いかのタウリンが肝機能や疲労回復の効果を高めます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: からだがよろこぶ食べ合わせ

いかのタウリンが肝機能や疲労回復の効果を高めます

いかは焼いて栄養素の損出を防ぐ、新鮮なら塩辛で内臓も一緒に摂取

今の旬は、7~10月。種類豊富で日本人が大好きな魚介類・いか。

いかの賢い選び方は、目は黒々としていて少し飛び出ている。身は透明感とハリがあり、胴体は茶褐色で固いものを選びましょう。

ナイアシンやビタミンB12などのビタミン類も含まれており、これらは水溶性のため、茹でる料理はNG。

栄養の損出を防ぐためには、焼くことが一番。ほかの食材とも組み合わせやすく、栄養の相乗効果が期待できます。

まt、新鮮なものなら塩辛にするのがおすすめです。内臓の栄養素まで摂取できるのがメリットで、食卓がさみしい時に一品足すとよいでしょう。

いかのタウリンとビタミンEで動脈硬化予防の相乗効果も

世界でもっともいかを消費している日本。味のよさはもちろん、栄養面でも優秀です。

いかに豊富に含まれるアミノ酸の一種・タウリンは、血中コレステロールを下げて動脈硬化を予防する働きが期待されます。

抗酸化作用があるビタミンEも含むため、野菜のβカロテンやビタミンCを合わせて摂ると抗酸化作用が高まり、動脈硬化の予防をサポートします。

いか焼きのモロヘイヤだれ添えは、モロヘイヤにβカロテンやビタミンCが含まれているため、相乗効果で動脈硬化予防が期待できるといいます。

いかの注目成分

ナイアシン、ビタミンB12、セレン、たんぱく質、ビタミンB1

いかとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]いか+明太子 焼きいかのめんたいこ和え
いかのナイアシンと明太子のビタミンEが合わさることで、血流がより促進されます。これにより美しい肌の維持や冷え性の改善が期待できます。

[check]いか+モロヘイヤ いか焼きのモロヘイヤだれ添え
いかのビタミンB12とモロヘイヤの葉酸には、それぞれ造血作用があります。これらが合わさることで、貧血予防や肌のくすみ予防に期待できます。

えびの豊富なカルシウムで骨を生成、動脈硬化予防の効果も

えびのカルシウム摂取には、殻ごと揚げるのが一番。レモン汁を絞れば吸収率もアップします。

えびの正しい選び方は、頭の殻に触ったときに固さがあるもの。模様が鮮やかで、頭、尾、足のふちが黒ずんでいないものを選びましょう。旬は5~11月。

高たんぱく、低カロリーで人気のえび。殻にはカルシウムが豊富で、丈夫な骨を作りに貢献します。

この殻を食べるには、揚げ物が一番です。カルシウムは、ビタミンCと合わさることで吸収率が高まるので、えびの唐揚げにレモン汁を絞って食べる方法は理に適っており、えびに含まれるビタミンEは油を合わせると吸収率が高まりますので、揚げ物は有効な料理法です。

えびのカルシウムとタウリンで動脈硬化の予防に期待できます

えびの種類は豊富で約3000種あるといわれています。日本はえびの消費大国で、和洋中どんな料理とも相性が良いこともその要因でしょう。

えびはカルシウムが豊富で、殻に多く含まれています。

小さなえびならそのまま揚げて食べると良いでしょう。カルシウムは骨の形成だけではなく、動脈硬化予防に効果的です。

タウリンは熱にも強く、水に溶け出る性質があるので、小麦粉をまぶしてから揚げるのがポイント。

殻は、フードプロセッサーでふりかけとしてもおすすめ。

えびの注目成分

カルシウム、ビタミンE、たんぱく質、ビタミンB12、銅

えびとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]えび+トマト えびの唐揚げのチリトマトソース
トマトのビタミンCは、えびのカルシウムの吸収を助ける作用があります。これによりストレス緩和の効果、丈夫な歯の維持が期待できます。

[check]えび+しそ えびの唐揚げの香味しそソース
しそのβカロテンやビタミンCが、えびのたんぱく質と合わさることで、免疫力強化をはかれます。
また、動脈硬化予防においても期待できます。

ほたてがいの亜鉛やタウリンのパワーが疲れを癒す

ほたてがいは鮮度がいいものは刺身に、加熱の場合は煮る。

ほたてがいの正しい選び方は、身は透明感と弾力があるもの。貝が少し開いていて、触ると閉じるものを選びましょう。旬は11~2月。

甘みのある味で人気のほたてがい。うま味成分のアミノ酸の合成をサポートするビタミンB12は、水溶性なので煮て、煮汁ごと食べるようにしましょう。

新鮮なものなら刺身にして食べてください。

ほたてがいはダイエットにも貢献するタウリンパワー

低カロリーで、健康な体を作るのに必要なたんぱく質を含むほたてがい。

このたんぱく質の合成をサポートするビタミンB12も含まれています。

タウリンには血中コレステロールを低下させる作用があるので、ダイエット中にもうれしい食品です。

ビタミンを含む野菜と一緒に食べると動脈硬化予防が期待できます。

ほたてがいの注目成分

ビタミンB12、葉酸、亜鉛、たんぱく質、ビタミンB2

ほたてがいとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]ほたてがい+レモン ほたてがいのレモン蒸し
レモンのビタミンCは、ほたてがいの亜鉛の吸収率を高める作用があります。これにより正常な味覚を維持する働きをするほかに、疲労回復効果も期待できます。

かきの豊富なミネラルは精神安定剤、貧血予防にも

かき生食用ならそのまま食す、加熱用なら蒸し料理にして食べてください。旬は10~3月。

かきの賢い選び方は、殻がしっかり閉じていて身はふっくらしている。身の周囲のひだが黒く鮮やか。身が褐色のものは古くなっているため避けるように、注意をして選びましょう。

ミネラル豊富なかきですが、たんぱく質の合成をサポートするビタミンB12も含んでいます。

これは水溶性なので、加熱する場合には、蒸すようするのがおすすめです。もちろん生食用の新鮮なものは生食で食べましょう。

かきには多種のミネラルが心の健康をサポート

海のミルクと呼ばれているかきは、ミネラルやタウリンが豊富です。

タウリンは、血中コレステロールを低下させて、動脈硬化の予防に役立ちます。タウリンと一緒にビタミンA、C、Eを摂るとさらに動脈硬化予防を助けてくれます。

鉄や亜鉛、カルシウムなどミネラルは貧血予防、精神安定、味覚機能の正常化の作用があります。

かきの注目成分

ビタミンB12、亜鉛、銅、ビタミンB2、セレン

かきとの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]かき+大根 蒸しかきのおろしポン酢がけ
大根のビタミンCは、かきの亜鉛の吸収率を高める作用があります。これにより肌のくすみ予防する効果や味覚障害の予防が期待できます。

たこのタウリンは肝機能を向上させ、油を合わせるともよいです

たこは蒸し料理で栄養の流出を防いで油を合わせるにもよいでしょう。

たこの正しい選び方は、吸盤の吸い付きが強いもの。表面にぬめりがない。足が太いものを選びましょう。

茹でたたこは、ツヤ・弾力があり、皮が破かれていないものを選びましょう。旬は11~1月。

メジャーな料理に茹でだこがありますが、水溶性のナイアシンや亜鉛が流出してしまいます。これを防ぐには蒸すことをおすすめします。

また、ビタミンEは、油と合わせると吸収率が高まるので、油を使った料理をおすすめします。

たこのタウリンとナイアシンで二日酔い予防&解消

世界で消費されるたこの半分以上が日本というほど人気のある食材です。

たこには、タウリンが含まれていますが、これは動脈硬化の予防だけでなく、肝機能を向上させ、二日酔いを予防するともいわれています。

また、ビタミン類のナイアシンも二日酔い解消に良いとされているので、お酒のおつまみに最適です。

たこの注目成分

ナイアシン、亜鉛、ビタミンE、たんぱく質、ビタミンB12

たことの効果2倍アップの食べ合わせ

[check]たこ+長ねぎ たこと長ねぎのアヒージョ
たこのビタミンC、E、長ねぎのβカロテンには、肌の生成に働く作用があり、これらが合わさることで美肌効果がより期待され、髪や爪の形成にも役立つとされています。

たらはビタミン豊富で粘膜を保護して風邪予防

たらは表面を焼いて煮る、煮汁までしっかり食べましょう。

たらの正しい選び方は、身がふっくらとしていて、お腹がふくれすぎていないものを選びましょう。

切り身は、身に透明感があり、淡いピンク色で弾力があるものを選びましょう。旬は12~2月。

クセのない味のたらは、ビタミン類が豊富です。

ビタミンDは、油と一緒に摂ると吸収率が高くなるので、表面を焼いてから煮て食べましょう。

煮汁も一緒に食べれば溶け出た栄養素も摂取できます。塩分控えめがポイントです。

たらのビタミンB12の働きで風邪予防する

淡白な味わいで多様な味付けが可能なたらです。

低カロリーでダイエット中の食品としても人気があります。たらにはビタミンDやビタミンB12が含まれていて、筋力維持、造血や代謝の促進が期待できます。

また、含有量は多くはありませんが、ミネラルを含みセレンは老化防止の作用があるといわれています。

たらの注目成分

ビタミンD、ビタミンB12、セレン、たんぱく質、ヨウ素

たらとの効果2倍アップの食べ合わせ

たら+チーズ たらのチーズクリーム煮
たらのビタミンDとチーズのカルシウムには、骨を強くする働きがあるといわれて、これらが合わさることで、骨粗鬆症予防など骨の健康効果が期待できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。