かぶの栄養素を強めるレシピ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

かぶの栄養素を強めるレシピ

かぶは消化酵素の働きで消化を助け腸内をきれいに 旬 9~12月

かぶの選び方
[check]葉付きの場合は、茎がまっすぐで傷が無くて、ハリがあり濃い緑のもの
[check]葉と根の間のつなぎ目が白いもの
[check]根は丸くてハリ・ツヤがあり、重みが合って傷のないもの

かぶの注目成分

カリウム、カルシウム、ビタミンC、食物繊維、葉酸

かぶは素早く炒めるか、湯通しで栄養損出を防ぐ

かぶは根の部分に消化酵素のアミラーゼを含んでいます。

ビタミンCは、熱に弱いので加熱はサッと炒め煮にする程度がおすすめです。

加熱を短時間にすれば栄養の損出を防ぐだけでなく、煮崩れもおきません。

かぶの根も葉も栄養豊富、消化吸収よく胃腸を保護します

かぶは葉と根で栄養成分に大きな違いがある野菜です。

葉は緑黄色野菜であり、根よりもβカロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどの栄養素が豊富です。

一方根は、淡色野菜であり、消化酵素のアミラーゼを豊富に含みます。

アミラーゼは消化吸収を助ける働きがあります。葉と根の両方を食べましょう。

かぶとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]かぶ+豚挽き肉 かぶと豚肉のそぼろ
体に効く理由は、かぶに含まれるビタミンCは、豚挽き肉に含まれる鉄の吸収率を高める働きがあります。
これにより、貧血予防や血流を良くして肌のくすみを防止する働きが期待できます。

にがうりの栄養素を強めるレシピ

にがうりの苦味成分が、食欲を増進させ夏バテを解消させる 旬 6~9月。

にがうりの選び方

[check]全体の色が濃い緑色でずっしり重いもの
[check]ハリ・ツヤがあり、イボが硬い
[check]細かく密集していて傷が無く、潰れていないもの

にがうりの注目成分

ビタミンC、βカロテン、葉酸、ビタミンE、食物繊維

にがうりは炒めて栄養の流出を防ぐ、他の食材とチャンプルー

にがうりは免疫力を高めるビタミンCが豊富で、このビタミンCは他の食材のものと比べて損出しにくいので、炒めてOK。

苦味を取るために茹でることがありますが、栄養の流出を防ぐためには避けてください。

にがうりのビタミンCは壊れにくいので加熱料理に

多くの野菜のビタミンCは加熱すると壊れやすいのですが、にがうりのビタミンCは加熱しても壊れにくい特徴があります。

ただし、水にさらすと流れ出てしまうため、切った後は水にさらさないようにして下さい。

にがうりの独特の苦味であるモモルデシンは、消化液の分泌を促進して食欲増進効果が期待できます。

にがうりとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]にがうり+豚ロース肉 豚肉とにがうりのチャンプルー
体に効く理由は、にがうりの含まれるビタミンCや豚ロース肉に含まれるたんぱく質は免疫力を高める働きが期待できます。
これらの相乗効果で免疫力強化が期待できます。

しその栄養素を強めるレシピ

しその特出した量のβカロテンを含み風邪予防に活躍 旬 7~10月。

しその選び方

[check]葉が瑞々しく、全体にハリがある
[check]濃い緑色で黒斑がない
[check]茎の切り口が黒ずんでいない

しその注目成分

βカロテン、カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンE

しそは生なら刻んでトッピング、加熱なら油で炒める

しそには免疫力を作用するβカロテンが豊富で、この栄養素は油と合わせると吸収率が高まるので、炒め物がおすすめです。

ビタミン・ミネラルも豊富なので、生のままなら刻んで取り入れましょう。水にさらすとこれらの栄養素が流出します。

しそを刻んで炒め物にしてたっぷり摂取しましょう

しそはβカロテンが豊富ですが、しそ単体では食べにくいのが難点です。刻んで炒め物に入れる、オリーブオイルやにんにくなどとソースにすれば、たくさん食べられます。

また、香りのもとである精油成分(しそ油)に含まれるα-リノレン酸は、アレルギーやがん予防の働きが期待できると言われています。

しそとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]しそ+いか いかのしそ風味炒め
体に効く理由は、しそに含まれるカリウムやいかに含まれるたんぱく質は、血圧を下げる働きが期待できます。
合わせて摂ることで高血圧予防がより期待でき、むくみ解消にも役立ちます。

オクラの栄養素を強めるレシピ

オクラはたんぱく質で消化吸収を助け、食物繊維で腸内環境を改善 旬 6~9月。

オクラの選び方

[check]鮮やかな緑色で、うぶ毛が密集しているもの
[check]小ぶりで大きさや形が均一
[check]ヘタの切り口が瑞々しくて、変色していないもの
[check]同じ大きさなら重いものを選ぶ

オクラの注目成分

βカロテン、ビタミンB1、食物繊維、ビタミンC、鉄

オクラは生でサラダやソースに加熱は短時間炒めがおすすめ

オクラには抗酸化作用があるβカロテンを含みます。

油と合わせることでβカロテンの吸収率が高まるので、炒め料理が良いです。また、ビタミンB1やビタミンCも貴重で、これらを摂取するには生のまま食べるのが良く、新鮮なら軟らかいです。

オクラのネバネバ成分が血糖値の上昇を抑えます

オクラに豊富に含まれるβカロテンは、光の色や明暗を感じるロドプシンという色素の主成分として目の健康維持に役立つ他、皮膚や粘膜の健康維持、感染症予防に貢献します。

ネバネバは食物繊維のアラバン、ペクチン、ガラクタンなどによるもので、胃腸の保護や血糖値の上昇を抑える働きが期待できます。

オクラとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]オクラ+玉ねぎ オクラと玉ねぎのピクルス
体に効く理由は、玉ねぎに含まれるアリシンは、オクラに含まれるビタミンB1の吸収率を高める働きがあります。
これにより、疲労回復やストレス緩和の効果を期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。