おでんの大根は栄養成分ビタミンはゼロ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

おでんの大根は栄養成分ビタミンはゼロ

大根のおもな栄養素はカリウムとビタミンC

大根のビタミンCは、根の外側と葉に送られるため、中心よりも外側の皮付近が豊富です。

大根の先端には辛みのことが、大根のぴりっと辛さは、細胞が傷つくことで活性化するインチオシアネート。

殺菌作用があり、根元と皮に特に多く含まれています。

大根は加熱に弱く酵素もビタミンCも大損

冬の定番料理の温かい「おでん」。良く味のしみた大根は人気の具材ですが、実は栄養価の面から見ると、かなり残念なことに、茹でたらビタミンCはほぼゼロ。

大根の重要成分のジアスターゼは、消化酵素として知られていますが、加熱に大変弱く50~70℃ほどで働きを失ってしまいます。

大根には脂質を分解する酵素リパーゼも含まれていますが、こちらも同様に消滅。

そのうえ、大根で重要な栄養素のビタミンCですが、水溶性なので、煮込んでいる間にすべて煮汁に流れ出てしまいます。

また皮付近に一番含まれていることもあり、皮を剥いて煮込むその時点でビタミンCはほぼゼロ。

大根はよく洗って皮ごと生で食べるのがおすすめです。

大根の栄養素を守りながら皮ごとおろす

大根の栄養素を余さず摂るなら、皮ごと生で食べられる「大根おろし」がお得。

細胞が傷つけられると、辛味成分イソチオシアネートが活性化しますが、血液サラサラ効果やアンチエイジング効果のほか、発がん抑制効果も期待できる頼もしい存在です。

おろして15分ほどで半減してしまうので、おろすのは食べる直前が鉄則に。

素早く上下に動かすようにすると辛みが強くなり、ゆっくり「の」の字を書くようにすると辛みが和らぎます。

汁にもイソチオシアネートが流れ出るので、汁ごと頂くのがポイントです。

大根おろしで風邪予防。大根おろしの殺菌消炎作用は、薬膳でも活用されています。

おろして出た汁にハチミツを加えて飲むと、喉の痛みを抑えます。ビタミンCが風邪の予防にも力を発揮します。

大根の葉は根よりもビタミンCがほうれん草の5倍

大根はビタミン・ミネラルが満タン。葉はほうれん草と比べビタミンCは5倍、カルシウムは5.3倍。

これを捨てるなんて絶対にもったいないです。葉付きで売っていたら即買いましょう。

大根の葉は緑黄色野菜で、栄養満点の超優秀食材です。

切り落とした状態で売られていることがほとんどですが、葉付きで売っている新鮮なものを見つけたら、迷わずに買いましょう。

大根の葉は根の栄養素を吸収してしまうので、買って来たらすぐに根と葉を切り分けましょう。

葉は保存しやすい大きさにカットし、熱湯でサッと茹でて冷ましたら、冷凍保存がおすすめ。葉に多く含まれる美肌に効くビタミンAは脂溶性。

そのままでは10%程度しか吸収できませんが、茹でるよりは油で炒める料理をすれば体も喜びお得に。

大根おろしに小麦粉を加えて練り、ガーゼに伸ばし肩に貼ると、筋肉の炎症を鎮めて急性肩こりに効果的です。

かぶは葉っぱが命βカロテンは根の2800倍、ビタミンAは230倍

かぶの葉っぱの方が大事、茹でるのがお得。栄養価でいうなら、かぶのイメージは根より葉っぱ。

βカロテン、ビタミンB群、ビタミンCなどが豊富に含まれているので、美肌にも、疲労回復にも効果的です。

またかぶの葉は茹でると、βカロテンは1.2倍にアップします。

ビタミンCがカルシウムの吸収率を上げるので、乳製品と合わせてカルシウムの吸収率を上げるので、乳製品と合わせてシチューにしてもお得。

スープまで飲めば溶け出したビタミンも無駄なく摂ることができます。

大根と比べて、葉付きで売っている場合も多いので、葉っぱは捨てないで「もったいない料理」にならないようにしっかり食べましょう。

貧血を予防する鉄分や葉酸もたくさん含まれているかぶの葉は、糠漬けにすると、代謝をアップさせるナイアシンが5倍にアップでお得に。

ゴーヤは下茹でると意味なしビタミンC70%ダウンに

ゴーヤは下茹でなしでも苦みは減らせます。下茹でなしで、スライス&塩もみだけで苦みは減らせます。

ゴーヤは10分揉んでおいて軽く絞るか、サッと流水で洗います。洗い過ぎには注意しましょう。

ゴーヤは下茹でしたら台無しに

夏バテ防止野菜として、不動の位置を築いた健康野菜ゴーヤ。

独特の苦みを抑えるために下茹でをしてから料理する場合も多いですが、ゴーヤは茹でると、最大70%のビタミンを失ってしまいます。

茹でた後に残ったビタミンCはたったの30%。疲労回復効果をになうビタミンB分も1/3にまで減ってしまいます。

茹でた後はすぐに冷やし、冷凍することで栄養の損出は抑えられますが、やはり多少は減ってしまいます。

ただし、ゴーヤチャンプルーなど油で炒める料理なら、βカロテンや脂溶性のビタミンKの吸収率を上げることが出来ます。

加熱するなら「茹でる」よりも「炒める」がお得。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。