生姜の栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

生姜の栄養素を強めるレシピ

生姜のショウガオールで女性の大敵冷え性とさようなら 旬 6~8月

生姜の選び方
[check]皮に傷が無く、ハリ・ツヤがある
[check]肉厚でふっくらしている
[check]切り口が瑞々しく、乾燥していない
[check]カビが生えていないかチェック、光沢のあるものが最適

生姜の注目成分

カリウム、ビタミンC、マンガン、食物繊維、マグネシウム

生姜の皮もそのまま有効活用、薬効成分は加熱で高まる

生姜の辛味成分のショウガオールは、血行を促進して冷えを解消します。

これは皮に近い部分に多く含まれているので、むかずにそのまま料理しましょう。

すりおろし、絞り汁を使用したりすることも多いですが、薬効成分は加熱することで高まるので、煮物がおすすめ。

また、カリウムは水溶性なので、水にさらすことは禁物です。変色を防ぐためにも、切ったらすぐに料理しましょう。

生姜の薬効成分で食欲増進、疲労回復と冷え性改善も

薬効のある食材として昔から重宝され続けている生姜。

辛味成分であるショウガオールには、血行を促進する作用があります。

これにより、冷えや風邪を予防し、食が細い時は食欲増進、また代謝を高めてダイエットサポートまで期待できます。

この薬効成分は加熱すると増えるため、煮物にするのも有効的な料理法です。

他にもカリウムやビタミンCなどが含まれているので、すりおろしなどの生食も栄養摂取に効果的です。

また、魚や肉などの臭み消しにも役立つ生姜は、さまざまな食材と組み合わせ、相乗効果を発揮する優等生と言えるのです。

生姜との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]生姜+手羽先 手場先と生姜のスープ
体に効く理由は、生姜のマンガンと手羽先に含まれるカルシウムは、健康な骨の成長を助ける働きがあります。
また、手羽先の鉄には造血を助ける働きがあり、美肌効果にも役立ちます。

[check]生姜+さんま さんまの生姜煮
体に効く理由は、生姜やさんまに含まれるカリウムは、塩分の摂り過ぎが原因のむくみを解消します。
また、血圧を下げる働きもあるので、高血圧予防への効果も期待できます。

セロリの栄養素を強めるレシピ

セロリは食物繊維と香り成分で美肌や精神安定に貢献 旬 3~5月。

セロリの選び方

[check]葉は緑色が濃くて、ツヤやハリがある
[check]茎は太くてハリがあり肉厚なもの
[check]縦の筋がしっかりしている

セロリの注目成分

βカロテン、カリウム、食物繊維、ビタミンC、パントテン酸

セロリの生食はマヨネーズと一緒に茎も葉は油でサッと炒めて料理

セロリの特徴は、シャキシャキとした食感と独特の香り。

ビタミン類やミネラルが豊富な野菜です。βカロテンは油と一緒にすると吸収率が高くなるので、生の場合は、マヨネーズなどでディップにすれば大丈夫です。

また、炒め物もおすすめで、カリウムが水に溶け出てしまうので、水溶き片栗粉でとろみをつけ、水分も一緒に食べましょう。

セロリのカリウムで血圧低下に期待、食物繊維で腸内環境をきれいに

セロリ独特の香りは、セネリンとセダノリッドという成分で、食欲増進や精神安定に働くといわれています。

特にミネラルの含有量は野菜の中でも多く、むくみ解消や血圧上昇を抑えることに貢献し、食物繊維は便秘解消から美肌を保ちます。

また、ビタミン類は特に葉の部分に多いため、茎も葉も一緒に食べるようにしましょう。

βカロテンは油と一緒に食べると吸収率が高まるので、生の場合はマヨネーズやオリーブオイルと一緒に食べましょう。

油炒めの場合は、カリウムなどが溶け出さないように短時間加熱を心がけてください。

セロリとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]セロリ+わかめ セロリとわかめの卵炒め
体に効く理由は、セロリとわかめの食物繊維は、脂肪の吸収を抑えてダイエットサポートの効能が期待できます。
また、血糖値を維持することにも役立つとされています。

[check]セロリ+あさり あさりとセロリのガーリック炒め
体に効く理由は、セロリのビタミンCは、あさりの鉄の吸収を助けます。
また、美しい髪の維持に役立つとされています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。