ココナッツオイルの抗酸化作用で美肌&美髪 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

ココナッツオイルの抗酸化作用で美肌&美髪

ココナッツオイルはコレステロール値も低下

ココナッツオイルは酸化しにくいので熱しても大丈夫です。調味料として多用する。

抗酸化作用で注目を浴びるココナッツオイルですが、加熱料理する料理の調味料としても使用できます。

コレステロール低下の作用があるビタミンEは熱に強く可燃もOK。

ココナッツオイルの選び方

[check]エクストラバージンココナッツオイルと表示されているもの。
[check]化学成分・添加物無添加のもの

ココナッツオイルの注目成分

ビタミンE、飽和脂肪酸、脂質

ココナッツオイルとの効果2倍アップの食べ合わせ

ココナッツオイル+アスパラガス アスパラガスのココナッツオイル炒め
ココナッツオイルのビタミンEと、アスパラガスのβカロテンは、抗酸化作用があり、これらが合わさることで、美肌・美髪など美容効果が期待できます。

チアシードの食物繊維で消化機能を向上させる

チアシードで便秘解消で美肌効果も、農薬、添加物不使用のものを選びましょう。

チアシードは、消化吸収を高めるために、浸水させてゲル状にしてから食べる。食物繊維が豊富なチアシードは、整腸作用があるだけではなく、満腹感を得やすいスーパーフードです。

乾燥した状態では、消化吸収が悪いため、浸水させてゲル状にしてから、摂取するのが適切でおすすめします。

チアシードの注目成分

食物繊維、カリウム、鉄、カルシウム

チアシードとの効果2倍アップの食べ合わせ

チアシード+イチゴ イチゴのチアシードジャム
イチゴのビタミンCは、チアシードの鉄の吸収を助ける作用があります。

これにより肌のくすみ予防が期待できます。

アサイーは肌荒れ、老化予防に貢献するポリフェノールのパワー

アサイーは、農薬、添加物不使用のものを選び、加熱はNG、生食がベストでビタミンと組み合わせると栄養価もお得に摂取。

殺菌作用による肌荒れ防止、抗酸化作用による細胞の老化防止効果のあるポリフェノールは、熱で損出するため、生食での使用をおすすめします。

ビタミンC、Eを含む果物と組み合わせて食べるのが最適食材です。

アサイーの注目成分

ポリフェノール、ビタミンE、食物繊維、鉄

アサイーとの効果2倍アップの食べ合わせ

アサイー+豆乳 アサイー豆乳スムージー
アサイーのビタミンEは、血行促進、豆乳のイソフラボンは、女性ホルモンへの働きを促します。

これらが合わさることで、肌の調子を整え、美肌効果が期待できます。

キアヌは鉄、食物繊維が豊富で貧血予防、便秘改善に役立つ

キアヌは、洗ったら浸水させ消化吸収率がアップ。製造年月日の新しいもの、なるべく粒の大きさが揃っているもの、農薬不使用に物をエ選びましょう。

貧血予防に働く鉄、腸内環境を改善する食物繊維が豊富なキヌア。消化吸収を高めるために、洗ったらしばらく浸水させることです。

ビタミンB2は熱に強いので、炊いても栄養をキープできます。

キヌアの注目成分

ビタミンB2、鉄、食物繊維、ビタミンB1、カルシウム

キヌアとの効果2倍アップの食べ合わせ

キヌア+パプリカ キヌアとパプリカのサラダ
キヌアの鉄と、パプリカのビタミンEによって、髪の毛のパサつきを解消するなど、美髪効果が期待でき、アンチエイジング効果も同時に期待できます。

旬のものは味がよく安全、栄養価もたっぷり

旬の野菜は味が良いといわれ、栄養価も高いことをご存知でしょうか。

冬の旬のほうれん草は、冬の寒い環境下で、ゆっくりと時間をかけて育つことで良質な栄養分を蓄えます。

一方、夏の暑い環境下では、ほうれん草を育てると、暑さに耐えるために水分をたくさん吸収するため、成長スピードが速くなります。

これらのほうれん草の栄養価を比較すると、何と2倍以上もの栄養価が違っていました。

おすすめは冬の寒い環境で育てたほうれん草のほうが栄養価が高いからです。

野菜にはそれぞれ旬があります。旬の異なる環境下で育てようとすると、本来の成長スピードとは異なる速さで成長しようとします。

これによって、栄養分をしっかりと蓄えられないといった、事態を招き、栄養価が低下してしまうことが考えられます。

このことから、旬の時期に育てたものを食べることは、栄養素を効率よく摂るうえで、重要なことだと思いませんか。

また、旬ではない時期に野菜を育てるのは、農薬や化学肥料などを必要とすることがあります。

そうしたことからも旬の次期の野菜のほうが安心であるともいえます。

それと、旬の野菜は美味しくて栄養価が高いだけでなありません。季節の変化を感じさせてくれるということ、日本人が大切にしている旬の物を見直してはいかがでしょう。

体の悩み体調不良を美味しく改善

豚ヒレ肉で疲労回復に効く食べ合わせには、にんにくがおすすめです。

豚ヒレ肉に含まれるビタミンB1は、筋肉内に溜まった疲労物質の乳酸を分解して、疲労回復の働きが期待でき、にんにくと一緒に食べると、にんにくに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収を助けてくれる強い味方に。

豚ヒレ肉のビタミンB1は、水に溶け出る性質があるので、茹でずに蒸して料理しましょう。

にんにくのアリシンは、熱に弱いのでにんにくソースにしましょう。

それと、アスパラガスは油で炒めれば、アスパラギン酸の損出が少なくなるうえ、抗酸化作用があり、βカロテンの吸収率がアップが期待できるので、にんじんと一緒に炒めて食べるのがおすすめです。

疲労回復メニューは、豚ヒレ肉のにんにくソース、アスパラガスとにんじんの炒め物。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。