ねぎの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ねぎの栄養素を強めるレシピ

ねぎのβカロテンの働きで風邪予防&美肌作りのダブル効果 旬 12~2月

ねぎの選び方
[check]葉先の緑色が濃くてハリがある
[check]葉の幅が広く、肉厚で香りが強い

葉先の緑色と白い部分の境目がはっきりしている。
白い部分は長くてツヤがあり、茎がスカスカしているものは避ける。

ねぎの注目成分

βカロテン、カリウム、ビタミンC、カルシウム、葉酸

ねぎは油でサッと炒めて、ビタミンCとβカロテンを摂取

ビタミンCとβカロテンなどのビタミン類が豊富で、カリウムやカルシウムも含むねぎ。

辛味成分のアリシンも含み、免疫力アップにもってこいの野菜です。

料理では具として薬味として幅広く使用されますが、ビタミンCは熱に弱いので、加熱の場合はサッと炒める程度にしましょう。

βカロテンは油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、オリーブオイルをかけるのも効果的です。

ねぎの緑の部分には免疫力を高めるβカロテンがいっぱい

ねぎには、肌や粘膜の健康維持に働くビタミンCとβカロテン、高血圧予防や骨の形成に貢献するカリウムやカルシウム、さらに抗酸化作用を持つ辛味成分アリシンなど、ねぎは免疫力を高めるスペシャリストです。

体調を崩しがちな冬の疲労回復としても重宝されます。

特に緑の部分の栄養価が高いので、必ず取り入れてください。

どの部分もビタミンCの損失を防ぐために、短時間で炒めることが重要です。また、βカロテンの吸収率を高めるために油を取り入れることもポイントです。

健康の薬味としてさまざまな料理に組み合わせましょう。

ねぎとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ねぎ+いわし(いわしの水煮缶詰)いわし缶とねぎのチャーハン
体に効く理由は、ねぎのカリウムやいわしのカルシウムは高血圧を防ぐ働きが期待できます。
また、ねぎのビタミンCは、いわしの鉄の吸収率を高め、貧血予防に貢献します。

[check]ねぎ+かつお かつおのたたきの香味ねぎのソースかけ
体に効く理由は、ねぎのビタミンCにかつおのたんぱく質が合わさることで、免疫力のアップが期待できます。
また、ビタミンCはかつおの鉄の吸収率を高める働きがあります。

ニラの栄養素を強めるレシピ

ニラの豊富なβカロテンの働きで、疲労回復を促す 旬 11~3月。

ニラの選び方

[check]全体的に鮮やかな緑色でハリがあり、瑞々しい
[check]葉の幅が広く肉厚
[check]葉先がピンとしていて、茎が折れていない
[check]根元は切り口が瑞々しく、茶色く変色していない

ニラの注目成分

βカロテン、ビタミンC、カリウム、ビタミンB6

ニラは油炒めで栄養の吸収率をアップ、仕上げに余熱でサッと

免疫力を高めるβカロテンを豊富に含むニラ。香り成分のアリシンとの相乗効果で、疲労回復への期待度は大です。

このβカロテンの吸収率を高めるには、油炒めが最適です。

ただし、ビタミンCの損失があるので、加熱しすぎだには注意が必要です。

火が通りやすいため、料理の仕上げにサッと炒め、余熱で火を通すくらいでよいです。

タレの薬味など、生食なら栄養を無駄なく摂取できます。

ニラの独特な香りの元アリシンは滋養や疲労回復に効果あり

スタミナ野菜といったイメージがあるニラは実際に、βカロテンや香り成分のアリシン、ビタミンC、カリウムなど多くの栄養素を含んでいます。

風邪予防、肌荒れ防止の他、疲労回復に役立つ野菜です。特に、含有量が多い、βカロテンは油と合わせると吸収率が高まるので、炒め物にするのがおすすめ。

ビタミンCは熱に弱いですが、刻んだものを仕上げに入れてサッと炒めたら、後は余熱で十分に火が通るので、栄養の損失を最小限に抑えられます。

また、血流を促し、肌のコンディションを整えるビタミンEも含まれ、美容面でも役立つ野菜です。

ニラとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ニラ+アボカド アボカドのニラの甘辛炒め
体に効く理由は、ニラのβカロテンやビタミンC、ビタミンE、アボカドの食物繊維により、動脈硬化を予防する働きが期待できます。
免疫機能も高め、疲労回復や風邪予防にも貢献します。

[check]ニラ+木綿豆腐 ニラ入り炒り豆腐
体に効く理由は、ニラのビタミン、豆腐のイソフラボンの相乗効果により、アンチエイジング効果があるといわれています。
また、ビタミン類の働きで風邪予防効果も期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。