れんこんの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

れんこんの栄養素を強めるレシピ

れんこんのビタミンCとネバネバ成分で疲労回復の恩恵があり 旬 9~11月

れんこんの選び方
[check]表面に傷や黒ずみがなく、全体的に丸みがあって重みがあるもの
[check]両端に節がついているものが良い

カットしたれんこんを選ぶ場合は、切り口が白色で瑞々しく、穴の中が黒ずんでいないもの。

れんこんの注目成分

ビタミンC、カリウム、食物繊維、ビタミンB1、ビオチン

れんこんはアク抜きはほどほどに、焼いて栄養の流出を防止する

れんこんはビタミンC、カリウム、食物繊維を中心にバランスよく栄養素を含む食材です。

水への流出を防ぐために、茹でるより焼く料理のほうが適しています。また、アクにも栄養が含まれているので、アク抜きはほどほどにしておくことです。

お水や冷水に浸ける場合は、5分以内が目安になります。風邪の症状には皮ごとすりおろし、絞り汁を飲むのもおすすめです。

飲みにくい場合は、はちみつを混ぜると良いでしょう。

れんこんのビタミンCで免疫力を高め、ムチンで疲労回復を促す

れんこんは穴が開いて見通しが良いことから、縁起物として親しまれています。

もちろん栄養も豊富で、特に免疫力を高めるビタミンCが多く含まれています。他にもカリウムや食物繊維も含み、肌のトラブルなどに貢献します。

特徴的なのは、ネバネバしている成分ムチンを含むこと。これは疲労回復に役立つ滋養強壮が期待できます。

また、アクの部分にはタンニンというポリフェノールの一種である成分を含み、整腸作用の働きがあります。

よってアク抜きはほどほどにし、酢水に浸ける場合はカリウムやビタミンCが流出しないように短い時間に留めてください。

れんこんとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]れんこん+パプリカ 焼きれんこんとパプリカのマリネ
体に効く理由は、れんこんの食物繊維と、パプリカのβカロテン、ビタミンC、ビタミンEにより、免疫力が強化され、風邪予防に貢献します。
また、美しい髪の維持にも期待できます。

[check]れんこん+まぐろ まぐろバーグのれんこん挟み焼き
体に効く理由は、れんこんのカリウムに、まぐろのたんぱく質が合わさることで、血管を強くする働きが期待できます。
これは、高血圧予防の効果にもつながります。

にんにくの栄養素を強めるレシピ

にんにくの香り成分の硫化アリルで免疫力強化で風邪も撃退 旬 6~9月。

にんにくの選び方

[check]上から見たときに膨らみが均一で粒が大きく、重みがある
[check]薄皮やお尻の部分がしっかり乾燥している
[check]実と皮の間に隙間があるものや外皮が薄いものは裂ける

にんいくの注目成分

ビタミンC、カリウム、ビタミンB6、ビタミンB1、食物繊維

にんにくの栄養素を無駄なく摂取するには「生」のまますりおろして活用しよう

にんにくは、血圧上昇を抑えるカリウム、粘膜や皮膚を保護するビタミンCを含み、さらに免疫力強化の滋養強壮が期待できます。

さまざまなお料理の風味付けとして活用しやすいにんにくですが、ビタミンCは熱に弱いので加熱しすぎは禁物です。

生のまま食べるのがベストで、すりおろせば香り成分アリシンの生成量が増えるとも言われています。

刺激が強いので、食べ過ぎに注意しましょう。

にんにくのビタミンCとアリシンの相乗効果でスタミナ強化

にんにくはスタミナ食材として広く認知されています。

これは疲労回復を助けるビタミンCの他、免疫力強化に強大な力を発揮する香り成分アリシンが含まれているからです。

また、血圧低下に貢献するカリウムも豊富です。和洋折衷、さまざまな料理に風味付けに活用されるにんにくですが、これらの栄養素は熱に弱いのが欠点です。

そこで便利なのが、すりおろしにして活用しましょう。おろしにんにくを加えたタレを料理にかけたり、食材を浸けたり、活用法は幅広いです。

なお、栄養素は豊富ですが、刺激が強いので食べ過ぎには注意してください。

にんにくとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]にんにく+ほうれん草 ほうれん草とにんにくのナムル
体に効く理由は、にんにくのビタミンCは、ほうれん草の鉄の吸収を助け、肌のくすみ予防、美しい髪の維持に期待できます。

[check]にんにく+卵 ゆで卵のにんにく醤油漬け
体に効く理由は、にんにくのビタミンB6と、卵に含まれるビタミンB2の相乗効果で、ストレス緩和の効果が期待できます。
高血圧予防にも作用あります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。