アスパラガスの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

アスパラガスの栄養素を強めるレシピ

アスパラガスはアミノ酸の仲間アスパラギン酸で疲労回復 旬 4~6月

アスパラガスの選び方
[check]穂先は真っすぐに伸び、密集して傘が締まっている
[check]全体的にハリ・ツヤがあり、鮮やかな緑色のもの
[check]切り口が瑞々しく、割れていないもの

アスパラガスの注目成分

βカロテン、ビタミンE、ビタミンC、カリウム、ビタミンB2

アスパラガスは長時間加熱しすぎず、サッと炒めて栄養キープ風味倍増の料理に

アスパラガスには、βカロテン、ビタミンEといったビタミン類とアミノ酸もバランスよく含み、免疫力向上や疲労回復に持って来いの野菜です。

βカロテンとビタミンEは脂溶性のため、油と合わせることで吸収率が高まります。

ただ、ビタミンCは熱に弱いので、サッと炒める程度にするなど、長時間加熱は避けましょう。斜め薄切りにすれば、火が通りやすく、食感を残しながら風味が出るので食欲が湧きます。

アスパラガスのアスパラギン酸とルチンのコンビで疲労回復をサポート

アスパラガスから発見されたアミノ酸の一種、アスパラギン酸。

疲労回復の原因となる乳酸を分解し、新陳代謝を高めて疲労回復を助ける働きがあるといわれています。

穂先には、ルチンが含まれ血管を丈夫にする働きが期待できます。

アスパラガスには、グリーンとホワイトがありますが、太陽を浴びて育ったグリーンアスパラガスのほうが、栄養価が高いといえます。

加熱しすぎるとビタミンCが壊れてしまうので、斜め薄切りにして、サッと炒める程度がおすすめです。

βカロテンやビタミンEは、脂溶性のため、油と合わせることで吸収が高まります。

アスパラガスとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]アスパラガス+エリンギ 焼きアスパラガスとエリンギのマリネ
体に効く理由は、アスパラガスのβカロテンやビタミンCとビタミンE、エリンギの食物繊維は、動脈硬化予防に働きます。
また、アンチエイジング効果も期待できます。

[check]アスパラガス+豚ロース肉 豚肉のアスパラガス巻き焼き
体に効く理由は、アスパラガスのビタミンCは、豚肉の鉄の吸収率を高める働きがあります。
これにより肌のくすみも防ぐなど、美容効果に期待ができます。

小松菜の栄養素を強めるレシピ

小松菜はカルシウムを豊富に含んだ緑黄色野菜 旬 12~3月。

小松菜の選び方

[check]葉は濃い緑色で瑞々しく、ハリがある
[check]葉柄が短く、葉先は丸くて小振り

小松菜の注目成分

βカロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウム、鉄

小松菜は下茹での手間いらず、生のままジュースにしても

アクが少ない小松菜は、下茹ではせずに炒め物にしましょう。

βカロテンは、油に溶けやすい性質があるので、油で炒めると吸収率がアップが期待できます。

ただ、ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、切った後に水にさらさないで、サッと火を通す程度にしましょう。

カルシウムも豊富なので、ビタミンDを含む干ししいたけなどと一緒に食べれば、栄養素を効率よく摂取することが出来ます。

小松菜は美容効果のあるビタミンCとカルシウムもたっぷり

小松菜は緑黄色野菜の中でも栄養価が高く、特にカルシウムを多く含む特徴があります。

アクが少ないため、新鮮なものは加熱しないで、そのままジュースにしても良いでしょう。

ジュースにする場合は、少量のオリーブオイルやココナッツオイルをプラスすると小松菜に含まれる、βカロテンの吸収率を高めますが、炒めすぎるとビタミンCの損失量が増えてしまいます。

火が通りにくい茎はそぎ切りにしてから、炒めると火が通りやすくなり、炒める時間も短縮できます。

小松菜との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]小松菜+干ししいたけ 小松菜と干ししいたけの炒め物
体に効く理由は、干ししいたけに含まれるビタミンDは、小松菜に含まれるカルシウムの吸収率を高める働きがあります。
これにより、骨粗鬆症予防や丈夫な歯の維持に期待できます。

[check]小松菜+鶏もも肉 鶏肉と小松菜のレモンバター炒め
体に効く理由は、小松菜に含まれるβカロテンは、鶏肉に含まれる脂質と一緒に摂ると吸収率が高まります。
これにより、感染症予防や皮膚や粘膜の健康を維持する働きが期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。