牛ヒレ肉の良質なたんぱく質が体力を増強します – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

牛ヒレ肉の良質なたんぱく質が体力を増強します

牛ヒレ肉の選び方

鮮紅色でツヤがあり、キメ細かく締まっていて、褐色になったものは古くなっているから避けましょう。

牛ヒレ肉は、表面をしっかり焼いて余熱で火を通し、ビタミンの損出を防いで、肌と髪をツヤツヤに。

牛ヒレ肉は、必須アミノ酸をバランスよく含んだたんぱく質が特徴です。

その中でも牛ヒレ肉は低カロリーです。栄養素たんぱく質や鉄の含有量が目立ちます。

ビタミンB1、ビタミンB2も含み、加熱すると損出してしまうので、これを防ぐには、まず表面をしっかり焼いて、アルミホイールで包んで、余熱で火を通し程度にしましょう。

また、ビタミンB2は日光に当たると効能が弱まります。

牛ヒレ肉には美肌・美髪を作り免疫力を高めるアミノ酸を含む

牛1頭分の重量の約3%程度しか取れない、希少なヒレ肉は低カロリーのため、体脂肪が気になる人に人気の部位です。

必須アミノ酸をバランスよく含んだたんぱく質が魅力で、美肌や美髪のほか、免疫力を高めることにも貢献します。

また、鉄も含み、これは貧血予防にも役立ちます。さらにナイアシンは脂質、たんぱく質やアルコールの代謝にも必要なので、お酒を飲む人には摂取したい栄養素です。

また、脂肪燃焼に欠かせない栄養素である、ビタミンB群を含んでいることも魅力です。

レアに近い状態で焼いて食べれば、栄養を無駄なく摂取出来ます。

牛ヒレ肉の注目成分

たんぱく質、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン

牛ヒレ肉との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]牛ヒレ肉+にんにく ガーリック牛ステーキ丼
にんにくに含まれるアリシンは、牛ヒレ肉のビタミンB1の吸収率を高める作用があります。
これにより、疲労回復や神経機能を保つ働きが期待できます。

[check]牛ヒレ肉+トマト 牛ステーキのトマトソースがけ
トマトのビタミンCが牛ヒレ肉の鉄の吸収率を高めます。
これにより、肌色を明るくする美肌効果と、美しい髪を維持する働きが期待できます。

牛モモ肉(和牛)の良質な鉄やたんぱく質で血の巡りも良好に

牛モモ肉の表面をこんがり焼いてから蒸し焼き、仕上げには酢やレモンをプラス。

牛モモ肉の選び方は、鮮紅色でツヤがあり、キメ細かく締まっていて、褐色のものは古くなっているので避けましょう。

たんぱく質、鉄を含有する牛肉の中で、牛モモ肉は料理に活用しやすい部位です。

脂質が少なく、やわらかいのも特徴で、料理法は、表面をこんがり焼いた後、アルミホイールで包み、余熱で火を通す程度にすれば、ビタミンB群の損失を最低限に抑えられます。

牛モモ肉に含まれる亜鉛や鉄は、クエン酸やビタミンCを合わせると吸収率が高まるので、酢やレモン汁をプラスすることをおすすめします。

牛モモ肉のたんぱく質、鉄と亜鉛で免疫力を高めて疲労回復を

カレー、シチュー、ローストビーフなど、食卓で親しまれる肉料理に活用される牛モモ肉は、免疫力や体力増強などスタミナ源として重宝されますが、さまざまな細胞やホルモンの働きに寄与する亜鉛も含まれています。

亜鉛や鉄は、クエン酸やビタミンCと組み合わせることで吸収率が高まる性質があります。

また、牛肉のたんぱく質は人体では作り出せないアミノ酸を含んでいます。ビタミンB2も含むので、体の抵抗力が付き、疲労回復に効果が期待でき、牛モモ肉はヒレ肉に比べて脂身が少なくかたい肉質のため、やわらかくして料理してください。

牛モモ肉の注目成分

亜鉛、鉄、ビタミンB2、たんぱく質、ナイアシン

牛モモ肉との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]牛モモ肉+しそ 牛たたきのしそソース
しそのビタミンCは、牛モモ肉に含まれる亜鉛の吸収を助ける作用があります。これにより正常な味覚の維持に貢献します。
また、免疫力の維持や向上も期待できます。

[check]牛モモ肉+クレソン 牛モモ肉とクレソンのカルパッチョ
クレソンのビタミンCは、牛モモ肉に含まれる鉄の吸収率を高める作用があります。これにより貧血予防の働きや、冷え症の改善が期待できます。

馬肉のビタミンB群が肌の健康を維持し、鉄が貧血も防止に貢献

馬肉が新鮮なものなら刺身が定番。加熱するなら、蒸すのがおすすめ。

馬肉の選び方は、身は赤色でキメ細かくツヤ、弾力があり、脂身は淡い桜色で黄色みがかっていないものを選びましょう。

赤身が褐色のものは古くなっているため避けることをおすすめします。

鶏肉同様、低脂質、高たんぱくでヘルシー食材として知られている馬肉。料理では馬刺しが有名ですが、これは新鮮であることが絶対条件。

ビタミンB群は水溶性なので、蒸し料理にするのがおすすめで、野菜を組み合わせてください。

馬肉は薬味と組み合わせて、血行促進&貧血予防にする

馬肉は、貧血予防に働く鉄が多く、肉の色が桜色であることから、「さくら肉」とも呼ばれています。

豚肉や牛肉と比べても低脂肪、低カロリーですので、ダイエット中にも適した肉と言えます。

薬味として添えられるにんにくや生姜は馬肉の臭みを消すだけではなく、血行促進を助けるため合わせて食べるとダイエット効果がより期待できます。

馬肉の注目成分

ビタミンB12、ビタミンB1、鉄、たんぱく質、ナイアシン

馬肉との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]馬肉+キャベツ 馬肉とキャベツのせいろ蒸し
キャベツのビタミンCは、馬肉の鉄や亜鉛の吸収率を高める作用があります。貧血予防が期待でき、皮膚の形成にも役立ちます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。