ほうれん草は切り方とタイミングでビタミンを大切に摂取してお得になる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ほうれん草は切り方とタイミングでビタミンを大切に摂取してお得になる

ほうれん草はデリケートな葉物野菜です

ほうれん草のように葉物野菜は面積の大きい葉からどんどんと水分が抜け、しなびてしまいます。

また常温保存ですとビタミンCが1日で60%も減るので大損です。

なるべく、鮮度が高いうちに食べるのか、アク抜きをして冷凍保存をするとお得です。

ほうれん草の生長点は葉先

ほうれん草のビタミンは葉先に集中しています。

根元から栄養を送るため、ビタミンなどの栄養は葉先にたっぷり含まれています。

選ぶ時は葉先の色の濃いものを選ぶと栄養たっぷりでお得に。

ほうれん草は茹でるのは短時間です

ほうれん草は茹でる前に切るのはだめ、電子レンジ加熱がおすすめです。

ほうれん草のビタミンCやβカロテンなどに加え、鉄やマグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富な、葉物野菜の王様です。

アクが強いため下茹でが必要ですが、切るタイミングと切り方で栄養を大損することがあります。

まず、茹でる前に切ってしまうのは絶対にやってはいけません。切り口からどんどんとビタミンCが流れ出てしまいます。

ほうれん草は茹でているうちに4割ものビタミンを損出してしまいます。これを抑えるためにも、ほうれん草を切るのは茹でた後というのが鉄則です。

葉先と根元で含まれる栄養素が違うので、冷凍して小分けで使う時は、1回分で使う量の中に根元と葉先が含まれるように切り分けて保存してください。

ほうれん草のアク抜き

ほうれん草のアクの正体はシュウ酸で、えぐみだけでなく、尿路結石の原因にもなるといわれています。

ビタミンの流出に気をつけて下茹でしたり、電子レンジを使いましょう。

たっぷりのお湯で30秒ほど塩茹でし、その後に冷水で荒熱を取ります。

多少のアクは残りますが食品用フィルムで包み電子レンジに20秒ほどかけ、冷水にさらす。

少な目のお湯で茹でて、流水で冷やす。かつお節などで旨みを足し、アクの雑味を消します。

ほうれん草の種類とマッチング

ひと口にほうれん草といっても、今はいろいろな種類があります。

ちぢみほうれん草は、葉肉が厚く寒さに当たってグッと甘みを増したものです。鍋物などに最適です。

赤茎ほうれん草やサラダほうれん草は、アクが少なくやわらかいので、生食できるのでおすすめです。

ほうれん草は捨てるところは無く赤い根元も捨てないで料理してお得に

ほうれん草の根元の赤い部分は捨てると大損です。根の赤にはマンガンが豊富です。

貧血を防ぐ鉄分や骨を作るマンガンは、葉よりも根の赤い部分にこそ多く含みます。

ポリフェノールも入って、アンチエイジングには欠かせない栄養素です。

ほうれん草にはえぐみやアクのもとのシュウ酸が含まれています。沸騰したお湯でサッと茹で、水にさらしてアクを抜きますが、ビタミンが流れ出てしまうため、1分くらいで手早くお願いします。

ほうれん草は緑黄色野菜の中でトップクラスの栄養が豊富でお得

ほうれん草は鉄分の吸収を高めるビタミンCや疲労回復するビタミンB群、体を作るミネラルなどが豊富なエース級の野菜です。

ほうれん草の根元には葉先に送るための栄養がいっぱいでお得

ほうれん草は、疲労回復にも美肌にも、老若男女問わず必要な栄養素が詰った葉物野菜です。

葉や茎はもちろんですが、ここで注目してほしいのが根元の赤い部分です。

昔は「食べちゃだめ」といわれていましたが、実はこここそがすごく大事な部分だったのです。

根から栄養素を吸い上げ、茎を通って葉先に送るため、ほうれん草の中でいちばん栄養が多いのは葉の部分です。

そして根は、葉先に送るための栄養素を溜めているので、実は茎よりも栄養は豊富です。

根元の部分にも、ミネラルなどの栄養がしっかり含まれているからです。

また根元は栄養と共に甘みを蓄えているので、捨てないで食べないともったいないですし、大損します。

ほうれん草は根元も一緒に洗う

ほうれん草の根元は土が溜まりやすく洗うのがちょっと面倒ですが、基本の洗い方なら根元も簡単に汚れが取れてしっかりきれいにします。

1.ほうれん草の根元に十文字の切込みを入れる
2.流水、または水を溜めたボウルの中でもむように泥を落とす

旬のほうれん草は最強でお得

旬である冬を迎えたほうれん草は、夏に比べてビタミンCが何と3倍に。

そして、甘みは9倍も上がります。旬のほうれん草は、風邪を引きやすい冬の体をしっかり守ってくれるので、時期は逃さずに食べましょう。

ちなみにほうれん草のビタミンCは冷蔵保存では9日間で70%が失われてしまいますが、下茹でしたものを冷凍すればビタミンCの量はほぼ変わりません。

保存するなら茹でてから冷まして、冷凍保存すれば最長1ヵ月鮮度はキープでお得に。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。