にんじんの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

にんじんの栄養素を強めるレシピ

にんじんの選び方

にんじんには若返り成分βカロテンが豊富なアンチエイジング食材 旬11・12月。

[check]表面がなめらかで傷やひび割れが無く、赤みが強い
[check]葉の切り口が小さく、緑色っぽい

にんじんの注目成分

βカロテン、食物繊維、カリウム、ビタミンE

にんじんのβカロテンを最大限吸収するには、皮をむかずに油だサッと炒める

皮膚や目の健康維持のほか、がん予防に役立つとされるβカロテンの含有量は、食材の中でトップクラス。

これを効率的に摂取するには、油と一緒に炒めるのがベスト。βカロテンは特に皮の下に多く含まれるので、皮はそのまま、気になる部分はピーテーで薄くむく。

なお、カリウムは水溶性なので、水にはさらさないように。沖縄の郷土料理「にんじんしりしり」も栄養価の高いオススメレシピです。

にんじんのβカロテンで美肌効果、食物繊維で体内時間を改善

にんじんはβカロテンが豊富に含まれ、1本食べれば1日の必要摂取量を満たします。

βカロテンは粘膜や皮膚、目の健康維持やがんの予防に役立つといわれる。若返り効果が期待できる成分。

さらに、にんじんのβカロテンは、抗酸化機能を持ち、活性酸素を除去する抗酸化物質として、髪や肌を若々しく保ちます。

加えて、ごまに含まれるビタミンEの相乗効果で肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

なお、ビタミンCを破壊するとされるアスコルビナーゼという酵素も含まれていますが、すべてマリネにするときその作用を抑えることが出来ます。

にんじんとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]にんじん+しらす しらすと刻みにんじんのふりかけ
にんじんのβカロテンと、しらすのビタミンEは、活性酸素の除去を助け、アンチエイジングに役立ちます。
また、カリウムやカルシウムは高血圧予防にもなります。

[check]にんじん+ごま ごま入りにんじんしりしり
にんじんのβカロテンと、ごまのビタミンE相乗効果で肌荒れ防止に期待できます。
また、双方の食物繊維は腸内環境を整え、便秘改善も期待できます。

玉ねぎの栄養素を強めるレシピ

玉ねぎの香り成分のアリシンで血液サラサラ効果。旬 新玉ねぎ3~5月、秋玉ねぎ9~11月。

玉ねぎの選び方

[check]芽や根が出ていないで、ひげ根周辺が腐っていないもの
[check]表面の皮が透き通った茶色でツヤがある
[check]どこを触っても硬く締まりがあって重い

玉ねぎの注目成分

カリウム、ビタミンC、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB6

玉ねぎを生のままで食べるのが一番、加熱する場合は短時間がポイント

余分な水分やナトリウムの排泄を助けるカリウム。血液をサラサラにするアリシンの他、ビタミンCや食物繊維を含む玉ねぎ。

これらの栄養素を無駄なく吸収するには、生食が一番。加熱する場合は、短時間での料理を心がけてください。

1cmほどの薄切りにすれば、火が通りやすくて、加熱時間を短縮でき、また辛みが和らぎます。

カリウムは水に溶け出すので、水にさらさないことも大切です。

玉ねぎの香り成分のアリシンが、身体の血液をサラサラに

玉ねぎに含まれるカリウムは、余分な水分やナトリウムの排泄を助け、むくみ改善や血圧の低下に役立つとされています。

香り成分のアリシンは、血液サラサラ効果があり、繊維に直角に切ると生成量が多くなります。

ただし、水にさらすと流れ出てしまい、加熱すると効果が落ちるため、効果的に摂りたい場合は、サラダや薬味で生のまま食べるのがおすすめ。

焼く場合は薄く輪切りにすると、火が通りやすく、料理時間を短縮できるため、栄養素の損失を抑えられます。

いろいろな食材と相性が良いので、食べ合わせで栄養の相乗効果を計りましょう。

玉ねぎとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]玉ねぎ+キムチ 玉ねぎのキムチ炒め
玉ねぎの食物繊維と、キムチの乳酸菌は腸内環境を整え、肌荒れ予防に役立ちます。
また、血流を促すことで、むくみの改善にもつながります。

[check]玉ねぎ+くるみ 玉ねぎステーキのくるみソース
玉ねぎのビタミンCと、くるみのビタミンEは細胞の老化を防ぎ、生活習慣病の予防効果が期待できます。
また、玉ねぎの食物繊維でデトックス効果も期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。