あじのDHA不飽和脂肪酸が脳細胞を活性化に貢献する – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

あじのDHA不飽和脂肪酸が脳細胞を活性化に貢献する

あじの刺身やフライで栄養素丸ごと吸収、残った骨の油揚げでカルシウム摂取

あじの選び方は、ヒレや身がピンと張っていて、目が澄んでいて、エラは鮮紅色。背は青光りし、腹は黄金色のものを選びましょう。

ぜいご(尾の両側にあるトゲ状のうろこ)が身のつけ根までくっきり見える。あじの旬は5~7月。

日本の大衆魚であるあじは、たんぱく質やビタミンB群に恵まれていますが、カルシウムも摂取しやすい食材です。

あじフライにするなら、3枚におろし、出た骨も揚げて骨せんべいに、魚を丸ごと食べられて味、栄養とも理に適った食べ方です。

水溶性のビタミンB群も揚げ物なら溶け出すことがおすすめです。また、刺身にすればカルシウムの摂取量も増え、食材の無駄も出ません。

あじのEPAで血液サラサラに生活習慣病の予防にも期待できます

日本の食卓に馴染みの深いあじ。アミノ酸が豊富でうま味が多い魚です。

栄養面でもビタミンB1、B2、カルシウムが豊富で、肌や骨の生成に役立ちます。

また、あじの特徴はDHAやEPAといった不飽和脂肪酸を含んでいることです。特にDHAが豊富で、血液サラサラにするサポートをして、生活習慣病の予防や疲労回復に効果があるとされています。

これらはビタミンA、C、Eと一緒に摂ると機能向上が期待できるといわれるので、料理法はカルシウム重視ならフライなどの揚げ物が最適です。

あじの注目成分

ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、たんぱく質、ビタミンB6

あじとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]あじ+干ししいたけ アジフライのしいたけ入りタルタルソース
干ししいたけのビタミンDは、あじのカルシウムの吸収率を高める作用があります。これにより骨の成長に貢献し、丈夫な歯を維持する働きも期待できます。

[check]あじ+ピーマン あじの南蛮漬け
あじのカルシウムに、ピーマンのβカロテン、ビタミンC、Eが組み合わさることで、動脈硬化、更年期障害の予防が期待できます。
アンチエイジングにも役立ちます。

いわしのイワシペプチドが高血圧をしっかり予防

いわしの骨がやわらかくなるまでじっくり煮炊きする。

いわしの選び方は、目が澄んでいて、ウロコがきれいに残っている。側面の斑点がはっきりしている。体が銀色に光っていてピンと張っているものを選びましょう。いわしの旬は8~10月。

青魚の代表格いわし。たんぱく質やカルシウムが豊富で、ビタミンDがこれらの吸収率を高める働きをします。

カルシウムを無駄なく摂取するには、骨まで食べられるような料理をすることです。

じっくり煮炊きすれば、溶け出たビタミンB6も摂取できます。なお、水洗いする時はビタミン類が流れ出さないように、手早く洗うようにしましょう。

いわしのカルシウムや多数の健康成分で骨と血液を健全にする

さまざまな和食で人気のいわしは、栄養面でも高パワー発揮。

たんぱく質をはじめ、カルシウムなどのミネラル、ビタミンA、ビタミンB群、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸などをバランスよく含んでいます。

まさにいわし一尾で栄養の宝庫と言えるでしょう。中でもカルシウムはビタミンDによって吸収率が高まります。

また、注目されるイワシペプチドは、血圧の上昇を抑制する働きが期待できます。料理方法は、栄養すべてを摂取するには、煮物にするのが最適です。

骨はもちろん、煮汁と溶け出た栄養まで食べきりましょう。

いわしの注目成分

カルシウム、ビタミンB6、ビタミンD、たんぱく質、ビタミンA

いわしとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]いわし+梅干し いわしの梅にんにく煮
いわしのたんぱく質、カルシウムと、梅干しのクエン酸が合わさることで、疲労回復の効果があると言われています。
また、骨粗鬆症予防も期待できます。

[check]いわし+れんこん いわしとれんこんの煮物
いわしのカルシウムとれんこんのビタミンCを合わせることで、歯を丈夫にするなど、健康な歯の維持に貢献。
更年期障害の予防も期待できます。

かつおの鉄などのミネラルで貧血予防、血液もサラサラにします

かつおの鉄やビタミンB12は焼くまたは蒸すでしっかり栄養をキープする。

かつおの正しい選び方は、全体が青く光っていて、縞模様がはっきり、また全体的に丸丸としている。エラぶたを開いたときにエラが真っ赤なもの。尾の付近がザラザラとしたものを選びましょう。

古くから滋養強壮があると重宝されているかつお。その中でも鉄が豊富で、血合いの部分に多く含まれています。

この鉄やビタミンB12、ナイアシンは水に溶ける性質があるため、茹でるのは止めましょう。

馴染みが薄いかもしれませんが、蒸し料理にすれば栄養素の損出は最小限に防ぐことができます。

また、焼くこともひとつの手段で、表面を炙り焼きした「かつおのたたき」は味、栄養面の両方でおすすめの料理法です。

かつおの不飽和脂肪酸が脳の機能を高め動脈硬化を予防します

かつおは二度の旬があり、夏にエサを求めて北上する「上がりがつお」(旬は5、6月)と秋に脂肪を蓄えて南下する「戻りがつお」(旬は9~11月)があります。

戻りがつおのほうが、脂質を多く含み、DHAやEPAも豊富で脳の機能を高め、動脈硬化の予防に役立つと言われています。

このDHAやEPAは、抗酸化作用があるビタミンA、C、Eを含むピーマンやかぼちゃなどと一緒に食べると、体内での酸化防止に役立つと言われます。

また血合いの部分に貧血予防効果のある鉄を多く含むため、取り除かないで一緒に食べるようにしましょう。ほかの食材と合わせた蒸し料理がおすすめです。

かつおの注目成分

たんぱく質、カルシウム、ビタミンB12、鉄、ビタミンB6

かつおとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]かつお+カレー粉 かつおのホイル蒸しとレモンカレーソース
カツオに含まれるナイアシンやカレー粉に含まれるクルクミンは、二日酔いの解消に効果があると言われ、冷え性の改善にも期待できます。

[check]かつお+レタス かつおとレタスのレンジ蒸し
レタスのビタミンCは、かつおの鉄の吸収率を高めます。これにより貧血予防に期待できます。
また、美しい髪を維持する働きもあるとされています。

じゃがいもはビタミンCの流出を防ぐために皮付きで茹でる

ビタミンCは加熱によって壊れやすい栄養素ですが、じゃがいもに含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいという特徴があり、加熱料理に向いています。

しかし、じゃがいもは皮を剥いてから茹でると、ビタミンCが茹で汁に流れ出れしまいます。

ポテトサラダを作るなら、皮は剥かないで丸ごと茹でるようにすると、ビタミンCの流出を防ぐことができます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。