ピーマンの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ピーマンの栄養素を強めるレシピ

ピーマンの豊富なビタミンCで風邪予防や疲労回復に効果大 旬6~9月

ピーマンの選び方
[check]ヘタの切り口が瑞々しく、黒ずんでいない
[check]ヘタや皮にハリがあり、緑が濃くて光沢がある
[check]肉厚で弾力があり、肩が盛り上がっている

ピーマンの注目成分

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、食物繊維、カリウム

ピーマンの熱に強いビタミンCが特徴、炒める揚げるなど油との料理に相性が抜群

ビタミンCが豊富なピーマンの特徴は、他の食材のビタミンCより熱に強いこと、そのため炒める、揚げるといった加熱料理が向いています。

また、βカロテンやビタミンEも豊富で、これらは油と合わせると吸収率が高まるので、料理するなら油炒めが最適です。

ただし、組み合わせる食材の栄養素が損失しないよう、ピーマンを千切りにするなどして、火が通りやすい下処理が必要です。

ピーマンは熱に強いビタミンCが免疫力の向上に大活躍

ピーマンのビタミンC・E、βカロテンを豊富に含みます。

抗酸化作用のあるピーマンは、免疫力を高めて風邪予防や美肌作りに貢献します。

しかも、他の野菜に含まれるビタミンCと違って、ピーマンの場合は熱に強いという特徴があるので、ピーマン単体で炒めたり、揚げる事が出来ます。

また、ピーマンには緑色・黄色・赤色などの種類がありますが、緑色のピーマンが熟した赤色ピーマンのビタミンAは約2.2倍、ビタミンEは約5.4倍になるといわれています。

ビタミンEは、美肌を維持する働きがあり、栄養面だけを考えれば、赤ピーマンが最適です。

ピーマンとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ピーマン+かつお節が体に効く理由 炒めピーマンのおかか和え
ピーマンのビタミンCがかつお節のたんぱく質の吸収を促し、免疫力を高める効能が期待できます。
他の栄養素が合わさることで、体作りに貢献します。

[check]ピーマン+牛レバーが体に効く理由 牛レバーとピーマンの焼きそば
ピーマンのビタミンCは、牛レバーの鉄の吸収を高め、貧血の予防に効果があります。
また、血行不良による肌のくすみを改善させる働きが期待できます。

さつまいもの栄養素を強めるレシピ

さつまいもの食物繊維が腸内環境を改善し、美容効果も抜群 旬9~11月。

さつまいもの選び方

[check]両端の断面がしなびていない
[check]皮の色が鮮やかで色むらがない
[check]全体の太さが均一でふっくらしたもの
[check]全体的にツヤがあり、ひげ根が少なく、傷やシミがないもの

さつまいもの注目成分

ビタミンC、カルシウム、食物繊維、ビタミンE、カリウム

さつまいもはオーブンで焼くのがベスト、皮ごと料理しカルシウムとビタミンCを摂取

食物繊維が豊富なさつまいもは、便秘改善による美肌効果など女性に喜ばれる食材です。

また、さつまいものビタミンCは熱に強いという特性があります。冬の風物詩の焼き芋は、まさに栄養に恵まれた食べ物。

皮にはカルシウムが含まれています。オーブンで皮ごと焼いてそのまま食べましょう。

おやつ感覚で食べられるさつまいもは、ビタミンCやカルシウムの補給にピッタリの食材です。

さつまいものビタミンCで肌を健康に、食物繊維でさらに美肌効果

さつまいもを食べる、冬場は生野菜を食べる量が減るため、ビタミンCの摂取も不足しがちですが、そこで重宝されます。

免疫力を高め、肌の健康を維持するビタミンCは熱で壊れやすいのですが、さつまいもの場合は熱に強い特徴があります。

また、ビタミンCは蓄積できないので、さつまいもならおやつ感覚で食べられるので、補給の役割りとしても適任です。

これらの栄養素と並び注目したいのが、食物繊維です。便通を促し、腸内環境を改善することで、肌をより一層美しく保つでしょう。

さつまいもとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]さつまいも+バナナが体に効く理由 さつまいもとバナナのディップ
さつまいものカルシウム、バナナの食物繊維やカリウムが合わさることで、高血圧予防を期待できます。
また、むくみ解消や予防に効果的です。

[check]さつまいも+にんじんが体に効く理由 さつまいもとにんじんのポテトサラダ
さつまいものビタミンCやビタミンEと、にんじんのβカロテンの相乗効果により、免疫力の強化とアンチエイジング効果が期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。