アボカドは油でサッと炒めて栄養素の吸収率をアップ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

アボカドは油でサッと炒めて栄養素の吸収率をアップ

アボカドのビタミン類で肌も腸内もきれいな状態に

美肌作りに役立つビタミンCは、熱に弱いため、サッと炒めてください。

若返りの栄養素でビタミンEは脂溶性なので油と合わせてください。

食物繊維も豊富ですが、脂質も多いのでバランスよく摂取しましょう。

アボカドの選び方

[check]黒いに近い深緑色でツヤがあり、皮の表面がなめらか
[check]触ったときに弾力があるもの
[check]極端にやわらかい、一部だけへこんでいるものは避ける

アボカドの注目成分

ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、ビタミンB6

アボカドとの効果2倍アップの食べ合わせ

アボカド+えび えびとアボカドのマスタード炒め
アボカドのビタミン類とえびのたんぱく質が合わさることで、アンチエイジング効果が期待できます。

美肌作りにも貢献するといわれています。

アーモンドの栄養素を吸収するにはすりつぶして細胞壁を壊す

アーモンドには、ビタミンEとビタミンB1の働きで細胞を強化し、疲労回復に。

細胞を強化させるビタミンE、疲労回復を促すビタミンB1などを含むアーモンドです。

この栄養素は細胞壁を壊して吸収できるので、すりつぶすのが有効に。

ビタミンB2は光に弱いので、日光は極力避けるように保存することです。

アーモンドの選び方

[check]むき実は粒が割れていないもの

アーモンドの注目成分

ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB1、銅

アーモンドとの効果2倍アップの食べ合わせ

アーモンド+イチゴ イチゴとアーモンドのトースト
アーモンドのビタミンEと、イチゴのビタミンCは、それぞれ免疫力強化の効能があると言われ、これらを合わせることで、より健康増進が期待できます。

りんごはできれば皮も一緒に食べ、すりおろして酵素を増やす

リンゴ酸やクエン酸で疲労回復に働く成分です。すりおろすと細胞膜が壊れ、酵素が活発になります。

整腸作用がある食物繊維もある皮ごと食べましょう。ビタミンCは熱に弱いので加熱は損です。

りんごの選び方

[check]軸がしっかりしている、皮にハリ・ツヤがあり、傷が無い
[check]色むらが無く、全体に色づいている
[check]同じ大きさなら重いものを選ぶ

りんごの注目成分

ビタミンC、カリウム、食物繊維、銅

りんごとの効果2倍アップの食べ合わせ

りんご+ヨーグルト りんごとヨーグルトのスムージー
りんごの食物繊維と、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整える作用があります。

これらが合わさることで、便秘解消が期待できます。

バナナは生食がベスト、ソテーして食物繊維を摂取

バナナにはカリウムが精神を安定させ、ストレス対策にも貢献します。

でんぷん質を含むバナナはエネルギー補給に貴重な食材。ビタミンCやカリウムは熱に弱いのですが、食物繊維を摂取するために、ソテーなど油と合わせることで腸内環境の改善に役立ちます。

バナナの注目成分

カリウム、ビタミンC、食物繊維、ビタミンB6

バナナの選び方

[check]全体の色が黄色で傷やへこみがない
[check]つけ根がしっかりしている

バナナとの効果2倍アップの食べ合わせ

バナナ+くるみ 焼きバナナのくるみソースがけ
バナナとくるみに含まれる食物繊維は、腸内環境を整える作用があります。

これらが合わさることで、美肌効果や便秘解消の効果などが期待できます。

味噌の鉄により貧血予防、大豆の酵素で免疫力アップ

味噌はなるべく加熱処理しないものを選びましょう。熱に弱く、水に溶け出す性質で仕上げに加え、加熱しすぎないように。

味噌汁を作る際は、仕上げに味噌を入れ加熱しすぎないように注意しましょう。

生活習慣病予防に働く酵素は、熱に強くありません。また、貧血予防に働く鉄は水に溶け出すので、煮物は煮汁も一緒に摂取しましょう。

味噌の注目成分

葉酸、鉄、モリブデン、銅

味噌との効果2倍アップの食べ合わせ

味噌+キャベツ
キャベツにビタミンCは、味噌の鉄の吸収率を高める作用があります。これにより貧血予防に期待でき、ほかにも美肌、免疫向上の効果も期待できます。

酢の水溶性カリウムでむくみスッキリ

酢は、混ざり物が少ない、醸造酢を選びましょう。非加熱がおすすめ。

むくみ解消などに働くカリウムは水溶性なので、ドレッシングにすれば栄養を無駄にしません。

酢は、カルシウムの吸収率を高めるので、魚介類などと合わせましょう。合わせ酢も料理に多用しましょう。

酢の注目成分

カリウム、ビタミンB12、炭水化物、モリブデン

酢との効果2倍アップの食べ合わせ

酢+ヨーグルト カルシウムとコンビでヨーグルトドレッシング
酢がヨーグルトのカルシウムの吸収を助けて丈夫な歯の維持が期待できます。

ココアのカカオポリフェノールで疲労やストレスを解消

ココアは砂糖が混ざっているものではなく、ピュアココアと表示されているものを選びましょう。

温めて胃腸の負担を軽減。加熱のしすぎはいけません。体調を整えるビタミンB1や、高血圧予防に働くカリウムは、水溶性なので、ドリンクにするのが最適。

温めて胃腸の負担軽減と機能向上を図りますが、ビタミンB1は熱に弱いので軽く温める程度にしましょう。

ココアの注目成分

ビタミンB1、カリウム、食物繊維、銅

ココアとの効果2倍アップの食べ合わせ

ココア+きな粉 きな粉ココア
ココアときな粉に含まれる食物繊維は、腸内環境を整える作用があります。

これにより、便秘解消をサポートし、美肌・美髪などの美容効果も期待できます。

緑茶のカテキンパワーで浸出し、日光を避けるようにしてください

カテキンの脂肪吸収効果に注目され、カリウムも含んで水溶性なので理に適った飲み物です。

なお、ビタミンB2は光に弱い性質なので、日光が当たらないように注意しましょう。

緑茶の選び方

[check]ツヤがあり、緑色が鮮やかなもの
[check]よく乾燥していて、香りがいいもの

緑茶の注目成分

ビタミンB2、カリウム、ビタミンC、マンガン

緑茶との効果2倍アップの食べ合わせ

緑茶+バナナ 緑茶バナナスムージー
緑茶とバナナに含まれるカリウムは、塩分を体外に排出する働きがあるといわれています。

これにより手足や顔のむくみ解消の効果が期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。