手羽先のパワフルなたんぱく質が艶やかな肌と髪を作る – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

手羽先のパワフルなたんぱく質が艶やかな肌と髪を作る

手羽先の選び方は、身が締まっていて厚みがあり毛穴の周囲が盛り上がっているもの

手羽先の皮がクリーム色のものを選びましょう。

煮込むとコクのあるダシが出る、ビタミンB2も煮汁に溶け出します。たんぱく質の一種であるコラーゲンを豊富に含む手羽先ですが、単独では効果が出来ないので、じゃがいもやにんじんなど、ビタミンCを含む食材を合わせて食べましょう。

また、ビタミンB2は水溶性なので、煮物にして煮汁も一緒に食べてください。

手羽先からダシが出て、うま味も強くなっています。また、カルシウムの吸収を高めるためには、酢をプラスすると効果的です。

手羽先のコラーゲン&ビタミンB2が肌にハリを与えます

たんぱく質の一種であるコラーゲンが豊富な手羽先は、低カロリーなエネルギー源として人気の食材です。

ただ、手羽先を食べるだけではコラーゲンの効果は発揮されません。コラーゲンの吸収を助けるビタミンCを含む、野菜などと組み合わせましょう。

コラーゲンは艶やかな肌や髪の生成に働きますが、ビタミンB2も肌の健康に寄与するため、手羽先は美肌にうってつけの食材と言えます。

免疫力を高めるビタミンA、骨の生成に役立つカルシウムも見逃せない栄養素です。

また料理では煮物にして、手羽先から出るダシも一緒に頂きましょう。

手羽先の注目成分

たんぱく質、ビタミンB2、カルシウム、ビタミンB6、ビタミンK

手羽先との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]手羽先+じゃがいも 手羽先とじゃがいものお酢煮
じゃがいものビタミンCは、手羽先のカルシウムの吸収を助けます。これにより骨粗鬆症の予防や丈夫な歯を維持する働きが期待できます。

[check]手羽先&にんじん 手羽先入り筑前煮
手羽先のたんぱく質、にんじんに含まれるβカロテンやビタミンCの相乗効果により、動脈硬化予防が期待できます。美肌効果にも役立つとされています。

ささ身のビタミンB群がエネルギーを作り、肌の健康を維持

ささ身の選び方は、ツヤがあり、弾力があって締まっているもの。淡いピンク色で透明感のあるものを選びましょう。

低脂質、高たんぱくで知られるささ身は、身がやわらかく淡白な味わいが特徴です。

ビタミンB1、B2、ナイアシンは水溶性のビタミンなので、茹でるより蒸すほうが栄養の損出を避けられます。

また、蒸し料理であればパサつきを抑えることが出来、事前に酒をもみ込んでおくとさらにジューシーな仕上がりになります。

淡白な味わいなので、ほかの食材や調味料と組み合わせやすいでしょう。

ささ身で肌の健康と血流を促すのはビタミンB群の恩恵

エネルギー源であるたんぱく質が豊富で低脂肪なので、ダイエット中や筋肉を付けたい時に重宝されるささ身。

さらにビタミンB1、B2、ナイアシンというビタミンB群が揃い、肌や髪の健康維持や血流を促す働きも期待できます。

さらに鶏肉に含まれるトリプトファンは、安心感や幸福感をもたらし、睡眠の質を高めるサポート力があるともいわれています。

ささ身は加熱するとパサつきやすいですが、酒をもみ込んでから蒸すと抑えられ、蒸し料理ならビタミンB群が溶け出すことも防ぐことができます。

消化がよく、胃腸にもやさしいのもささ身の魅力です。

ささ身の注目成分

ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB2、たんぱく質、ビタミンB6

ささ身との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ささ身+カレー粉 ささ身のカレークリームソース
ささ身に含まれるナイアシンやカレー粉に含まれるクルクミンは、二日酔いの解消に効果があると言われています。
また、冷え性の改善にも期待できます。

[check]ささ身+玉ねぎ ささ身のオニオンマリネ
玉ねぎのアリシンは、ささ身のビタミンB1の吸収率を高める作用が期待できます。これにより集中力の維持、また疲労回復を助ける働きが期待できます。

ラム肉 豊富に含まれる亜鉛や鉄で貧血改善や疲労回復に

ラム肉の選び方は、淡いピンク色でツヤがあり、身が締まっていてキメ細かいものを選びましょう。

ラム肉は、加熱は問題ないのですが、茹でるのはもったいない、焼くことで栄養の損出を防ぐことができます。

鉄や亜鉛が豊富で、貧血予防や肌の生成、免疫力を維持することに貢献するラム肉。

この鉄や亜鉛は水に溶け出す性質があるので、茹でる料理は避けましょう。熱に強いので焼く料理にすると、栄養の損出を防げます。

ラム肉の豊富なL-カルニチンが脂肪を燃焼

子羊の肉であるラム肉は、高たんぱく、低カロリー。脂肪燃焼効果が期待できるし、L-カルニチンを肉類の中でも特に多く含んでいます。

ダイエット中でもお肉が食べたいという方にもおすすめです。

ラム肉は臭みはあまり強くありませんが、もし気になる場合はハーブやスパイスと組み合わせると良いでしょう。

ラム肉の注目成分

鉄、亜鉛、たんぱく質、ビタミンB6、ナイアシン

ラム肉との効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ラム肉+パセリ ラム肉のパセリパン粉焼き
パセリのビタミンCは、ラム肉の鉄や亜鉛の吸収率を高める作用があります。これにより肌のくすみやシミ予防など、美容面での効果に期待できます。貧血改善にも有効です。

美肌作用を働かせるにはビタミンCが必要です

美肌に効果があると注目されるコラーゲンですが、このコラーゲンを含む代表食材がフカヒレです。

コラーゲンのフカヒレを単独で食べるだけでなく、美肌効果を作ることを期待するには、ビタミンCが絶対に必要なんです。

中華料理店でフカヒレを食べるときには、野菜炒めや野菜サラダを一緒に注文することをおすすめします。

サラダは、トマトやレタスなどの生野菜がたくさん入っているメニューを選びましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。