たけのこの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

たけのこの栄養素を強めるレシピ

たけのこの豊富な食物繊維で便秘解消、肌の調子も良好 旬 3~5月

たけのこの選び方
[check]先端の色が黄色っぽいもの
[check]皮は淡黄色でツヤがある
[check]全体がずんぐりとしていて重みのあるもの
[check]根元に赤いブツブツがない、切り口は白くて瑞々しく、変色していない

たけのこの注目成分

カリウム、ビタミンC、食物繊維、亜鉛、マンガン

たけのこの皮を剥いたらすぐに下茹でで、汁も一緒に摂取できる煮物が定着

腸内環境の改善に働く食物繊維やカリウムが豊富なたけのこですが、消化されにくいのが難点。

和食の食材として重宝され、特にやわらかく消化しやすい状態になる煮物が定番です。

煮汁も一緒に食べられるので、流出したカリウムも摂取できます。下処理は皮を2枚ほど剥いて先端を切り落とし、下茹でするのが基本です。

鮮度が大切な食材ですので、購入したらすぐに下処理をしましょう。

たけのこは豊富な食物繊維ががんや成人予防に期待

春の味覚をして親しまれるたけのこは、何といっても豊富なカリウムと食物繊維が魅力です。

食物繊維は、腸内環境を改善する働きをするので、便秘解消、美肌の維持、がん予防に効果が期待できます。

一方カリウムは、血圧上昇の抑制やむくみの解消まで出来るといわれており、体にうれしい食材です。

ビタミン類も含みますが、少量なのでほかの食材と組み合わせると良いでしょう。

また、たけのこんは消化されにくいという欠点があります。これを解消するには煮ることです。

煮汁ごと食べれば、溶け出したカリウムも摂取できて、効果的です。

たけのことの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]たけのこ+こんにゃく たけのことこんにゃくの煮物
体に効く理由は、たけのことこんにゃくの食物繊維を合わせることで、腸内環境をより整えられます。
老廃物の排泄により、便秘解消や肌荒れ予防にも期待できます。

[check]たけのこ+ぶり たけのことぶりの味噌煮
体に効く理由は、たけのこに含まれるカリウムやぶりに含まれるDHA、EPAは血圧を下げる働きが期待できます。
これにより高血圧予防やむくみの解消が期待できます。

ブロッコリーの栄養素を強めるレシピ

ブロッコリーはビタミン、ミネラル豊富でアンチエイジング効果 旬 12~3月。

ブロッコリーの選び方

[check]硬く締まって中央がこんもりと盛り上がっている
[check]つぼみが鮮やかな緑色で、開いていない
[check]茎の切り口が瑞々しく茶色く変色してなくて、割れていないもの

ブロッコリーの注目成分

ビタミンC、βカロテン、葉酸、ビタミンK、カリウム

ブロッコリーは蒸してから油に合わせることで栄養素損失を防ぎ吸収率を高める

ブロッコリーは、数種のビタミン、ミネラル、食物繊維と、腸内環境を整えて、老化防止が期待できる栄養が豊富な食材です。

特にビタミンCは、茹でると損出が激しいので、これらを解消する料理法は、蒸すことです。

蒸しあがったブロッコリーはマヨネーズやオリーブオイルなどの油分を加えることで、βカロテンの収集率が高まり、味もおいしく頂けます。

ブロッコリーのビタミン類による美肌効果と解毒作用の成分にも注目

ブロッコリーは、ビタミンCが豊富で100g食べると1日に必要な量を満たすといわれています。

肌や粘膜などの健康維持に働く、βカロテンも含まれ、特に茎の部分に多いので、捨てないで食べましょう。表面をピーラーで剥くと食べやすくなります。

他にも腸内環境の改善に期待できる食物繊維が豊富。また、強い抗酸化作用と解毒作用があると注目されているのが、スルフォラファンとう成分です。

これらは茹でると損出しますので、蒸すことが原則です。油分のマヨネーズやオリーブオイルをかければ、βカロテンの吸収率がアップします。

ブロッコリーとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ブロッコリー+アーモンド ブロッコリーのアーモンド味噌和え
体に効く理由は、ブロッコリーのβカロテン、ビタミンC、アーモンドのビタミンEの相乗効果により、抗酸化作用が高まります。
免疫機能が高まり、風邪予防が期待できます。

[check]ブロッコリー+焼き海苔 ブロッコリーの磯和え
体に効く理由は、ブロッコリーのビタミンCは、焼き海苔に含まれるカルシウムの吸収を助けます。
これにより、健康な骨の形成に貢献します。また、丈夫な歯の維持にも期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。