さつまいもはじっくり加熱で麦芽糖を5倍も甘くできる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

さつまいもはじっくり加熱で麦芽糖を5倍も甘くできる

さつまいもは熱に強いビタミンCを持つ

さつまいもはでんぷんに守られているため加熱に強いビタミンCとコレステロール値を下げて便通をよくする食物繊維を持つ屈指のヘルシー食材。

加熱の仕方で甘みが変化します。さつまいもの皮には、独自成分ヤラピンが含まれ、胃の粘膜を保護して、腸の動きを助けます。

抗酸化作用のポリフェノールも豊富なので、皮ごと食べるのがおすすめ。

さつまいもの甘さを引き出す方法

野菜の中でも断トツの甘さを誇るさつまいもは、おやつとして食べる人も多いと思います。

さつまいもは豊富なビタミンC、アンチエイジング効果のあるポリフェノールを含む、健康にも美容にも頼もしい食材です。

でも、つい手軽だからと「レンジでチン」だと、さつまいもの魅力は半減します。

さつまいもは、でんぷんが酵素の働きで麦芽糖に変わり、甘くなります。ただし、この酵素の活性温度は60~70℃。

90℃以上ですと働かなくなってしまいます。

電子レンジでは甘くなる前に火が通るため、ゆっくり加熱したものより甘みがたったの5分の1に。

美味しいと感じると体の栄養吸収率がアップします。

美味しさと吸収率もアップさせしっかり甘みを引き出して召し上がってください。

さつまいもの甘さをしっかり引き出す方法は、160~180℃のオーブンでじっくり1時間ほど焼くか、蒸し器で蒸かすのがおすすめ。

でもちょっと手軽にしたい場合には、アルミホールに包んで、オーブントースターや魚焼きグリルを活用すると、40分ほどでひっくり返しながら焼いても甘く仕上がります。

さつまいもをゆっくり加熱なら腸をきれいにする効果が3倍も特に

お通じをよくする食物繊維が豊富で、独自成分ヤラピンが腸をきれいにしてくれるさつまいもです。

さらにさつまいもの麦芽糖は腸の活動を活発にしてくれる働きもあります。

ゆっくり加熱で麦芽糖を増やせば、甘みだけでなく、お腹の元気も手に入れられます。

きゅうりはぬか漬けでビタミンB1が8倍得する

きゅうりは工夫次第で栄養バランスがよく摂れます。

きゅうりに含まれるアミノ酸「シトルリン」には、血管を広げて血流をスムーズにする効果と血管を元気で丈夫に保ちます。

95%が水分で夏の水分補給に最適なきゅうりは、ただの水分ではなく、体内の余計な塩分を排出するカリウムを豊富に含むデトックス野菜。むくみ解消にも役立ちます。

きゅうり単体で食べるよりぬか漬けでパワーアップ

世界一栄養のない野菜として、ギネス認定されているきゅうりですが、おすすめの食べ方は、油で炒めるなど、サッと加熱することです。

そうすると、ビタミンCを酸化させるアスコルビナーゼの働きがストップするので、他の野菜と料理する時に、ビタミンCは破壊されません。

さらに、きゅうりをぬか漬けにすれば、もともと持っている栄養素はそのままに、ぬかの持つ栄養成分をきゅうりが吸収して、一気にパワーアップ出来お得に。

疲労回復効果のビタミンB1は8倍に、カリウムやビタミンKは3倍に、ビタミンCも1.5倍に急増させることが出来ます。

ぬかの乳酸菌も一緒に摂れるので、腸内環境を整える効果もプラスしてくれるでしょう。

簡単にきゅうりのぬか漬けを作る方法

ぬか漬けが体にいいのは分かっているが、ぬか床から自分で作るのはちょっと面倒だと言うのなら、市販の熟成ぬか床を使うのもおすすめです。

深めのホーロー容器や密閉容器などにぬか床を入れ、水気をよく拭き取って塩を塗り込んだきゅうりを埋め込みます。

丸のままのきゅうりなら、冷蔵庫で半日~1日で完成です。

きゅうりの苦みは板ずりで減らしましょう

きゅうりにはほんの少し、苦みが感じられる成分ギ酸が含まれています。

ギ酸はアクの元になる物質で、きゅうりの維管束という場所にあります。

アクを抜くときには、きゅうりの先端を切ってこすり合わせるか、塩を振ってまな板の上でこすり合わせる「板ずり」をしてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。