豚ヒレ肉のビタミンB1により体内に疲労物質を蓄積させない – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

豚ヒレ肉のビタミンB1により体内に疲労物質を蓄積させない

豚ヒレ肉のビタミンB1は水に溶け出るので蒸してうま味と栄養をキープしましょう

豚ヒレ肉の選び方は、淡いピンク色でツヤ、弾力があるもの。豚ヒレ肉は脂肪分が少なく、やわらかいのが特徴です。

脂質が少ないヘルシーな部位であるヒレ肉は、ほかの部位よりビタミンB1が多く含まれています。

このビタミンB1は水溶性なので、茹でるのは避けてください。栄養の損出を防ぐためにも、蒸すことをオススメします。

料理によっては炒めてもよいでしょう。また、ビタミンB2は光に弱いので、料理中は日光に当てないように注意しましょう。

煮込みたい場合は、煮汁も一緒に食べれば栄養素を摂取できるのでお得です。

豚ヒレ肉のビタミンB1で貧血予防、滋養強壮や疲労回復にも

豚肉は全体的に良質なたんぱく質を含む食材です。その中でも豚ヒレ肉は脂質が少なく、きめが細かい肉質で人気です。

栄養面では豚肉の中でビタミンB1がもっとも多く、ほかの食材と比較してもトップクラスに入ります。

ビタミンB1は、糖質の代謝を促して疲労物質が体内に溜まることを防ぐ作用があり、また精神安定のも貢献するといわれています。

つまり、疲れやストレス緩和にピッタリな食材と言えます。

ただし、ビタミンB1は水に溶け出る性質があるため、茹でるのはNG。蒸す料理なら、野菜とも組み合わせやすいので、栄養の相乗効果も期待できます。

豚ヒレ肉の注目成分

ビタミンB1、亜鉛、ビタミンB2、たんぱく質、鉄

豚ヒレ肉

との効果2倍アップの食べ合わせ
[check]豚ヒレ肉+ニラ 蒸し豚のニラだれがけ
ニラのアリシンは、豚ヒレ肉のビタミンB1の吸収率を高める作用があります。これにより糖質の代謝を助け、疲労回復や集中力の維持に役立ちます。

[check]豚ヒレ肉+モロヘイヤ 蒸し豚とモロヘイヤのぶっかけそば
モロヘイヤのビタミンCは、豚ヒレ肉の亜鉛の吸収率を高める作用があります。これにより正常な味覚の維持に貢献し、また風邪予防も期待できます。

豚ロース肉のビオチンの働きで筋肉痛や疲労蓄積を避ける

豚ロース肉の蒸し料理なら、余分な脂を落としてヘルシーに。

豚ロース肉の選び方は、淡いピンク色でツヤがあり、キメ細かくなめらかで締まっているもので、脂身が白くてツヤと粘りのあるものを選びましょう。

やわらかい肉質で、うま味である脂肪も適度にあります。

牛肉に比べると脂肪分が少ない豚肉ですが、ロースはヒレに比べると脂質の含有量が多いです。

そこで有効なのが蒸し料理。脂が適度に落ちるため、脂質の取り過ぎを回避でき、さらに水溶性であるビタミンB1の損出も防ぐことができます。

このビタミンB1はアリシンを含むニラ、にんにくと組み合わせれば吸収率が高まります。

しょうが焼きなどの焼きは、加熱しすぎで栄養素が失われないように注意しましょう。

豚ロース肉でブドウ糖の再合成を補助するビオチンで疲労しない体に

うま味が多いことから豚ロース肉は、さまざまな料理で使用されますが、ヒレ肉に比べると少し脂肪が多い部位ですが、たんぱく質や鉄は豊富で、さらにビオチンというブドウ糖の再合成サイクルを補助する成分が含まれているのが魅力です。

ブドウ糖の再合成が正常に行われないと、疲労物質が蓄積してしまうため、ビオチンの役割りは見逃せません。

料理法は蒸すことが最適です。適度に脂肪を落とすことで、よりヘルシーな状態にして食べることができる利点もあります。

なお、ヒレ肉よりは少ないのですが、水溶性のビタミンB1も含んでいます。

豚ロース肉の注目成分

ビタミンB1、たんぱく質、ビオチン、脂質、ビタミンB2

豚ロース肉との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]豚ロース肉+トマト 蒸し豚のサルサソース
豚肉に含まれるビオチンやしっかり貢献します。これらが合わさることで、より美しい髪や肌の維持が期待できます。

[check]豚ロース肉+長ネギ 長ネギの豚肉巻き蒸し
長ネギのアリシンは、豚ロース肉のビタミンB1の吸収率を高めます。これにより糖質代謝を助け、疲労回復に貢献し、ストレス緩和にも役立ちます。

豚レバーの豊富な鉄とビタミンB群で貧血と疲労を回避する

豚レバーは血抜きして臭みを取り炒めて鉄の損出を防ぎましょう。

豚レバーの選び方は、赤みが強く、ツヤや弾力があり、全体の色が白濁していないものを選びましょう。

肝臓の部分。スライスしたものより、かたまりのほうが、鮮度がよいでしょう。

鉄やビタミンが豊富な豚レバー。鉄は水溶性なので、茹でたり、煮たりするより、炒める料理のほうが有効です。

ポイントは新鮮なものを選ぶことです。鮮度が良ければ水にさらさないで、そのまま料理して問題ありません。

下処理したレバーは鉄などの栄養素が低くなりますが、臭みが気になる場合は、血抜きすれば解消されます。

人気のレバニラ炒めは、味だけではなく、栄養面でもオススメの料理です。

豚レバーは性少量でたっぷり鉄を摂取できる、ビタミンAで免疫力もアップ

肉の部位でなじみが薄いレバーですが、鉄の含有量は食材の中でもトップクラスです。

鉄は貧血予防に働くだけでなく、不足すると疲労が溜まるため、貴重な栄養素です。

また、含有量が多い分、食べる量も抑えることが出来、摂取カロリーのコントロールにも役立ちます。

また、ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保ち、免疫力の強化にも働くといわれています。

レバーと言えば、レバニラ炒めが有名ですが、これは水溶性である鉄の損出を防ぐためにも有効です。

さらにニラのビタミンCは、鉄の吸収率を高める作用があるので、理に適った料理です。

豚レバーの注目成分

ビタミンA、ビタミンB2、たんぱく質、ビタミンB12

豚レバーとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]豚レバー+ニラ レバニラ炒め
ニラのビタミンCは、豚レバーの鉄の吸収率を高める作用があります。これにより鉄欠乏性貧血の予防、また肌のくすみを予防する働きが期待できます。

[check]豚レバー+ひじき レバーとひじきの炒め物
豚レバーのビタミンB2と、ひじきのカルシウムの働きにより、丈夫な骨の維持が期待できます。またストレス緩和にも役立つとされます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。