。
また、ビタミンCとチーズのたんぱく質は肌作りに貢献し、美肌効果が期待できます。

[check]キャベツ+豚ヒレ肉 キャベツと豚肉の酒蒸し
キャベツのビタミンC、豚肉のたんぱく質とビタミンB1は、免疫力を高め、風邪予防の効果が期待できます。
また、ビタミンCは豚肉の鉄の吸収も助け、貧血を防ぎます。

きゅりの栄養素を強めるレシピ

ビタミンCを摂取しやすく、血管や皮膚を丈夫に。旬 5~8月。

きゅうりの選び方

[check]全体で均一な太さ、表面のイボが尖っている。
[check]両端が瑞々しくて硬い。緑色が濃くてハリ、ツヤがある。

キュウリの注目成分

βカロテン、カリウム、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維

生食でビタミンCをこまめに摂取、サッと軽く炒めるのもおすすめ

きゅうりの栄養は他の野菜に劣る部分もありますが、ビタミンCの摂取には有効な食材です。

血管や皮膚、粘膜を強くする働きがあるビタミンCは、体に溜めて置けないのが欠点。

その点、きゅうりは生食しやすいので、こまめに摂取できます。また、脂溶性のβカロテンも含むので、軽く炒めれば吸収率がアップするでしょう。

カリウムが溶け出さないように、片栗粉でとろみをつけるのが料理のポイントです。

カリウムの利尿作用でむくにや二日酔いを解消

ほとんど水分で構成されているきゅうりは、「世界一栄養のない野菜」と言われることがありますが。実は見逃せない特長がたくさんあります。

まず、カリウムは利尿作用により、むくみや二日酔いの解消に貢献します。ビタミンCは、体に蓄積できないのが欠点ですが、きゅうりは切ってそのまま食べられるので、他の野菜より手軽に摂取できます。

また、糠漬けにすれば、糠のビタミンB1が染み込んでビタミンB量が増加する効果も期待できます。

βカロテンは、油と合わせると吸収率が高まるので、油でサッと炒める料理法が有効です。

きゅうりとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]きゅうり+木綿豆腐 豆腐そぼろと角切りきゅうりのザーサイ炒め
きゅうりのβカロテン、ビタミンCと豆腐のたんぱく質は、肌に潤いを与え、瑞々しさを保つことに貢献。
また、免疫力を高めて夏バテ対策も期待できます。

[check]きゅうり+桜えび きゅうりと桜えびの甘辛炒め
きゅうりのビタミンCと桜えびのカルシウムの相乗効果で、ストレスに対抗するホルモン分泌を助け、ストレスの解消や更年期障害の予防にも期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。