長芋の栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

長芋の栄養素を強めるレシピ

長芋のネバネバ成分ムチンが胃や腸内環境を整える 旬 10~3月

長芋の選び方
[check]ずっしりと重い、皮にハリがあり、傷がないもの
[check]切り口が白い

長芋の注目成分

カリウム、ビオチン、カルシウム、パトテン酸、食物繊維

長芋は生のまますりおろす、梅や酢を入れるとカルシウムの吸収率アップに

消化酵素のアミラーゼに加え、胃を保護して消化サポートするムランを含むながいも。

これらは熱に弱いので、生のまますりおろして効率的に摂取するのがベストです。

また、カリウムやビタミン類のビオチンは水に溶け出す性質があるので、水にはさらさないように。

吸収されにくいカルシウムは、梅干しや酢と一緒に摂ると吸収率が高まるので、すりおろしたものに混ぜてみましょう。

長芋の消化酵素による滋養強壮効果、胃を健康に腸をきれいに

長芋はカリウムなどのミネラルや、ビオチンなどのビタミンが豊富な食材で、さらに「山のうなぎ」と表現されるほどの滋養強壮効果があります。

これは消化酵素のアミラーゼやぬめり成分のムチンによるもので、アミラーゼは消化を助け、ムチンは胃を保護しながら消化吸収を助ける作用があるとされています。

食べ過ぎ、飲み過ぎの時に、摂り入れると良いでしょう。これらは熱に弱いので、すりころす料理が効果的です。

また抗酸化作用のあるβカロテン、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含む食材と組み合わせると、滋養強壮の効果がより期待できます、

長芋との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]長芋+豚ひれ肉 とろろかけ豚丼
体に効く理由は、長芋のカルシウムと、豚肉のビタミンB2は、ストレス緩和に働きます。
また、長芋のビオチンや豚肉のたんぱく質により、美肌維持も期待できます。

[check]長芋+ニラ 豆腐ステーキのニラとろろソース
体に効く理由は、長芋のビオチンと、ニラのβカロテンやビタミンCの相乗効果により、肌を美しく保つことに貢献。
髪をきれいにする効果も期待できます。

白菜の栄養素を強めるレシピ

白菜には豊富なカリウムがむくみを改善し、高血圧予防にも 旬 12~2月。

白菜の選び方

[check]外葉の緑が濃く、葉の巻きがしっかりしていてずっしりと重い
[check]芯に黒斑がない、茎の切り口が白くて瑞々しい
[check]カットしたものは、断面の変色が無く、葉が詰って中央が盛り上がっていない状態

白菜の注目成分

ビタミンC、カリウム、βカロテン、カルシウム、食物繊維、ビタミンK

白菜は煮て、煮汁と一緒に食べて、βカロテン&ビタミンCを吸収する

白菜には、免疫力を高めるビタミンCが豊富、生食が理想ですが、大量に食べるのは大変です。

そこで多少の栄養損失はありますが、煮ることをおすすめします。

水に溶け出したカリウムは、煮汁を一緒に食べられるので問題はありません。

芯の部分を先に煮ることで、料理時間を短縮できます。また、βカロテンやビタミンKの吸収率を高めるために、仕上げに油を加えると良いでしょう。

白菜のビタミンCで風邪予防、ミネラルで高血圧予防

鍋を始め、冬の食卓に度々登場する白菜。風邪が流行する冬に、免疫力を高めるビタミンCを摂取できます。

またカリウムなどのミネラルはむくみの改善や高血圧予防に働くことが期待できます。

栄養素を効率的に摂取するには、生食が一番ですが、白菜のほとんどは水分のため、大量に食べることは困難。

そういった意味から、鍋や煮物は白菜をたくさん食べるのに効果的な料理法です。

水に溶け出したカリウムも汁と一緒に食べられます。

芯などの硬い部分から煮込み、最後に葉を入れるなどの工夫をすれば、栄養素の損失は最小限に抑えられるでしょう。

白菜との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]白菜+かぼちゃ かぼちゃと白菜の味噌汁
体に効く理由は、白菜のビタミンCとかぼちゃのβカロテン、ビタミンEの相乗効果で抗酸化作用が高まります。
それにより美肌効果や風邪予防が期待できます。

[check]白菜+鮭 鮭と白菜の生姜煮
体に効く理由は、白菜のカリウムと鮭のDHAやEPAの相乗効果により、血圧を下げることに貢献します。
これにより、高血圧予防の効果を期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。