ニラは葉先にはビタミン類がぎっしり詰っている – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ニラは葉先にはビタミン類がぎっしり詰っている

ニラは部位ごとに切り方を変えて栄養4倍もお得になる

ニラの葉先はビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富な別名「マルチビタミン野菜」。

ニラに含まれるクロロフィルには腸内の解毒効果もあります。ニラの葉先よりも根元に4倍ものアリシンがあります。

ニラの独特の香りの正体は、玉ねぎやにんにくに含まれる血液サラサラ成分アリシンです。

疲労回復効果も高く、ニラの場合は、葉先よりも根元に4倍もの量が含まれているので、細かく刻んですぐに食べましょう。

ニラの根元はみじん切り、葉先はざく切り、切り方を変えて栄養を逃がさないようにするのがお得です。

ニラは緑黄色野菜の中でもトップクラスの「栄養王者」

ニラの葉先には風邪予防やアンチエイジング効果があるビタミンが豊富です。

根元には疲労回復に効果テキメンのアリシンが4倍も含まれいぇいます。

でも、切り方ひとつでその25%の栄養が台無しになります。

玉ねぎ、にんにくと同じく、根元のアリシンを充分に摂取するためには、出来るだけ細かく刻んで活性化させてから、10分以内に食べるとより効果的にお得です。

ただし、葉先のビタミン類は細かく刻むと損出しますので、葉先はだ切るだけ大きくさく切りにしてください。

濡れたままおいて置くのもビタミンが失われるので、洗うのも切るのも料理の直前が鉄則と覚えておきましょう。

ニラ+ビタミンB1食材で吸収率が何と10倍アップ

夏バテ対策やスタミナ料理にニラが良く使われるのは、ニラのアリシンが疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収率を10倍もアップさせてくれるからでしょう。

実は、アリシンは時間で変身する成分なんです。10分でアリシンの活性化はピークを迎えますが、15分以上経つと血糖値を抑えるジスルフィドに、30分以上経つと血栓予防効果のあるトリスルフィドという成分へと変化します。

料理方法だけでなく、料理時間もTOPに合わせて使い分けましょう。

ニラはビタミンB1の多い豚肉やレバーと一緒に。豚挽き肉と混ぜ、餃子のタネにするのも、お得レシピのひとつでおすすめ。

ニラの料理はタイミングが生命

先に切っておくは断固反対でだめ、ニラに含まれるビタミンCやカリウムは、水に溶けやすいため茹で料理は大損。

炒めるなどの加熱料理も1~2分の短時間にするのがポイントです。電子レンジで「簡単おひたし」にするのがおすすめ。

春先のニラは生でも食べられるので、ごま油などで和えれば脂溶性のビタミンAの吸収率が10倍アップします。

にんにくはすりおろしが一番お得

にんいくの細胞を壊して元気いっぱいアリシンをお得に活性化させましょう。

にんにくの疲労回復物質アリシンは、細かく刻めば刻むほど10分待つとさらに活性化します。

殺菌効果や生活習慣病予防の効果も期待できます。

にんにくをすりおろして10分で殺菌作用が抜群に

植物を守るために、外敵に細胞が壊されると強烈な匂いを発するアリシン。

殺菌効果が高く、みじん切り、すりおろしなど細かく刻むほどに活性化してパワーを発揮します。

もっともその効果を発揮するのは、すりおろすことで10分後には殺菌効果も香りも最高潮になります。

すりおろした後は、早めに料理しましょう。なるべく効果を残す方法として、アリシンが空気中に逃げてしまうその前に油と合わせると、トリフルフィド、アホエンなどの成分に変化します。

これらはがんの抑制や血栓予防に効果があると期待される成分で、高血圧予防効果も期待できますので、ぜひ積極的に摂り入れる習慣を心がけてください。

にんにく+オイルでさらにパワーアップ

もっとも効果的にアリシンを摂取できるのは、にんにくのすりおろしです。

実は、これをさらにゆっくり加熱をすれば、がん予防の効果が期待できるとされる成分アホエンに大変身します。

力強いパワーを持っていますので、オリーブオイルに漬けて、にんにくオイルなどにしておくと炒め物やパスタなどにも重宝して、余すところなく、にんにくの栄養が摂れて、大変お得です。

・オイルで加熱
ゆっくりと加熱することでアリシンがアホエンに変化し、匂いも抑えることが出来ます。

・すりおろし
10分でアリシンのパワーが最大に、殺菌作用のほか、疲労回復や血行促進の効果も期待できます。

にんにくは匂いだけじゃなく食べ過ぎ注意のワケとは

疲労回復から生活習慣予防まで、さまざまな健康維持効果を持つにんにくですが、刺激が強いので胃腸の弱い人は食べ過ぎには要注意。

特に生のにんにくは食べ過ぎると胃痛か下痢などを引き起こす原因になります。

食べる量は大人の場合、生なら1片、加熱なら2~3片に。子供はその半分程度を目安にしてください。

1週間で玉ねぎのポリフェノールを4倍お得に

玉ねぎは最強の血液サラサラ食材です。玉ねぎは実のアリシン&皮のポリフェノール・ケルセチンを合わせて最強の血液サラサラ野菜です。

玉ねぎの実の部分のケルセチンを日光で増やす方法を知らないと大損

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンは、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでくれます。

玉ねぎの皮をそのまま食べるのは難しいですが、可食部分のケルセチンを増やす方法があります。

ケルセチンは皮を取り除いてから約1週間日光に当てると細胞を守ろうとして、ケルセチンの量を4倍に増やします。

加熱や冷凍でも成分は壊れませんが、水に溶け出しやすいので、料理するならスープや煮込み料理にして汁後と食べるのがおすすめ。

細かく刻めばアリシンも活性化します。また取り除いた皮は煮出して、皮茶にすればさらにお得に栄養が摂れます。

玉ねぎは、日に当てて、みじん切りが最強パワーでお得な理由。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。